毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2006.08.01

結婚して3年、主人の仕事が安定せず悩んでいます…

松村 潔

結婚して3年、主人の仕事が安定せず悩んでいます…


■占ってほしいこと
夫婦の相性の相談です。結婚して3年、主人の仕事が安定せず悩んでいます。新婚1年目は共働きしていましたが、次の年から私が専業主婦でいるようになって主人の職業運に波がでてきたような気がします。私が働いた方がいいのか、それともいわゆる下げまんというものなのか……。占星術でその夫婦の理想的なありかたなどがわかるのでしたら、それが何なのか知りたいです。どうぞ宜しくお願いします。

[主人]1973.9.3 22:15 愛媛県松山市生

--

ニックネーム:みゆき
生年月日:1975年7月14日
生まれた時間:午後12時50分
生まれた場所:沖縄県那覇市


■回答

●みゆきさんは、夫となる人を崇拝しながらその挙動を振り回し、だんなさんは趣味や道楽に興味が強くいってしまう傾向が……。

 女性のホロスコープで、夫を表すのは太陽です。みゆきさんのホロスコープでは、この太陽は天頂に近く、かに座の22度のところにあります。隣には家父長とか父をあらわす土星が23度で入っていて、つまり太陽と土星はかなり近い重なりかたをしています。しかも、上に見上げた場所にあるという意味では、厳格な父親とか男性を見上げるという意味になります。見上げるというのは、年上とか尊敬するとか、ともかく自分と同列に並べないという意味です。それに主婦としての自分自身を表す月は、隠れた第12ハウスにあるので、自分は表に出ず、男性の側つまり夫が表に立ち、支配権を握るという配置になるわけです。
 問題は、この太陽と土星が、アスペクトとして他天体との関係があまり調和的でなく、木星と90度、天王星と90度に近い配置という点です。この木星と天王星があるおひつじ座もてんびん座も、春分点とか秋分点に近いサインなので、植物の種植えと刈り取りをあらわし、陽の極にある、つまり夏至の側にあるかに座の太陽と土星を、脅かしているということです。かに座よりも、始まりと終わりをあらわすおひつじ座、てんびん座のほうが、スイッチを入れたり切ったりする力を持っているので、かに座は安穏としていられず、なんとなく不安です。つまりみゆきさん単独のホロスコープでは、夫となる人を崇拝しながら、その挙動を振り回すという図ですね。
 そして、だんなさん単独のホロスコープも見てみますが、お勤めなどをまじめに続けるというタイプとは微妙に違うかなという感じです。確かに収入の二ハウスには、定期的な土星があり、収入の安定を志向する傾向はあるのですが、それを第五ハウスという趣味性のハウスにある冥王星が90度で動揺させています。第五ハウスには天体がいくつかあり、とても強いので、つまりはまじめに収入を得る仕事を続けようとしても、趣味・道楽のほうに興味が強く行ってしまうのです。それでお金を使ったりすることになります。また勤務のハウスである第六ハウスには、自立性の天王星と、楽しみをあらわす金星が重なって孤立していて、自分流儀の働きかたをしたいし、それに天秤座の21度あたりの天体でもあることから、多くの人を扱うという面に興味が強く、また月と海王星の合からして、夢の多いキャラクターなので、勤勉さにはやや欠ける人ではないかと思うのです。女性から見ると楽しい人だとは思うのですが。楽しい部分は好きだけど、地味な作業とか苦痛な繰り返し作業は苦手な人ではないかと。

●やる気を失わせないように、彼のやり方を認めてあげて。

 みゆきさんとご主人のふたつのホロスコープを重ねてみると、みゆきさんのイメージの中に埋め込まれた太陽、土星という厳格な父イメージの男性像の部分が、相手の気ままにフリーに楽しく仕事したいという金星・天王星部分に、硬苦しい圧迫をかけていますね。てんびん座で、なおかつ社交性の高い21度あたりにある天体に対して、家族的な閉鎖性の強いかに座の固めの太陽・土星が圧力をかけると、なんとなくだんなさんの仕事のやる気というものが削がれてしまうのではないかと思うのですね。バランス的には、みゆきさんが働くよりも、まだだんなさんのほうが仕事する要素は強いです。第六ハウスにある金星・天王星は、フリーな仕事のしかたをしたいという欲求が強いのですが、みゆきさんが、それを認めないために、やる気が出ないという意味になるわけで、本当は好きなやりかたをしてもらったほうが良いのではないかと思います。比較するかぎり、みゆきさんよりも、だんなさんのほうが仕事のウエイトは強いので、交代しなくてもいいし、それよりも、相手のやる気を失わせないようにしようということですね。だんなさんは、ちょっとイージーなキャラクタですが、みゆきさんは、硬く深刻なキャラクタです。ハードアスペクトの多いかに座というのは、かなり狭いキャラクターになってしまうのです。だんなさんのイージーで、調子の良いトーンは、なんとなくいやな感じに思ってしまうこともあると思いますが、これがだんなさんの持ち味なので、強制して変えるというのは難しいです。発展の木星は、脱サラのみずがめ座3度とか4度にあるので、会社員だとすれば、お勤めは中断する傾向は強いと思います。それは収入の第二ハウスの土星に対する冥王星の圧迫もそうです。しかしそれでも仕事をしたくないという意味ではないのです。やり方の好みがあるということですね。

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
朝礼ざんまい詳細・購入ページへ(Amazon)
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!