毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2007.06.15

占星術の勉強をしています…

松村 潔

占星術の勉強をしています…
■占ってほしいこと
 占星術の勉強をしています。
 今は介護の仕事をしていますが、人と一緒に仕事をするというのが苦手なため、将来は占いの仕事に移行していきたいと漠然とおもっています。
 この先どういう勉強をしていけばいいのか、占いの仕事としてどういうふうに展開していけるのか聞いてみたいです。
 性格には出生時間がわからないため、先生の鑑定には時間のわからない人のはでてきたことがないと記憶しているのですが、わからないと読みにくいでしょうか?本などにも時間のわかる人の例が多く、私のようにわからない人のをどう読むかも聞きたいです。よろしくお願いします。

--

ニックネーム:ミーハル
生年月日:1957年1月18日
生まれた場所:福岡県京都郡


■回答

 一部の人にしか意味を持たない特殊な質問だと思ったのですが、答えてみますね。ホロスコープを作るときに、時間がわからないケースは時々出てきます。普通は、時間が判明すると、ハウスなどの枠組みを決めることができるので、リーディングは細かく出てくるし、生まれ時間が五分程度の違いの人でも、違う読み方になります。
 時間がわからない場合には、このハウスの要素を思い切ってカットします。昔のやりかたであれば、たとえば太陽を東の地平線に置いたり、あるいは太陽のあるサインをそのまま第一宮にして読んだりしますが、それらはみな曖昧な、便宜的なものに過ぎないので、ハウスの要素を取り込むのは初めからあきらめたほうがいいと考えています。
 それで問題があるかというと、視点の当て方が違うだけの話です。わたしは時々太陽中心主義の占星術、つまりヘリオセントリックをしますが、そのときには、月はなくなります。つまり、個人の個人的な生活のスタイルとかは度外視するのです。そういうものは取り上げない。それらはみな個人で好きにしてください。私生活にまで頭をつっこむことはないという考えです。それと似て、ハウスがなくなると、細かい要素は消えていきますが、それを重視する必要はないという発想も、視点をひとつ大きくしたところからの発言なので、意味があります。
 純粋に卑近な個人的なことを自分で補充させたり、また満足させていない人は、こういう個人的なことが気にかかります。それらを満足させたり経験がある程度いった人は、それらをもうあまり問題にしなくなります。たとえば、老いた人というのは、総じて、個人的な部分に関しては、関心を深く持たないようになってきます。結局、個人差はたいして大きくない。そういうあまり差の大きくないところを取り上げても、全体としては特に改善などはないと思うからでしょう。

 12サインは、地球上に住む人のすべてに共有された価値です。それは地球から離れたとたんに、意味をまったく失いますが、地球上に住んでいる限りは、すべての人に共有されている枠組みです。そのサイン位置に惑星が配置されていて、惑星どうしのアスペクトが成り立ちます。サイン、惑星、アスペクト。このあたりだけを読んでいくということですね。
 時間を無視すると、惑星の位置に誤差が出てきます。一番大きなのは月で、これは一日に12度から13度くらい移動しますから、二時間に1度動くということになります。ということは、この月が他の天体とアスペクトを作るかどうかは時間によって変わるので、いちおう妥協的に、正午生まれで計算します。すると、プラス6度あるいはマイナス6度までの範囲のどこかにあるということになります。
 ほかに水星、金星、太陽なども一日に1度以内で移動しますから、わたしのように、度数そのものを問題にする読み方の人から見ると、これの誤差も気にかかります。

 ミーハルさんの図を正午で作成してみました。月は獅子座の24.28度で、これが当日前後する幅としては、18度くらいから、乙女座の0度くらいまでです。乙女座に入ってしまうと、この月の資質は急激に違ってきます。深夜ぎりぎりになると、そういう可能性もあります。しかしほとんどは、獅子座の幅の中に納まっています。
 ここに獅子座の29.94度の冥王星があります。あまりにも獅子座の終わりに近いので、これは面白いです。すべての人に共有できるような、喜ばしいことを伝えようとするという度数で、獅子座の最後の最後ということは、そこで獅子座的なものを温存しないで、全部吐き出してしまうということです。月はその人の基本的な性格ですから、自分の好きなことをして、自分の内面にあるものを外に吐き出すことが好きで、それは冥王星の影響で、とことん空になるまで、吐き出そうとするということになります。よくアナウンサーや広報などの仕事をしている人に見られる度数です。
 獅子座の月は、基本的には、人に合わせることができません。獅子座は、中心から外に向かって吐き出す性質で、他者を受け入れるとか、話を聞くというのはあまり得意ではありません。冥王星は強い底力で、それが獅子座の最後にあると、ますますそうなると思います。
 なので、わたしなら介護には向いていないと判断します。介護はやはり相手のことをもっと聞いて、様子を見ないといけないけれど、獅子座は周囲を見ることをあまり重視していないということになるからです。
 もちろん月は子供の頃に形成された資質で、後年、違う要素を発達させます。が、気を抜いたり、リラックスしたり、ぼうっとした時に月の地に戻るので、リラックスしたときには、人のことを構っていない状態になるというのは、やはり向いてない可能性があります。やはり介護は、水のサインの月が良いと思います。蟹座、魚座などです。また人に気を配るなら、風のサインも良いですが、あまり同情的でもないです。

 次に、人生の発展方向の太陽です。太陽は人の性格を表しません。しかし雑誌では、天体の計算はできないので、唯一計算しなくてもいい太陽だけを取り上げます。それを人の性格にあてはめてしまうのは、かなり無理があるというよりも、あきらかに間違っていますが、雑誌の場合には、天体計算はできないので、修正は不可能です。
 ミーハルさんの人生の発展は、太陽の位置、山羊座の28度にあります。これは「大きな養鶏場」というシンボルで、次のサインである水瓶座に近いです。水瓶座は風のサインですから、風のサインのシンボルである鳥の声がたくさん聞こえるというものです。時にこれは幻聴ですが、いずれにしても、山羊座というローカルな世界の中で、開かれた風の、水瓶座のメッセージが聞こえるのです。それは天体の声かもしれないし、国際情報とか、遠い世界のものでもあります。
 こういう太陽ですから、目の前のことに集中してくれといわれても無理です。より遠い世界のものを聞き取り、それをこの世界に持ち込む。卑近なものでいえば、海外の情報を、国内に知らせるというようなものでも良いのですね。
 太陽は夢の海王星とスクエア。非日常的な要素がないと楽しめない。火星もスクエア。火星は牡羊座の24度で、これも日常の世界、すなわち「家」の外からやってくるものに関心を持つ度数。
 さらに太陽は、天秤座の2度の木星とトラインで、これは人の良いのんびりした感じとか、公的な発展性です。
 月と太陽を組合わせると、鳥の鳴き声という、遠くの情報を受け取って、それを公開するという意味になります。そういうことをすれば、一番満足するわけです。
 知性の水星は山羊座の13度で、ちょっとマニアックなつっこんだ研究に関心がある。
 楽しみの金星は、山羊座の7度で、予言的な度数。
 維持力の土星は、射手座の12度で、未知の知性。通常の知性では知ることのできない潜在下のものを垣間見る度数です。
 こういう一連の度数の連鎖を見ると、介護よりも、やはり占星術のほうが向いていると思います。介護は腰掛状態だろうな、と。

 時期の変化として、進行法という計算があります。これは一日の経過を、一年とみなすことです。ということは、生まれ時間がわからないで、正午でスタートした場合には、前後に、一日の半分ずつずれる可能性があるので、一年の半分、つまり半年前後すると考えると良いです。影響は半年読みが違う場合がある。でも、これは大きな動きだとあまり問題にならないかもしれません。月の進行は一ヶ月に1度くらい。ということは6度くらい違う場合があります。
 ミーハルさんの太陽は今、魚座の18.68度。これに誤差として、前後に0.5度のずれがある可能性があるとみなすわけです。
 もともと生まれつきの太陽は山羊座の27.76くらいなら、三歳くらいでもう水瓶座に入り、18年前に魚座に入ったわけです。魚座の力のピークは21度ですから、ますますこの魚座が強まっていて、それはやはり占いには一番関係するサインです。
 進行の月は今、双子座の19.10度。帰依の蟹座に入るのは、来年の4月くらい。これに前後半年のずれがあるとみなし、今年の10月から、来年の10月くらいまでの間に蟹座に入ることに。今は双子座ですが、これは孤立的な個人行動。蟹座に入ると、それは参加、共存です。なので、その頃にグループなり、何か参加してみると良いのではないでしょうか。来年は木星が太陽の上に接近するので、何かとチャンスは増加するでしょうね。
 このように見て見ると、生まれ時間わからなくても、なんとかなるのだと思いませんか。

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!