男子たちがせっせとかわいくなる空前の女装ブーム

昨年の秋、幼稚園バザーでのことである。古着コーナー名物「1袋子ども服詰め放題」にて、6歳の息子の服を選んでいると、ふとかわいらしい女児服が目に入った。わが家は1人息子で、かわいい子ども服にはご縁がない。息子はつねにあらゆるポケットに砂や小石、松ぼっくりやドングリ、さらには蝉の抜け殻やダンゴムシの死骸などを詰めて帰ってくるため、小ぎれいな服など着せられない。どの服もどの服も、数回の着用で半分泥につかったような状態にしてしまうため、白地の服すら難しい。

女装したかわいい男の子ばかりを集めた写真集も人気。

いきおい、息子の服はデザインや質感よりも、丈夫そうか、汚れが目立たないか、そして瞬時にぼろぼろにされても惜しくないか……などのポイントで選ぶようになって久しい。だが……目の前に並んだ女児服の、なんと愛らしいこと。レースやフリルの襟飾りのついたブラウス、ギャザーのたっぷり入ったスカート、それにリボンつきのふんわりしたワンピース……。かわいい、っていうか、いっぺん子どもに着せてみたい。どうせ詰め放題なんだし、「女の子の服も、1枚くらい、いいっすかねえ……、えへえへ、えへへへへ……」とおそらくは怪しい笑みを浮かべ、かわいらしいワンピースを手に取ってうっとり眺めていたら、洋服売り場担当だった同じクラスのお母さま(ご親切に愚息のために、せっせと体格に合いそうな服を選んでくださっていたのだ)に、おずおずとたしなめられた。

「……あの……、それがきっかけで、何か変な感覚が芽生えても、困りませんか……?」

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定


アリか、ナシか......あなたのご意見をお聞かせください。

URL NOT FOUND