毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2004.03.01

2004年2月下旬 だらしな脱出できるかな日記

藤田 香織

2004年2月下旬 だらしな脱出できるかな日記

 ■2月18日(水)

間飲 13:30 池袋ホテルメトロポリタン すずかげ アイスオーレ
昼食 14:30 池袋東武のデパ地下 飲茶菜々で餃子と海老ワンタン麺(小)セット
昼食 20:30 池袋東口 GOHANDININGBARほっこり 負け犬5匹で飲んで食いまくり

 ハウッ! と目が覚めたら午前11時。いつもだったら「おおー昼前に起きて、えらいじゃん!」ぐらいな余裕モードながら、本日は13時から打ち合わせ。慌てて風呂に飛び込み、シャワーでゴシゴシ体及び髪を洗う。
 髪の毛を洗いながら(ちなみに私は俯いて髪を洗う日本人の王道派。よくある映画なんかのシャワーシーンのように立ったまま♪ラララ~てな感じで顔を上向きにして髪を洗う人は、全国で何%ぐらいいるんだろうか。フジタ推定1%。首都圏10代~30代女子に限れば12%ぐらいな予感。どうでしょう?)、本日はどこまで身体の手入れをすべきか瞬時に考え、どうせパンツで行くので脛毛及び腋毛の手入れは省略することに決定。
 速攻、髪の毛を乾かし、着替えて、財布、名刺入れ、携帯、デジカメの打ち合わせ必須4点セットを鞄に放り込み、駅までダッシュで自転車を漕いで、時間ジャストに池袋ホテルメトロポリタンのラウンジへ。いつもながら香ばしい客層の中(イマドキ、白いエナメルの靴を履いている方、グリグリした“アイパー”な方、そして小指がないことを隠す気のない方など)穏やかに和やかに4月から「ヴァンテーヌ」で始まる連載書評の打ち合わせ。
 2時過ぎに終了し、ご飯でも食べようと池袋北口方面を歩いていたら、随所にいわゆるマッサージ系の店の看板を見かけ、見ているうちに「私はとっても疲れてる。肩も痛いし腰も痛い。マッサージして欲しい。してもらわなくちゃ、してよ~してして!」と脳が強烈に反応し始めたので、そのうちの1件に看板を見ながら30分後の予約電話を入れ、とりあえずデパチカでお昼ご飯を平らげる。
 数あるマッサージ店の中で、初めて行くその店にひかれたのは看板に“整顔オステオパシー”なる記事が載っていたから。実は私、左右の目の大きさ及び高さがかなり違い、それがわりと気になっていたのだ。鏡や写真で見ると、明らかに右目のほうが小さく、位置も下がっている。それが顔や首の筋肉を整えることで、多少なりとも正しい位置に戻るなら、やってみる価値はあるかも……と話半分で試してみようと思った次第。
 で、ついでに全身のコリコリもほぐしてもらおうと、深く考えずオイルマッサージ80分(オールハンドで\6500。安い!)もセットして、鼻息荒く店へと向かったのだけれど……。オープンしてまだ日も浅い店内は、アジアンチックな雰囲気で癒し効果も抜群。個室のマッサージルームも清潔で「おお~!」と感動していた私に、マッサージ担当嬢はにこやかにこう言ったのであった。「ではショーツだけ着用されたままで、こちらのベッドのタオルの中にうつぶせになってお待ちください」
 パンツのみ……!? 私はマッサージ好きではあるが、いわゆるオイルマッサージ系は最初から裸のスパなどでしか経験したことがなく、着衣状態からそうすることの想像力が足りなかった。パンツ一丁ってことは、当然、そのパンツはお姉さんに見られてしまうわけである。や、やばい。パンツ、ほつれてなかったっけ? 自慢じゃないが、私はほつれたパンツを平気ではく女なので、パンツがほつれていない可能性は約5割。焦ってジーンズを脱ぎ、すかさず確認すると、本日はどうやらセーフだった。あぶねー。マジあぶねー。
 しかし、その次の瞬間、私は自分の足にすくすくと育った脛毛を見た。……どうすんだ、脛毛!あと腋毛も! 
 かくして4時間前にほんの数分の手間を惜しんだばっかりに、私はとても恥ずかしい客としてオイルマッサージを受けたのでありました。あわわわわ。
 で、その後のオステオパシーですが、これがもう、初体験の連続! だって口の中に手突っ込まれて頬骨とか動かすんだよ! もうビックリ。しかし、驚くことに、施術後鏡で見たら確実に、確かに、左右の目の位置が変わっていたのだ!!! いやぁ凄い凄い。
 終わってから、落ちてしまった化粧を直して眉毛かくのに、いつもと右目の位置が違って、変な感じがするほどに。あまりに感動したので、ネットで紹介していいですか?と聞いてみたのだけれど「店長から追って連絡させますので」と言われたまま連絡がない。
でもとりあえず書いちゃおう。店名は「フット・セラピー」で、新宿東口と西新宿、八重州にも系列店がある様子。興味がある人は検索されたし。あ、オイルマッサージ受ける人は、パンツに注意するように。

わりとよく行く、池袋東武の地下にあるイートイン 飲茶菜々。ここの餃子は非常に普通においしー。3個といわず12個ぐらい食べたい。
負け犬食事会で食べた、納豆とお刺身盛&鶏肉&デザート各種。いや出版界ってほんと、30以上独身の負け犬率高いですよ。
猫ズ兄&ダラの仁義なき戦い勃発!

*本日の読書

「トリップ」(角田光代著 光文社\1600)……東京から2時間強。さびれた駅前ロータリーとやけに活気のある商店街を有するある町。そこに暮らす人々の“普通”だけど、ちょっとだけ“普通”じゃない生活を描いた10話の連作短編集。そもそも“普通”って何だ?って話なんだけど、これは良かったなぁ。っていうか、角田光代、ほんとここ数年「良い」。表紙が青い水面に浮かぶ真っ赤な浮き輪の写真なんだけど、その浮き輪に手を伸ばしたい人たちの話とでも言いましょうか。でもね、浮き輪につかまったところで、その水面を自分の力で泳いでいかなくちゃいけないわけだ。つかまってるだけじゃそのうち力尽きる。みんな、無理して何とかしようとせずに、浮き輪をつかまえて、だけどちゃんと自力でも泳ぎましょうよ、という話なわけです。……ほんとか?

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!