毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2006.09.01

気づいたら30歳です…

松村 潔

気づいたら30歳です…


■占ってほしいこと
 20代前半から結婚願望が非常に強かったのですが、5年付き合った彼と別れ、その後、3年付き合った彼とも別れてしまい、気づいたら30歳です。
 お見合いをしようと思ったのですが、父親に厄年(前厄)なので今は駄目。と反対されました。
 昨年、卵巣嚢腫で手術をしたこともあり、早めに子供が欲しいとも思っています。
 運勢的には、結婚できる可能性はあるのでしょうか?

--

ニックネーム:かなぶん
生年月日:1976年1月8日
生まれた時間:午前8時59分
生まれた場所:東京都足立区


■回答

●接点はあるけれど、結婚に至る結論が出にくい。

 女性のホロスコープで、結婚を考えるときには、男性を表す太陽のコンディションを考えることになります。
 太陽はお友達を表す第11ハウスにあり、社会的な発展を示す山羊座です。これ自体は着実で良いのですが、問題は冥王星と90度になっています。また発展の木星とも90度です。最近冥王星は惑星ではなくなってしまいました。ところが占星術では、冥王星の影響はあまりにも大きいので、リストから外すことができません。冥王星は強制的な作用をもっているので、結婚を表す太陽の作用に対して、それを強制的に覆してしまうような特徴を発揮してきます。さらには発展の木星は、望んでいる方向とは違う方向に発展させてしまうという90度の作用を発揮してしまうので、なかなか思ったような結婚にたどり着かないのです。
 これは結婚できないという意味ではないのですが、しばしば妨害が起こりやすいという意味にはなるのです。
 もう一つ問題があります。女性のホロスコープで男性を表すのはもっぱら太陽と火星なのですが、火星は両親を表す太陽ハウスにあり、洗脳を表す16度にあります。すでに質問の内容の中に書いてあるように、父親が厄年なので結婚はしないようにといったそうで、これは明らかに親からの洗脳です。迷いやすくなるということでもあるのですね。
 ただし男性との接点ということで考えてみると、火星が「広がる海王星」「リラックスした木星」「再生力の冥王星」と豊かなアスペクトをもっているので、なかなか良好です。つまり接点はあるけれど、結婚に至る結論が出にくいという意味になるのです。可能性はあるが、最終決定でハジかれてしまうという傾向が出てくるわけです。
 しかしながら、こうした状況を改善する方法は沢山あるのです。まず、相手の男性が、このかなぶんさんの太陽に対して、調停的な天体配置を持っていると、かなぶんさんの太陽のふらつきを抑制する結果になります。つまりある特定の男性との関係においては、スムーズに結婚が進んでいくということになります。一番良いのは、乙女座の17度、牡牛座の17度などに太陽あるいはどんな惑星でもいいからもっていると改善効果があります。ただし、これは占星術を知らないとなかなか探り当てられないことですね。

●残されたあと2年は、勉強したりしながら過ごしましょう

 時期的なことで考えてみると、プログレスという計算法で考えたところで、月の移動は孤立感を深めてしまう第3ハウスにこれから入っていきます。かなぶんさんの第3ハウスはちょっと狭いので抜け出していくのは2年後くらいです。時期としては2008年の後半です。この時期に自分が孤立しているという実感が消えていき、家族的な共感とか、交流が活発化してきます。
 まるで占星術の教科書のような読み方でもあるのですが、発展の木星が結婚を表す太陽の上に重なるのが2008年なので、おそらく2008年は結婚に関してはかなり良好な状況です。発展する木星が太陽の上に重なったとしても、もともと太陽がもっている性質として候補の相手をはじき飛ばすという傾向があったわけですから、これを抑え込む必要は有るでしょう。2008年の場合には、都合がよいのは、関係を固定化させようとする作用をもっている土星が結婚を表す第7ハウス、さらには乙女座に入るということです。もともと太陽は山羊座だったので、土星が乙女座に入ると、ここで調停的な安定感が生まれてきます。
 結婚を表す第7ハウスに土星が入れば、関係を固定するという意味にもなるわけで、おそらくこれはなかなか良い地道な影響を与えてくるはずです。以上の3点の傾向から考えて、2008年後半がかなぶんさんの結婚に良い時期、あるいは結婚がうまく進みそうな時期だと考えます。
 しかしながら、プログレスの月はこれから寂しい第3ハウスに入るので、2008年までは自分が絶望的な気分になるかもしれません。もうずっと駄目かもしれないとか考えてしまうかもしれません。あらかじめからそう考えてしまう時期に突入するのだと記憶しておけば気分はずいぶんと改善されるはずです。ほとんどの人がこの第3ハウスに入ったときに、自分はどの環境にも受け入れられていないと感じてしまうことが多いのです。つまりはスランプの場所なのですが、それ以前にかなぶんさんは2000年の時期から、パッとしない状況です。なのでずっと凹んでいるかもしれません。こういう時には自分を否定的に見ることが多いので、考え方は偏ってきます。否定的な自分像を構築する癖があるのです。2000年から2008年までを人生の中でスランプなのだと考えて、残されたあと2年もお勉強したりしながら過ごしましょう。いきなり結婚しようと思っても、時期が来るまでは難しいかもしれませんので、焦らないように。

 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
朝礼ざんまい詳細・購入ページへ(Amazon)
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!