毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2007.02.01

ひょんなことから海外から日本に戻ってくることになりました…

松村 潔

ひょんなことから海外から日本に戻ってくることになりました…

■占ってほしいこと
ひょんなことから海外から日本に戻ってくることになりました。ミラノとニューヨークに10年ほどおりました。帰国したのが、ちょうど、土星がしし座に入った時期が重なっていたためなのか、日本に戻ってからの一年は、扉がすべてシャットアウトされてしまったような疎外感を覚えていました。仕事に関しても今までやってきたデザインの仕事が生かせず、まったく違うことをしていて、フラストレーションがたまっています。海外に戻ることも考えており、今後の進路を結婚も含めて模索中です。将来の進路について、よいアドバイスをください。

--

ニックネーム:ミロ
生年月日:1967年7月28日
生まれた時間:午前8時37分
生まれた場所:京都府京都市


■回答

●会社に所属するには我が儘すぎるけれど、自営的なやり方ならば上手くいく

 場所によって、その人の人生はかなり変わってくることは多いと思います。そこで、わたしは、海外に頻繁に行く人には、その場所でホロスコープの影響がどう変化するかを説明することが多いです。日本で人生が最悪の人、あるいは危険な状況になりそうな人に、移住を薦めることも時々あります。
 さて、ミロさんは、ミラノとニューヨークに10年ほどいたということですが、日本で生まれた時のホロスコープは、個人としての力をあらわす東の地平線に乙女座の金星、冥王星、天王星があります。個人的な押しの強さが、社会的な立場としての天頂の部分を揺さぶる性質があり、フリーな立場の第11ハウスの木星は、この職業的な立場を示すMCというてっぺん部分に対しては調和的な関係です。獅子座的な、つまりはデザイナーだったり、遊び的、クリエイティヴな要素の仕事を、自由業的に展開するのならそんなに不安定ではないという配置になっています。会社に所属するには我が儘すぎるけれど、自営的なやり方ならば上手くいくという意味ですね。
 収入面では、もともとお金の第2ハウスには、アスペクトの援護のない、スクエアひとつだけの火星があります。これは蠍座ですから、獅子座の太陽とぶつかっていて、自由にやろうとする姿勢を強めると収入は減少し、共同的に誰かと一緒にやったり、また従属する立場をとればお金は入りやすいという性質です。しかしながら、この第2ハウスの天秤座の支配星である金星は、消えやすい第12ハウスにあるので、金銭的には消失しやすいというコンディションですね。火星も無駄の多い天体なので、お金は安定しにくいですね。
 収入面としてのもうひとつのハウスは、ある種の依存を示す第8ハウスです。ここには固定的な関係の土星があり、土星は女性や母を意味する月と重なっていて、先ほど説明した、自営的な第11ハウスの木星と援護的な関係なので、女性との固定的で安定した関係が維持されている間は、そこからの助けで、自由な立場をキープできるという意味になります。月と土星の合は、おばあさんイメージだったり、慎重で硬い女性という意味です。それとの固定的なかかわりの中で、社会的な自由な立場が維持されやすい。しかし収入的には自分で稼ぐには、何かと無駄が多いという配置です。
 このホロスコープは生きやすいかどうか、ということですが、そんなに悪くはないですし、好きにしている感じでいいのですが、仕事面ではちょっと弱いかもしれません。
 もっとも、これよりも悪条件で生活している人けっこういるものです。

●結婚したいのならニューヨークが一番いい

 さて、ここで、ミラノとニューヨークではどうかチェックしてみます。
 まずミラノ。さきほど収入の位置に入っていた、ちょっと不安定な火星ですが、ミラノでは、仕事場の第6ハウスに入り、不安定ではありますが、総じて働き者になります。収入的には、第2ハウスに知性の水星が入り、これは創作の第5ハウスの金星、冥王星、天王星と共同的な配置なので、創作的な仕事でお金が入ることを意味します。ただし水星はこまごまとしたものなので、大きなお金ではなく、細かく入るという意味です。
 ミラノでもっとも良い点は、住居の第4ハウスに拡大の木星が入るので、良質な安心できる住居が手に入りやすく、それは友達の第11ハウスの月・土星との協調的なアスペクトなので、友達とか知り合いからの紹介とか、賃借などで、分不相応なくらいの住居が手に入りやすいということです。
 次はニューヨークです。
 ここでは、獅子座の太陽や木星は共同、対人、結婚などの第7ハウスに入り、対人関係が広がります。また仕事に関しては、働く場所に水星が入り、これは芸術家みたいな天体である海王星がステイタスの位置に入りつつ、また所属の第8ハウスに入る金星、冥王星、天王星などと小三角ができあがるので、どこかの組織とか、集まりに帰属する立場で仕事がスムーズに展開されやすいことを意味します。ニューヨークでは、ミロさんはほとんど西側が強まるので、自主的に自分で決めることでなく、むしろ人との関係の中で発展するのです。人に乗せられて動くというのがニューヨークでの基本です。
 日本、ミラノ、ニューヨークと比較すると、金星、天王星、冥王星という強気の主張を示す天体群が東の第1ハウスという個性の場所に入るので、日本が一番好きなことをして生きていくことができますが、本体の太陽と木星は、第11ハウスに入り、これは社会的な意味では傍流の位置になるので、仕事としてはあまり効率が良くないかもしれません。結婚の話が出ていますが、結婚したいのならニューヨークが一番いいですね。

●2006年2月から新しい人生サイクルの30年がスタート。地味な訓練期間に入り、人生が上り坂に転じるのは2012年。

 これはそれぞれの場所の配置から考えたのですが、時間の流れから言うと、ミロさんは、2006年2月から新しい人生サイクルの30年が始まっています。そこからそのまま、地味な訓練期間に入り、人生が上り坂に転じるのは2012年です。たまたま、新しいサイクルのときに、日本に戻ってきたので、地味な訓練期間が始まったということと、日本の場ということを混同してしまった可能性はあります。日本で2012年まで続ければ、その後、開花の方向に向かいます。ニューヨークでならば、運気は上昇中で、2010年にピークに達し、2012年から疲れてきます。どの「場の乗り物」に乗るかというところですね。日本でならば、いまじっと我慢して、2012年から環境に認められ、そこで植物が成長するように伸びていく。しかしそれまでは孤立感は否定できない。周囲から見ると、2012年までは、ミロさんはまだ何者でもないのです。ニューヨークでは、このまま社会的に立場はあがるが、2012年で、力を使いきり、降りたくなる。
 ならば、おいしいところだけを取って、落ち始めたら、あがるところに移住すればいいのかというと、こんどは生命力の活動とお休みのリズムが壊れてしまうので、命そのものが消耗してしまいます。
 この点で、ミロさんの今後の計画と組み合わせて考えるといいですね。日本では、あと5年間はぱっとしませんが、しかし新しい位置づけを獲得する試みが着実に進行します。ここでは忍耐が必要です。
 ニューヨークでなら、まだ使い切っていないエネルギーを2012年まで使うことになり、その後、地下に潜る方向に向かいたくなります。
 ミラノを言い忘れましたが、ミラノでは、いまから着実に上昇サイクルに入る時期です。いろいろ試みて、それらが少しずつ実用化されていきます。で、ミロさんには、いま持ちネタというか、すぐに提供できるようなものがありますか? ない場合には、日本でなら、あと5年はそれを育てる猶予があります。ニューヨークでは、すぐに持ちネタを提示して元気に勢いよく押す必要があり、待ってくれません。持ち材料がない場合には、虚勢で走ることになります。
 どれが一番ナチュラルかというと、昨年の2月に新しいスタートがあったので、それはまだ習熟しておらず、いわば赤ちゃん状態なので、これから練習しなくてはなりません。ミロさんは実用化の段階ではありません。そこで、日本で5年間、訓練期間を経て、それから認知されるというコースが自然に見えてきます。自然ではあるのですが、5年間はあまり見向きもされず、その他大勢の一人にすぎません。
 どのコースを使うかは選択可能だと思います。住居のミラノ、結婚のニューヨーク、これから成長株の日本。どこがいいんでしょうね。ニューヨークでは、もう成年。ミラノでは思春期。日本では赤ちゃん。段階としてはこんな感じでしょうか。
 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!