毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2007.07.01

現在、リフォームの仕事をしています…

松村 潔

現在、リフォームの仕事をしています…

■占ってほしいこと
 現在、リフォームの仕事をしています。
 ひとり親方でやっているのですが、営業面が不得手なこともあり、自分で体を動かして仕事をするのをメインにしております。ただ、年齢とともに体を動かして仕事をするのもしんどくなってきてお り、これからの方向として、肉体労働を減らして営業面に移行していこうか、あるいは思い切って他の職種に変えようかとも考えています。
 そこで、職種として自分に向いてる分野とか、業務の内容としてどういったものが向いてるのか、など星からわかることを教えていだだけるでしょうか?
 よろしくお願いします。

--

ニックネーム:さんしろう
生年月日:1963年7月22日
生まれた時間:午前11時40分
生まれた場所:大阪府豊中市


■回答

●46歳に向けて、主体性がしだいに弱まりつつある。

 仕事、経歴などをあらわす10番目のハウスには、人生を作り出す太陽、知性の水星、本人の性格を示す月があります。3天体も仕事の場所にあるので、職業的には強いものを持っていますね。
 本人の性格を示す月を見てみると、獅子座のピーク点の15度。しかも拡散天体の海王星、木星と関わっているので、人生ノリで生きていますね。寛容な性格というか、ともかくあまり神経質ではないと思います。
 リフォームの仕事というのが興味深く、というのも、さんしろうさんのこの職業位置というか、ホロスコープの看板的な位置にある場所は、入り口が蟹座となります。この中にいま説明した獅子座があるんです。蟹座は家屋、獅子座は輝きとか、盛り上がりを表します。
 さんしろうさんの幼少期に育成した性格は、お祭り屋的、スター的な要素なんですが、それは蟹座という家の中に守られている範囲で発揮されます。室内スターなんです。自衛隊に入って大砲打つとか、警官になって拳銃ぶっ放すとか、国家権力の中で獅子座的な爆発をするという方向の人も、やはり蟹座の腹の中の獅子座という配置。さんしろうさんの、室内で、お祭り、山車、太鼓という配置は、家の内部は華やかにということで、みすぼらしい外観でも、中ではミラーボールが輝いている部屋にするという楽しさを持っています。
 年齢的に言うと、今年44歳になるということですが、だんだんと木星の影響力が強まります。木星は牡羊座の19度で、この度数のサビアンシンボルは「魔法の絨毯」というもの。
 某所のミサワホームの社員複数が、この度数を持っていたので、わたしはミサワホーム度数と呼んでいます。
 想像力を駆使して、絨毯が空を飛ぶ。その意味では、これも家とか、リフォームに関係しやすい度数だと思いますし、サインが30度の幅の中で、この19度弱は、比率として黄金分割の位置なので、わたしはこれを黄金分割の意味そのものと考えています。黄金分割も建築におおいに関係していますね。
 木星は対人関係の西の地平線の至近距離にあります。西の地平線は主体性が消失する場所です。東は太陽があがり、主体性が生まれ、西は太陽が沈み、主体性が死にます。なので、さんしろうさんは、木星の影響の出発点である46歳に向けて、主体性がしだいに弱まりつつあります。
 主体性が弱まるというのは、いい面もたくさんあって、人に合わせることができるということです。牡羊座そのものは新しいスタートをあらわすので、人にあわせて人と関わっているうちに、新しい展開が生まれる。その意味では、クライアントとの関係が良好です。この魔法の絨毯は、日本式に翻訳すれば、日本では絨毯はないので、替わりに大風呂敷と考えてみましょう。
 スターの度数である月と連動しているので、盛り上がってどんどん大風呂敷になるというさんしろうさんの資質が、この40歳半ばからむき出しになってきます。
 営業して、相手の相談に乗り、という方向が良いのではないかと思います。実は頂点には愛想のいい金星もあり、仕事では愛想がいいし、営業とかも悪くないと思うのですが。

●これからが活動期。新規の大がかりな仕事が舞い込むことに!?

 時期的なことを見てみると、これからゆっくりと運が向いてきます。むしろ、これからが活動期です。来年の秋から一年間くらいが、仕切る力を発揮する期間で、この時期にさんしろうさんの管理力が育成されます。生まれつきの性格は、何かとゆるゆるのキャラクターなので、管理する能力は弱い面がありますが、後天的にそうでない資質が育成されていくのです。
 この来年の夏から秋にかけては、仕事の上で、いままで手をつけたことのない新規のチャレンジが始まっているので、そこで強い管理力を発揮しないことにはこなせないという現実が出てくるのだと思います。たぶん、いままでのさんしろうさんが手がけたものに比較して、大掛かりなものだと思います。
 今年はさんしろうさんの気分を示す月に、抑制の土星がうろついていたので、昨年、今年と、ちょっと気分的には暗い時期で、しかも秩序を示す生まれつきの土星には曖昧さの海王星が関与していて、予定がこなせず、気分的にも暗いことから、将来的なヴィジョンに関して悲観的になりがちなはずです。
 そういう悲観イメージは、九月になると消えます。体もしんどいし、転職せんとあかんとちゃうの、というような発想は、九月までの話だと思います。ノリで生きているような人は、だいたい土星に叩かれると、へたへたです。しかしまたすぐに再生します。

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
朝礼ざんまい詳細・購入ページへ(Amazon)
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!