毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.01.05

年末年始スペシャル(3) だらしな脱出できるかな日記

藤田 香織

年末年始スペシャル(3) だらしな脱出できるかな日記

1月1日(水)

 元旦の朝は早い。
 そして老人の朝も早い。
 昨夜布団に入ったのは3時過ぎだったのに、「香織、朝ごはんどうするんだ?」とパパリンが呼びに来たのは午前7時半。のろのろ起き出して顔も洗わず、一応「明けましておめでとうございます」と新年の挨拶をする。朝食はお節とお雑煮だが用意するのにそれなりに時間がかかるので、その間本日もダラの散歩に行ってもらう。
 作った物や買った物をダイニングテーブルでお重に詰めつつ、台所で雑煮の汁を作り、餅を焼く。しかし、ちょっと台所にいると猫ズがお節を狙いに来る(どうやらターゲットは数の子の鰹節と蒲鉾の様子)ので気が抜けない。本来ならママリン&Yちゃんと女手が3人分あるはずだったのに、ままならぬものよのう。
 帰って来たダラの足を拭き、手を洗うついでに一応顔も洗い、パパリンとふたりで元旦の朝食。多少、昨日分けたとはいえ、本来6人分のつもりで用意していたお節は大量で、半分も食べきれなかった。虚しい。非常に虚しい!

 とりあえず一度所沢へ年賀状を取りに行くというパパリンを見送り、朝食の後片付けを済ませたところで力尽きてコタツで居眠り。お昼は餅4個を焼いて食べ、再びゴロ寝。結局、パパリンが帰ってきた夕方5時までダラダラしてしまった。初詣も行かず、年賀状も書かず、それどころか30日から風呂にも入ってないままで迎えた新年。これでいいのか、と思わなくもないが、ある意味自分らしいとも言えるような。
 ママリンはもう1日弟宅で様子を見ると連絡があったので、夜もパパリンとふたりでありものの夕食。年末に気合いが入りすぎて、なんかもう正月が終わった気分。新年なので日本酒でも呑もうかな、というパパリンに付き合い、ノロわれて以来1週間ぶりにアルコールを摂取したら、たちまち睡魔に襲われ、またしてもうとうとしてしまった。昼間あれだけ寝たのに……!

 午後9時「香織、風呂はどうするんだ?」というパパリンに起こされる。
 だんだんまともに自分で出来ることは減ってきているのに、まったくもって規則正しく生活するパパリンに苛立ちが込み上げてくるが、これも修行、親孝行、と一生懸命自分に言い聞かせる。
 しばらくドリームマッチの東西ネタバトルを見るも、あまりに西軍の芸人がどうも苦手な人ばかりで、いつの間にかまたコタツで気を失っていた。
 目を覚ましたらパパリンはもう布団で寝ていて、風呂場のテレビが虚しくつけっぱなしになっていた。午後11時就寝。寝ても寝てもまた眠る。まったくもってなんて日だ!

お節って、昔は全然興味なかったけど最近はわりと好きになってきた。でも、良く見ると二の重にロースハムが入ってたり、お煮しめの人参がハートだったりする適当さ!

お雑煮は鰹と昆布出汁、具は鶏肉とほうれん草と蒲鉾と柚子と三つ葉、のはずだったのにほうれん草買い忘れた! なので大量三つ葉と鞠麩で誤魔化してみた。文句は言われなかったw

 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人は運命を共にし、男を一人殺すことにした
  • 激動の戦後政治を牽引した田中角栄の、生き様
  • 全五巻構想、大河小説第一弾!!
心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!