毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2007.11.01

2年前くも膜出血で倒れ、半年後退院、現在リハビリを続けながら会社に通勤しています…

松村 潔

2年前くも膜出血で倒れ、半年後退院、現在リハビリを続けながら会社に通勤しています…
■占ってほしいこと
 2年前くも膜出血で倒れ、半年後退院、現在リハビリを続けながら会社に通勤しています。しかしながら、痙攣等で倒れ3回入退院を繰り返し半身不随の不自由な生活です。妻はなかなかこちらの要求を多忙を理由にきかず、家事も中途半端。大学生の娘も何故かほとんど口もきいてくれない状況です。このような状態で両親親戚は思い切って休職してリハビリ施設の整った病院で長期療養したらどうかと提案してくれます。 この先どのように養生すれば病気や家族ともうまくやっていけるのか、ご指導のほどよろしくお願いします。

--

ニックネーム:さいもじら
生年月日:1954年9月23日
生まれた時間:午前5時0分
生まれた場所:京都府京都市


■回答

●今は一生に一度の切り替え期。悪く言うと挫折期にあたります。

 占星術で太陽は、「人生を開いていく」「未来に向かって成長する」ことを意味する天体です。さいもじらさんの場合、この太陽は乙女座の29.26度にあります。生まれた時間からすると、日の出の前の生まれなので、それはとても自主的で良いのですが、今年から来年にかけて、移動中の冥王星が90度の位置に入るので、今は、さいもじらさんにとって、一生に一度の切り替え期。悪くすると挫折期です。うまくいくにしても、失敗するにしても、今までのコースががらっと変わってしまう時期と言えるのです。
 例をあげると、さいもじらさんとは1度だけ手前にある太陽を持つ、安倍晋三の状況を見たらわかると思います。たぶん、さいもじらさんの目にうつる光景としては、世間とか家族とか、自分を取り囲むすべてが、自分に敵対しているというか、逆風が吹いているように見えるはずです。そういう時期なんです。誰にでもあります。
 会社とか、社会に対しては、もともとは太陽は日の出生まれですし、援護の木星、新しさの天王星も安定した角度にあるので、良好だったと思うのですが、家族との関係というのは、それに比較すると、ぱっとしない面があります。
 私生活とか、身近な衣食住をあらわす月は、獅子座にあって、自分の好きなようにしたいという面をあらわしていますが、友達とか公共的なものとか、あまり家族的でない場所である第11ハウスにあります。そしてこれは、抑制の土星とかと90度のアスペクト、ないものねだりをあらわす金星と90度のアスペクトを持つので、公的な顔は安定しているのに、私的な顔はちょっと違う、少し不安定な人に見えます。女性をあらわす天体は、妻が月、金星が娘ですが、ともに、あまり和気藹々とは言えないですね。
 なので、エネルギーバランスみたいなもので言うと、自分で好きなことをして、そして家族からは少し距離を置く程度でよかったのですが、たまたま太陽が大きな軌道修正の時期に来たので、ひとりで勝手にやりにくくなったというわけでしょう。さいもじらさんの今の体長の悪さは、プロセス心理学から言うと、未来の自分からの呼びかけというか、生き方を変えることを要求していて、それをしない間は、具合が悪いのが続くという意味になります。とはいえ、もともと幼少期に、新陳代謝が弱められてしまったので、身体的に耐久性があまりないようにも見えます(健康をあらわす月が土星によってアフリクトされているのです)。
 ご両親が言われるように、休養、施設にいって治療するというほうがいいと思います。これは病気を治すという意味もありますが、その前に、人生の方向の仕切り直しをするために、「動きを止めてしまう」ためです。工場の流れ作業をいったん、電源を切って、それからまた再開するためです。もともと、間接的な家族というか、距離の離れた場所がなじみやすいです。さいもじらさんの第11ハウスには、家をあらわす第4ハウスの射手座の支配星である木星と私生活の月がにあり、この第11ハウスというのは、集会所、クラブ、サークル、療養所、親戚、会社で言う支所、分家、友達、サブカルチャーなど、本来の場所でないサブ的な場所を示しているのです。もともと天体が東に多く、自分ひとりで勝手にやる、そして間接的な距離のある場所にいるというイメージです。しかも家族をあらわす蟹座には保護の木星があるので、家族に対して保護的と言っても、これは第11ハウスの家族なので、後から出てくる家族的な関係に見える他人という意味も出てくるわけです。

●退職するには今がチャンス。

 年齢的には、これからだんだんと土星が示す年齢に来ますが、土星はお金を示す第2ハウスにあるので、今後70歳までは、年金生活とか、隠居生活というよりも、経済活動が始まります。勤め暮らしが長い場合には、開発していないかもしれませんが、もともとさいもじらさんは、何か好きな趣味とかで、お金を儲けるような能力があったはずなんです。これは知性の水星と、解放された意識を示す海王星が重なり、しかもお金をあらわす金星と、今からの年齢の土星が重なり、自分のセンスでお金を手に入れ、しかも若い人、つまり金星が身近に出てくるという意味です。
 金星が思春期の人を示し、それは第3ハウスに近く、第3ハウスというのは学校なども意味しています。これからの年齢のさいもじらさんが土星そのものなので、これから70歳まで、学校関係の若い人が近くにいるという意味なんです。もともと幼少期からの本性が、獅子座の月なので、クリエイティブなことやウケること、楽しいことが好きなはずで、そういうので目立ちたいという意志があるはずです。
 今説明したような一連の流れが、今後の人生で展開されやすくなります。
 ちなみに時期的な流れで言うと、進行の月が第11ハウスに入ったので、退職するには一番いい時期です。ひとつの山が終わったからです。不動産とか住む場所を示す第4ハウスに、拡大の木星がやってきて、これから一年間は住む場所見つけるのに良い時期ですが、とくに12月には木星と冥王星が重なるので、普通はでかい家を建てるという意味ですが、病院とかに行くなら、理想の環境がこの頃訪れるという意味でもありますね。

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
朝礼ざんまい詳細・購入ページへ(Amazon)
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!