毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2003.11.15

2003年11月上旬 だらしな脱出できるかな日記

藤田 香織

2003年11月上旬 だらしな脱出できるかな日記

■11月1日(土)

昼食:14:30 池袋東武 仙台物産展 伊達の牛たん本舗 牛たん定食1.5人前\1500(牛タン6枚、テールスープ、麦ご飯にとろろ)
間食:15:00 ハートフルジャージー牧場のソフトクリーム\300(激ウマ!)
夕食:22:00 アボガドと蟹&海老サラダ(アボガドスライスにマヨドレ味の海老&蟹(といっても蟹モドキ)サラダをのっけただけ。が、すだちと醤油少々をかけると美味い)、爽健美茶
その他 プロディーと大量の水

 何やら突然、ダラの尻尾が上がらなくなり、触ろうとしても嫌がるので、午前中動物病院へ。密かに「ものごっつぅ好きなタイプ!」と思っていた先生(しかし待合室に貼ってある証書によると6才も年下であることが判明)が、いつの間にかえらい太っていた。まったくの他人であるにもかかわらず、なぜか小さくショックを受けている自分にショックをうける。なんでだー>自分。
 血液検査と検便の結果、ちょっと筋を痛めたという感じで大事ではないと診断されたので、午後から気を取り直して池袋東武でやっている宮城物産展へ。牛タン好きとしては見逃せない催事なのだ。到着するなり、速攻「お食事どころ」の伊達の牛たん本舗へ。が、お昼時を外し気味にもかかわらず、店内は異常に混んでいた。観察してみたところ、40人座れる店でなんと1回に6人前しか焼き上がらず、それが10分弱かかる。並んで座って待って軽く1時間。はっきり言って食べ物屋でこんなに待ったのはちょっと記憶にない。開店前に並んだ「スタミナ苑」以来じゃないかとさえ思う。
 メニューは麦ご飯、とろろ、テールスープがセットになった定食のみで、「これだけ並んだんだから」と肉の量が4枚→6枚になる1.5人前を頼む。しかし、牛タンこそ気合で食べきったものの、麦ご飯は半分も食べられず。知らない間に小食になってるじゃないか!凄いぞオレ! と待たされたことも忘れて機嫌良くなったものの、ふと見たら隣の女子2人組みは牛タンも普通盛で、ご飯は当然のように半分ぐらい残していた。
 やっぱりこれが「女子の日常」なのね。私は「小食」になったわけじゃなくて、ようやく「普通」になっただけなのね……。イヤでもそもそも女子は「1.5人前」なんて頼まないし!
「普通」体重(の上限)まであと10キロ。まだまだ道は遠いふう……。

1時間待ちして食べた伊達の牛たん本舗の1.5人前定食(塩)&牛タンアップ。麦ご飯、比較的軽めによそってあると思いません? まぁ丼だけどさ……。
昼間がっつり食べたので、夜はアボガドサラダのみ。そういえば、アボガド買ったの人生初だ!
こちら、物産展で買ってきて2日に食べたたんや利久の牛タン。七輪で焼いた。肉厚でウマーでした。

本日の読書

「あかん」(山本甲士著 小学館文庫\670)……今年度私的超ブレイク作家山本甲士。「かび」でクラクラきて「どろ」を読んだらもうその暴走っぷりにメロメロになった。こちらは文庫書き下ろしで、ヤクザにはなりきれない、でもまともにも生きられない「あかん」男たちがその腹の据わらない状況ゆえに、ますますいかんともし難い状況に追い込まれ「あかん……」と呟くハメになる連作集。「かび」や「どろ」のような壊れっぷりはないものの、落しどころが上手い。舞台が関西ってことに好き嫌いはあるかもしれないけど、嫌いじゃないという人は一度ぜひお試しを。

「レオナルドのユダ」(服部まゆみ 角川書店\2100)……天才、レオナルド・ダ・ヴィンチの半生を、彼を取り巻く人々の目線で描いた意欲作。っていうか、ダヴィンチのことなんて、私はほとんど何も知らないわけですがこれ、凄いと思う。何って、見たこともない絵が、目の前に浮かぶんですよ! 凄い描写力だ。細かいんじゃなくて、その空気を伝えるのが上手いのかと。ダヴィンチの周囲の人たちも、こんな風に例えるのはどうかと思うが、まるで少女漫画のよう。もうねぇ、ミステリー云々ではなく、ちょっとビックリ。服部まゆみってこんな文章描くっけ!? という驚きの連続。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
朝礼ざんまい詳細・購入ページへ(Amazon)
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!