毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2004.06.15

2004年6月上旬 だらしな脱出できるかな日記

藤田 香織

2004年6月上旬 だらしな脱出できるかな日記

■6月1日(火)

昼食:13:00 インスタントのカップ焼きそば(久々に食べたー!)
夕食:22:00 トマトとアボガドのサラダ、お好み焼き(小麦粉+和風ダシ+水+山芋のすりおろし+キャベツ+ベーコン+揚玉+塩胡椒。仕上げにソース+和辛子+鰹節+青海苔+マヨ)。金の烏龍茶

 1日中ひきこもって新人賞の下読みと原稿書き。
 ワイドショーの週間DVD売り上げランキングで「ラストサムライ」が相変わらず上位にいるのを見て、先々週ぐらいに某繁華街のサークルKで、店員さんたちがキャンペーンで「ラストサムライ」と書かれたハチマキをしていた(っていうかさせられていた)のを思い出した。
 私は妙に自意識が強くて、新譜や新刊雑誌の店頭キャンペーンをしている現場に居合わせると、そこで勧められているものを買うのに激しい抵抗を感じるほうなので、たとえラストサムライのDVDが欲しくても「ラストサムライ」のハチマキをした人からはちょっと買えないよなー、とそのとき思ったのだ。なんていうか、やる気満々の人とはヤレナイ感じ?いやちょっと違う? 何言ってんだオレは。うーん、巧い例えが見つからん。
 夜中、佐世保で小学6年生の女子児童が、同級生に殺害されるというニュースの続報を見る。まだ詳しいことはよく解らないが、「信じられない」とか「有り得ない」とか「どうなってるんだ今の世の中は!」みたいなコメントを見聞きするたびに、いやでも小学生でも殺意ぐらい抱くだろう、と思う。自分の小学生時代を思い出しても、結構歪んでたし。
「死ね!」とか「バカ!」とか年中考えてたし。大人が抱くのと同じぐらいの感情を子供だって感じていると思う。短絡的とか、ことの重大さが解ってないとかいう人もいるけど、大人だって短絡的に後先考えず人を殺す人はいるわけで。もちろん、痛ましい事件だとは思うけど、もの凄く特別な事件だとも思えない私。うーん、難しい問題だ……。

トマトとアボガドのサラダ。トマトをスライスして、さらし玉ねぎ載せて、アボガド載せただけ。塩+オリーブオイルで十分美味しいけど、さらに+マヨ少々+レモンドレ足してもよし!
辛いもの好きの私。お好み焼きには、ソースと和辛子を混ぜるのが好き。昔お好み焼き屋でバイトしていたときに教わったんだけど、ウマイっす。
そうそう、ちょっと前に中西さんの「買い物ワールドカップ2」を読んで、私もやってみよう! とNIKEでオーダーしてみました。選んだのはランニングシューズ。ネームは「DALA」と入れてもらった(笑)。これでダイエット頑張るぞ!と思ってたのに、届いてから1度もスポクラ行ってません……。

*本日の読書

「太陽と毒ぐも」(角田光代著 マガジンハウス\1400)……好きで付き合ってる恋人なんだけど、どうしても我慢できないことがある! というカップルたちの不平不満をテーマに描いた短編集。何がツボだったって、最初の1行が「風呂に入らないで平気な女がいるなんて考えたこともなかった」ですからもう! 迷信や言い伝えを頑なに信じていたり、記念日フェチだったり、野球狂、万引き癖、ケチ、お喋りといろいろな「嫌ポイント」が笑うしかないほどリアルに書かれていて、それをまたハッピーエンドにもっていくのが角田光代の凄いところだとつくづく。いやだってさー、別れるでしょフツーこんなやつ!みたいな話ばっかりなのよ? なのに別れさせないこの不思議。自分が結婚できない理由がちょっと解ったような気がしたっす。軽い気持ちでぜひ!

「もうおうちへかえりましょう」(穂村弘著 小学館\1400)……もうすっかりファンモードなほむほむ2冊目のエッセイ集。あまりにファンモードで目がくらみすぎて「表紙のほむほむが稲垣吾郎に見える」と日記に書いたらもの凄い勢いで「目医者に行ったほうがいい」というメールが届いた。でも同じぐらいの数だけ「私もゴローちゃんに見えます!」というメールも。ほむほむ人気、緩やかにでも確実に上昇中とみた。今回の中では「職場の人とボーリングするのが怖い」話がツボ。そうなんだよねー。ストライク出したり、ガーターだったりしたときのあのリアクションを自然に取れる人って凄いと思う。できねー。オレにはできねー。自意識過剰なのは解ってます。すみません。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!