■2月13日(金)

 祝:文藝春秋100万部突破。凄いなぁ。いくら話題の芥川賞2作同時掲載&選評掲載だからって、文芸誌が100万部って! しかしニュースに書かれていた「同誌の通常発行部数は約65万部」というのはさすがにどうなのか。
 さて、どうやら左眼の傷も癒え、ダウナー気味だった気分もやや落ち着いてきました。それは他ならぬ“ゼブラーマン”のおかげである。ロンリーリバー翔こと哀川翔の主演100本記念映画のゼブラーマン。現在あちこちで取材受けまくり、宣伝しまくり、予告流れまくりなので気になっている人も多いかと思いますが、私の心はもうゼブラーマンに釘付け。
 だってこれって、究極のコスプレ映画でしょう。凄い。凄すぎる。
「仕事がひと段落したらゼブラーマンを見に行く」その意欲が私を支えているといっても過言ではない! 心にゼブラーマンを飼っている状態。
 いや“飼ってる”なんてゼブラーマンに失礼だわ。観にいけるように頑張るぞー! 

鬱モードを吹き飛ばすべく、焼肉を食べに行ってきた。やっぱり元気の素は肉だ! ビバ肉食!
くさくさしていたのでヒレキューブ\2800なんてものも頼んでしまった。そしてカードでお会計。焼肉をカードで食う女。どうでしょう。これまた“ヤバイ”予感。
この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)