毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2003.10.15

2003年10月上旬 だらしな脱出できるかな日記

藤田 香織

2003年10月上旬 だらしな脱出できるかな日記

■10月2日(木)

昼食:14:00 にんじんジュース大(人参中2本、オレンジ1個、りんご2個)
夕食:19:30 六本木ヒルズの土鍋中華・天一ぽうでいろいろ食べまくり
本日の運動? ゲルマニウム温浴 20分×2

 本日は、牛の町・松阪から仕事で上京してきた従姉とパパリン&ママリンと一緒に六本木ヒルズへ。27歳から30歳まで働いていた音楽制作会社&プロダクションが六本木にあったので、5年前までは毎日通っていたのだけれど、会社を辞めたらまったく縁のなくなった街・六本木。ヒキコモリで高体脂肪の35歳ライターと縁なんかあってたまるか! と街に言われている気さえする。
 入稿が1本あったので、出かける前にプールに行くほどの余裕はなく、少々早めに出て池袋でゲルマニウム温浴を20分×2セット。ここは温浴前と後に体重&体脂肪を計るシステムで、「温浴後には体脂肪3%減という効果も!」などと女性誌などで宣伝されていたが、普通の家のお風呂でも入る前と入った後では2~3%体脂肪が違うので、そういう数字には惑わされてはいけない、と自分に言い聞かせる。 
 体重測定の意味も謎。温浴前も後も着衣のまま測定するので、もの凄い汗をかくゲルマニウム温浴の場合、終るとTシャツがかなり重くなっているのだ。つまり終了後は自分の体から出た汗がしみこんで重くなったTシャツを着たまま体重測定するわけで、そんなの数字減るわけないと思うんだけど? そんな測定に何か意味があるのだろうか。
 ダイエットを意識するようになってから、こうした施設の数字マジックみたいなものも気になるようになった。「こんなに効果が!」とムリヤリにでも具体的な数字を出したくなる雑誌のライターの気持ちも解るんだけど、そういう情報を鵜呑みにしてはいかんのだ。同様に、雑誌のダイエット系広告なんかの「使用前・使用後」の写真もパッと見で判断してはいけない。靴のヒールの有無やライティング、ポージングのトリックがいっぱいだし、中にはどうみても「修正しましたね?」というモノも少なくない。コワイコワイ。
 六本木ヒルズでは1500円払って展望台に上った。東京タワーやレインボーブリッジはじめ、夜景はさすがに綺麗だったけど、そんなものはまぁ10分も眺めていれば満足なわけで、「ウチ見えるかなぁ」「どこだっけ?」「都立家政だから新宿方面?」とのどかな会話を交わしていた女子の後ろ姿に「ぜってー見えねぇよ!」と突っ込み、「あれ?また国会議事堂があるぞ!」と不思議がる父に「いやお父さん、それはさっき見た議事堂だよ。私たちが一周してきたんだよ……」と説明しつつ、見学終了。
 なんだかよくわからないが微妙に疲れた1日でございました。

本日はごくごく飲みたい気分だったので、りんごを2個にしてみました。材料費はりんご\120×2、にんじん1本\30、オレンジはもらい物なので\300。わりと高いな……。
で、ジューサーにかけるとこれぐらいの量に。ビビルほどカスが出るので、飲む量は以外と少ない。自分でも意外なほど続いてるにんじんジュース。最近では朝起きると体が飲みてー!と言ってる感じ。
昨日「ゴチになりました」麻布のTHE TOKYO RESTAURANTで食べた「カリッと揚げたソフトシェルクラブロール チリマヨネーズソース」\900と、「フォアグラのソテーマンゴーピューレとバルサミコソースで」\1100。
で、こちらが本日の土鍋料理店でのオーダーの一部。2日続けてご馳走外食はダイエットにキビシー!

本日の読書

「イリュージョン マジシャン第II幕」(松岡圭祐著 小学館\1600)……生活能力皆無で夢見がち、にもかかわらずプライドは高い父と、そんな夫に尽くし生活を支え、よき妻よき母を演じつつもストレスを溜め込んでいた母親と3人暮らしの中学生・彬。成績は悪く、友達もいない屈折した彬の心の拠り所はマジック。もうこの「趣味はマジック」ということ自体が微妙なのだが、その微妙さ加減を著者は良くわかっていて、「万引きGメン」との絡め方も巧く、普通に楽しかった。そうそう、シリーズ前作の「マジシャン」も面白かったんだよねぇ。でもどうも、松岡圭祐には未だそこはかとなく「微妙感」が漂っていて敬遠されがちな気が。ぜひお試しを。

「トカジャクソン」(戸梶圭太著 光文社\1600)……いったいぜんたい、今年は何作新刊が出るんだ? 毎月新刊レビューを書いてる気がするんだけど気のせいだろうか。とにもかくにもこれは3冊目の短編集。私は戸梶圭太の短篇集が結構好きだ。長編は正直な話、のれるときと振り落とされるときがあるのだけれど、短篇集は振り落とされても、蹴られても、挑み続けられるので嬉しい。それにしても、巻頭の「涙のベストセラー」。すんごい笑えるのだけれど、笑ってる場合なのか、笑ってていいのか、まぁいいか。合言葉は「ニャっほう!」ってことで。え?合言葉?いったい何の?

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!