毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2014.01.09

特集『猫が背筋を伸ばすとき』単行本発売記念

猫は呼んでもこないけど、そこにいてさえくれればいい

杉作

猫は呼んでもこないけど、そこにいてさえくれればいい

2014年1月、ファン待望のコミックエッセイ『猫が背筋を伸ばすとき』を上梓した杉作さん。大ヒット作『猫なんかよんでもこない。』シリーズに続く最新作は「ノラ猫と小さな女の子の物語」───。これまでも猫と人間のかかわりについて多くの作品を描いてきた杉作さんは、自身で猫を飼い始めて20年余りが経つ……。

 

「俺自身、ひょんなきっかけから猫を飼うようになったんです。そう、初めは面倒くさいだけの存在。若い頃は貧乏でしたから、エサ代だって痛い出費です。でも、いつの頃からか「そばにいる」のが当たり前になり、そのうちに俺が面倒を見ているのか、俺が面倒を見られているのかさえ分からなくなる状態に。そうなんです、何度も人生の中で「猫」に助けられましたよ(苦笑)。寂しいとき、苦しいとき、そんな心の底を誰にも話せないとき……誰もが、そんな経験をしたことがあると思います。それは、大人になってからだけじゃありません。むしろ子供時代の方が多かったかもしれない……。今回は、そんなことを思い出しながら描いた作品です。私が経験した、言葉では伝わらない《大切なこと》を少しでも感じていただけたら嬉しいです。」


試し読みはこちらから!

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

書籍はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!