毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2006.10.01

旦那の個人事務所で仕事をしているのですが…

松村 潔

旦那の個人事務所で仕事をしているのですが…

■占ってほしいこと
 私は旦那の個人事務所で仕事をしているのですが、彼と仕事をすると私が情緒不安定になり少しのことでキレやすくなるので困っています。仕事以外だと仲良しなのですが……。
 私にとっても生涯やり遂げたい大事な仕事なので仕事は辞めたくないのですが、時折自分でも疲れるくらいの情緒不安定さに彼も辟易してるんではないかと……。ちなみに彼に出会う前に仕事していた時や他人さんの前では情緒不安定さは全く出ません(でした)。身内に対するただの甘えかもしれませんが、仕事を旦那とうまくやっていくのにいい方法をご教授下さい。
(ニックネーム:でんでんむし)


■回答

●家庭生活をしているともっぱら女性の方がクローズアップされ、仕事を始めると男性の要素がクローズアップされる。

 でんでんむしさんのホロスコープについてまず考えてみましょう。占星術で人生の基本的なスタイルを読むときに重視される天体としては、月と太陽があります。
 太陽は双子座の24度で自由な経歴の第11ハウスにあります。また、私生活を表す月は家庭生活の第4ハウスにあって木星と重なっていますから、感情面としては実はかなり穏やかな性格だと思います。キレやすいとかキレにくいとかは基本的には火星と月で考えればいいのですが、いま説明したように、月は木星という楽天性の天体に保護されているので、私生活そのものは円満で楽しげなのです。
 職業的な立場を表すのはホロスコープの天辺のMCなのですが、ここは牡羊座の22度です。牡羊座の支配性は攻撃的な火星なのですが、これは隠れた部屋である第12ハウスの中にあります。この火星は蟹座の9度であるということと、天王星と90度という緊張するアスペクトしか持っていないのが問題だと思います。火星はもともと外に対して自己主張する天体だと思うのですが、それが隠れた第12ハウスにあり、さらに情感を表す蟹座にあると、鬱屈してきます。さらに、それを上塗りするのが突発的な作用を表す天王星との90度で、ほとんど火星はコントロールが効いていないと言えます。女性を表す月はとても穏やかなので、でんでんむしさんは一人の女性として生きている時には、この自分の中のほとんどコントロールできない火星の作用について、意識の奥深くに沈めてしまおうとします。つまりそれを思い出さないようにするのです。
 しかしながら職業的な立場を表すと、それは先程説明したように牡羊座が刺激され、その牡羊座の支配性である火星が隠された場所から引っ張りだされてくるので、急にでんでんむしさんの荒れた性質が表面化してくるのです。職業的な立場を表す第10ハウスには、孤立した土星があって、しかもこれは頑固に言い張る牡牛座の18度なので、キレやすいし頑固だというのがでんでんむしさんの職業的な特性にもなりやすいのです。
 土星や火星は男性を表す天体です。一方で金星や月は女性を表す天体です。でんでんむしさんの中にある女性要素は明るく楽天的で、男性的な要素は不機嫌で荒っぽいのです。家庭生活をしているともっぱら女性の方がクローズアップされ、仕事を始めると男性の要素がクローズアップされてきます。

●むしろ、とても良い影響が働いている?

 この火星や土星という、あまりコントロールが効いていない社会性の部分に関しては、後天的に洗練させる訓練が必要でしょう。さて、ここで旦那さんのホロスコープの影響が入り込んできます。一緒に仕事をしているので、相手のホロスコープはかなり大きな影響を与えられます。なんといっても旦那さんの火星は牡羊座の23度にあって、これはでんでんむしさんのホロスコープの天辺の職業的な立場を表すMCにそのまま重なってしまうのです。もともとでんでんむしさんの火星は、第12ハウスという隠れた場所にあって、さらに蟹座という抑えこまれたサインに入っているので、旦那さんの火星のような明るく開放的なストレートな表現の仕方にはまったく慣れていません。いつも走り慣れている人が走るのはリラックスしてできると思うのですが、走ったことがない人が走ろうとすると、もちろん不自然な走り方になります。旦那さんの火星にあおられて、自己主張するのですが、慣れていないために加減が分からなくなり暴走が始まります。この火星は、でんでんむしさんの最も穏やかな面である天秤座の月を180度の側から刺激するので、感情が動揺します。
 これは致命的な問題かというと、そうでもなく、むしろでんでんむしさんが慣れればいいだけの話ではないかと思います。旦那さんと仕事をすると良い面としては、でんでんむしさん自身の隠された、抑圧された火星に対して、旦那さんの楽天的な木星が120度になって穏やかな働きが与えられますから、でんでんむしさんそのものにはとても良い影響が働いているのです。つまるところ、旦那さんの火星の勢いのよさにあおられて、たとえていえば、乗り慣れていないバイクに乗っているようなものなのです。もう一つ重大なことを指摘しておくと、この乗り慣れていないバイク、つまり牡羊座の22度の火星に対して、でんでんむしさんはやや非難がましい態度をとります。というのも、でんでんむしさんのホロスコープでは牡羊座の21度にツッコミのジュノーが入っていて、この小惑星は自分の場所に入ってきた惑星に対していじめに走るのです。もともとが抑圧された火星を持っているでんでんむしさんは、旦那さんのあけすけな火星に対して違和感を感じてツッコミを入れるのです。この点では、でんでんむしさんのコントロールされてない場所に迷い込んできた旦那さんの方がちょっと被害者かもしれません。
 しかしここまで説明してきたこともすべてが、慣れてくれば穏やかになっていくことでしょう。不慣れな場所を練習しているのだと思うことにしましょう。

 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
朝礼ざんまい詳細・購入ページへ(Amazon)
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!