毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2007.05.15

退職しようかどうかで悩んでいます…

松村 潔

退職しようかどうかで悩んでいます…
■占ってほしいこと
 ある制作会社に勤めて通算26年ですが、退職しようかどうかで悩んでいます。というのも、もうすぐ早期退職の募集がある頃で、これを逃すとまた1年ここで過ごさなくてはいけないのです。
 また、GWに行った南の島で、いい土地と建物があるという話をされ、心が動いています。そこへ行って、たとえば宿泊施設なぞをした方が私には向いている気がしてたまらないのです。会社は女性登用の時期ということで、あと1、2年して管理職にでもされたら責任感で動きようがないのですが、ずっと働いてきてるので金銭的な不安もあるし、こちらにはまたすぐ介護が必要な義父母もいるしで、まったく暗中模索な日々を送っています。とどまるか、行くかでワタシの人生は大きく変わる気がするのですが、いかがでしょう?

--

ニックネーム:かわせみ
生年月日:1960年3月21日
生まれた時間:午後1時
生まれた場所:兵庫県尼崎市


■回答

●太陽に人生を託すことは楽しいけれど、リスクも大きい。かわせみさんのキャラクターは太陽と月で分裂している。

 午後一時生まれだとすると、かわせみさんの生まれた時の東の地平線には、蟹座が上昇してきています。その支配星は働く場所の第6ハウスにある月。つまり、個性を生かす道というのは「働くこと」になります。この働くハウスには、発展の木星、維持の土星、日常の低位置としての月の三つがありますから、まさに仕事人間ですね。
 一般に星占いでは太陽を重視すると思うのですが、かわせみさんの太陽は牡羊座の1度。つまりは春分点に太陽があり、この地上に生まれてきて、右も左もわからないという幼児状態を示しています。この太陽を重視して生きると、人生がバラバラになりかねないので、土星という維持力と重なっている安心の月のほうに人生のウエイトを置いてきたわけです。
 月は母からの影響でもあり、土星は苦労症なので、地味に真面目に働くというキャラクターが母から転写されていて、それに寄りかかると、負担を押し付けられすぎて大変ですが、それでもいちおうは真面目に、普通に、社会的に暮らすことができたのです。
 ところが、月は過去の資産でもあり、人生の新しい発展の可能性を示しているわけではありません。つまりかわせみさんは、働くということは寝ててもできる、というように慣れているのですが、そこにじっととどまると、チャレンジのない停滞した人生だと感じてしまいます。
 自分の中の母的なものでなく、父的なものとなる太陽に未来の希望を託したい。もともと太陽は人の性格を示していないし、これから開発する未来のイメージが太陽なので、どう転ぶかわからないけれど、しかし可能性が感じられます。
 この太陽は旅先とか海外など遠い場所を示す第9ハウスにあり、まったく新しい人生に飛び込むという度数です。発展の木星と90度しかなくて、それは脱線しやすいということもあり、この太陽に人生を託すことは楽しいけれど、リスクも大きくなります。
 かわせみさんのキャラクターは太陽と月で分裂しています。月は、地味で真面目に働く。太陽はまったく漠然としていて、まだ人間になる以前の状態。しかし人生の中でこの両方を体験しないことには、不完全燃焼となり、何もまっとうしていないと感じることになります。
 46歳以後は、木星が強く出てきます。この木星はやはり働く場所である第6ハウスにはあるのですが、山羊座の度数としては前のほうにあり、自分から積極的に働きかけるという姿勢の転換があります。
 57歳以後は、土星が強く出てきます。これも第6ハウスですが、人心を管理する度数です。
 これまでの年齢も見てみましょうか。36歳からの火星は、自分の気持ちを殺して組織の中に埋没するというもので、たぶん、36歳以後が一番苦しいことをしていたと思います。
 自分の持つ可能性を全部使い切るのが良いという点では、会社組織に入ってまさに身を粉にして働くというのが、かわせみさんの半分の要素。しかし収入の第2ハウスには、自由に収入を得るという天王星と冥王星があり、これは組織で給料をもらって働くということに退屈さを感じる性質。
 住居の第4ハウスには、海王星があります。海王星は夢なので、心身を開放できるような夢の場所が欲しいのですね。太陽、天王星、冥王星、海王星などは、かわせみさんの言われる南の島で暮らすのが良くて、木星、月、土星、火星などは、組織の中で働くことに適合しています。この二分された要素を両立するにはどうすればいいのかということですね。

●2008年10月以降は発展期。

 時期の動きを考えてみると、進行する月という一回転に27.5年かかるサイクルでは、月は第3ハウスの真ん中にあり、自分の拠点が見つからないで模索する時期で、ある意味ではスランプです。つまり自分の根を見つけ出せないで、さまよっているのです。これが着地点を見つけ出すのは、来年の10月です。それ以後の14年間は、かわせみさんの人生は発展期に入ります。過去で同じように位置にある時期は1980年頃でした。
 今の仕事が通算26年だとすると、入社した頃でしょうか。
 その時期の拠点が明確に見つかって上昇期に入り始めたのは、81年の5月あたりです。その時期が、今の会社の中で自分のポジションがだんだんとはっきりしてきたということならば、今回の拠点探しは、いままでとは違うものになる可能性も大きいです。同じポジションの二回目の上書きというのはそう多くはなくて、まったく同じ場所なら、もっと範囲を大きくしなくてはなりません。
 自分の感情を殺して、軍隊か自衛隊のように働く水瓶座21度の火星に対しては、今、海王星が重なっていて、珍しく自分の意欲とかやる気が夢に向かおうとしています。海王星は動きが遅いので、このチャンスは一生に一回しかありません。現在は、この海王星の反対側に、締め付けの土星があり、これは収入の自立を表すかわせみさんの第2ハウスの天王星に重なっているために、夢に向かって生きたいが、しかし収入に関してはしょぼいイメージしか湧かず、そのことを考えると、夢を断念しなくてはならないのではないかと感じる、という構造が支配しています。
 しかしこの土星は海王星よりも移動速度が速いので、今年の9月には乙女座に去り、収入に関しての不安という天体配置が解除されます。あいかわらず海王星は、意欲を示す火星の上にあるので、こうなると、夢を実現したい意欲の方が優勢になってきます。

●2010年に転換期が訪れる

 いま方針転換をせずに放置しておいても、かわせみさんの春分点の太陽、すなわちまったく新しい人生への展開意欲を表す場所には、2010年に分裂・独立の天王星が重なります。この天王星はだいたい84年の公転周期がありますから、これも一生に一度、ですね。
 2010年は木星も天王星と一緒に、この太陽の上に重なるので、未来の展望として、新規のチャンスが膨らみます。それに天王星は自立なので、自立した仕事をしたいと思うようになります。
 この頃、冥王星はかわせみさんの仕事の発展力を示す木星の上に重なり、さらに天王星の反対側に土星もやってきて活動サインを示すので、どたばたしています。
 つまり生まれつき、太陽と木星は90度で綱引き状態で、これは太陽が新しい人生を! というときに、木星は山羊座にあって、仕事で実績主義的に成果をあげるという方向に引っ張ります。いつもこの二つの間で緊張感があり、ここが痙攣現象を起こすことで、かわせみさんのアクティブな力が刺激されています。2010年は、この太陽と木星が両方とも、一生に一度くらい強烈に刺激されているので、忙しいはず。それに冥王星はそれからずっと働く第6ハウスにあって、10年くらいはどいてくれません。
 南の島の宿泊施設に移った場合、かわせみさんを半分くらい占有している、苦労症の“働きものばあさん”のような資質を生かすには、こまごまと面倒なことも引き受けて働かなくてはならなくなりますが、ただ冥王星の作用は仕事での権力も与えられ、何かこのあたりは、宿泊施設だけでは消化しきれないのではないかと思います。
 太陽は第9ハウスにあります。第9ハウスは海外、旅先、遠いところを示します。
 そこに新規のチャンスを示す天王星と木星が来る2010年は、大きなきっかけが出てきますが、ここでもうひとつ別の展開があるのではないかと思います。
 なんにしても、今はまだ決断しにくいです。なんせスランプ期で、発想はマイナスです。
 タイムテーブルとしては、来年の10月から上昇状態に入ります。
 次に2010年には大きなチャンスが舞い込んできます。そのことで、どたばたと忙しくなりますが、それはその後十年くらい継続。いままでの仕事を続けて、そこで管理職になるという方向では、この2010年の第9ハウス方向での大きな展開という意に反していますから、とりあえず、現状維持というふうにはなりにくいです。考える余裕は来年の10月まであり、もう書いたように、いまはマイナス思考なので、きっぱりと決断するのは尚早といえるでしょう。
 安心の月・土星と、無謀な冒険の太陽の分裂を両方解消するには、人生を二つの時期にわけて、振り分けるか、パワーがあれば、コアデュオみたいに、両方同時にマルチ処理するかですね。どちらか一方を犠牲にするというのは薦められません。
 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!