毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2008.03.01

本当に弟が心から楽しみ自分を生かせる仕事はなんでしょうか…

松村 潔

本当に弟が心から楽しみ自分を生かせる仕事はなんでしょうか…
■占ってほしいこと
 私の弟のことなのですが、彼が23~24歳くらいからほんとにそれまでの人生とはがらりと変わり、大変な思いをしてきました。なぜか彼の人生を狂わせるのは、いつも男性(親も含め)、直属の上司または、同僚の男性で威圧的な態度の人にひどい仕打ちをたびたび受けています。これからの人生の中で、また同じような目に遭ってしまうか、姉としてはとても心配です。また、悲しい出来事の中で、自分の夢を封じ、現在は自分に自信を持てように日々人生を組み立て直し、普通に生活を営む事を第一に考えて地道に生きようとしています。飲食店の従業員をしていますが、本当に弟が心から楽しみ自分を生かせる仕事はなんでしょうか。人生のターニングポイントとなる重要な時期は今後ありますか、その時何をすればよいでしょう。また、彼の人生上の注意点があればそれらを自重し、彼なりの人生の成功を歩めたらなと心から思っておりますので、是非教えて頂きたいと切に思います。

--

ニックネーム:8月の太陽
生年月日:1972年8月12日
生まれた時間:午前0時35分
生まれた場所:福島県塙町


■回答

●月、基礎パワーが弱い。金星、甘え症。太陽、気ままに生きたい。組み合わせのミスマッチさが、やはり何か問題を作り出す場合はある。

 社会的な立場を示すのは、ホロスコープでは、山のてっぺんのMCというところです。弟さんのMCは、魚座の3度。魚座の支配星は夢を意味する海王星なのですが、海王星は働く場所である第6ハウスにあります。この海王星は、社会的な立場のMCに90度なので、仕事場での混乱とか、不透明な出来事が、職業的な立場を迷妄状態にしていくという意味になります。といっても、こういう人はたくさんいるというか、海王星は移動速度がやたらに遅いので、弟さんの世代だと、MCが魚座の時間に生まれると、ほとんどの人はみなそうなるということにもなります。つまり一日のうち、特定の時間に生まれると、決まってこのパターンが出るという意味です。
 ただ、弟さん特有のものとしては、獅子座の28度の火星というのが、この海王星とMCに対して、ハードなアスペクトをとっているので、頑張れば頑張るほど、目的から逸脱する傾向があることです。わたしはこれを「よくはずれるミサイル」という言い方をしていました。火星は獅子座の終わり頃にあり、この頃は、だんだんと乙女座的になっていく獅子座です。「本来は細かい実務はできない資質だけど、しかし自分の真の目的にあったことならば、それに付随する細かい実務ができる。そしてそれが楽しい感じになってきて、だんだんと乙女座の性質に開眼していく」という意味です。獅子座はアバウトというか、そもそもが火のサインなので、実務に関与しないサインなのです。しかしこのあたりはそれを学習しているのです。
 この火星に対して、職場の第6ハウスにある海王星は、射手座の3度で、これは「チェス」というシンボルがついています。つまり「作戦、陰謀、計略、仮想戦争」です。なにかそういう工作をする人が職場にいて、そしてこの弟さんの火星というやる気天体を妨害するのです。間違った指令を与えられた火星は、妙な方向に走り始めるというわけですね。
 この程度は実はけっこうある話で、そんなに珍しくもないですし、「あいつ、ボケてるよなー」という程度で、そんなに苦しい立場にならない人もたくさんいます。遊ばれてしまうとは思いますが……。
 問題はもっと他にあります。
 まず、生まれてきて7歳くらいまでの体験を示す月ですが、これは家庭の第4ハウスにあります。つまり本来、この人はうちにいるのが好きな人なんですが、この月は、「制限、年寄り、乾き、冷え」などを意味する土星から90度で妨害を受けています。それは見えないところ、第12ハウスからです。もともと月は、その人の基礎的な体力とか感情とか、私的な要素のベースなんですが、それが小さな子供の頃から、何か見えないものに妨害されて、パワーを弱められているのです。この月と土星の90度は、大変に正確な90度なので、影響としてはこれまでになく強いです。なので、建物でいうと、土台の部分が虚弱な面があって、それが原因で、生存競争世界では、はじめから後ろに追いやられてしまうような傾向を帯びてきます。
 たぶん当人はそれを自覚していて、だから、補正効果として、思春期の16歳から25歳くらいまでを示す時期を受け持つ金星の年齢で、態度を大きく見せる努力をします。金星は拡大の木星と180度で、さらに冥王星と90度。金星、木星、冥王星のセットは、何かしらルーズそうで態度が大きそうというものです。しかし金星はシャイな蟹座にあるので、態度を大きくしようとしても、そんなに効果があるわけではないと思います。ここでは幼少期の、神経質で、弱そうな自分ということを隠すために、思春期くらいから、鷹揚な自分を作ろうとしましたが、このギャップ感は、あまり効果的ではなかったかもしれないということですね。逆に隙を作ることになったかもしれません。たとえば拡大の木星は、関わる相手の第7ハウスにあり、これは相手からの優遇を意味します。自分を示す第1ハウスに、この金星があり、金星は甘えという天体でもあるので、「優遇に甘えてしまう」という意味を持ちます。
 思春期以後の26歳から35歳くらいまでは、太陽が受け持ちますが、これは獅子座の20度で、第3ハウスにあります。
 まず獅子座というのは、他の要求を受け付けないサインです。つまりは役に立たない人です。「自分が好きなことをしたいけど、誰かの要求は受け付けたくない」という意味ですね。好きなことができれば、それでもいいんです。で、第3ハウスというのは、子供が外で遊んでいるというイメージとか路上というもので、つまりは家に帰ってない、帰属していないということです。何かに組み込まれていないのが3ハウスの意味で、獅子座は外から来たものを受け付けない、そして第3ハウスは帰属しないということで、太陽が示す年齢の時期は、仕事などがあまりうまくはいかないことも多いと思います。
 太陽はあくまで能動的な意味を持つ天体なんです。お姉さんからの視点では、ほんとうにかわいそうで、なんとかしたいというふうに書いてありますが、どういう理由であれ、この太陽から見ると、仕事はそんなにしたくはないし、組み込まれたくもないという意味に解釈します。どんな事情であれ、それを使って、歯車に組み込まれない方向に、本人がわざとし向けていました、ということになります。
 月、基礎パワーが弱い。金星、甘え症。太陽、気ままに生きたい。人によっては、こういう組み合わせのキャラクタに我慢がならない人も出てくると思います。線が細いなら細いままで統一してほしい。気ままな状態なら、気ままな状態を維持できるように図太くやってほしい。組み合わせのミスマッチさが、やはり何か問題を作り出す場合はあると思います。

●援助の木星が第7ハウスにあり、受けの金星が本人の第1ハウスにあるので、自力で目標を達成というタイプではない

 だいたい、人生の雌伏期は、単純な計算で、1993年後半から始まり、2007年終わりで終了します。この間が地下生活期間で、今マンホールのふたをあけて、地上に出てくる時期です。同時に、年齢的には、そろそろ火星の年齢ですね。これから10年間は火星の影響が一番強く出てきます。火星はMCとアスペクトがあるので、なんらかの積極的な社会性が出てきます。同時に地下生活が終わって、デビュー時期なので、そろそろ活動するようになるでしょう。もう書いたように、これまでは獅子座の太陽の時代だったので、なんだかんだいいつつ、役に立つことはしたくなかったのです。
 火星はこの獅子座の気まま熱が冷えてきて、乙女座的な実務をするのも楽しいという度数なのですから、何か具体的に役立つ仕事をするのも、楽しくなってきたという時期になるわけです。ただし、話がはじめに戻りますが、火星ははずれるミサイルなので、職場で、何かうっかりミスをしやすいです。お金の計算とか、そういうのが入ってくるような仕事はしないように、という話です。
 仕事は何がいいのという話ですが、飲食店は基本的に蟹座です。そこには金星があります。しかし天体が一番多いのは、獅子座で、ここには水星、太陽、火星があります。そして第3ハウス。楽しいこと、遊びに関係するもの、第3ハウスはサバイバル的な神経興奮という意味もあります。この獅子座の群と、職場には曖昧さの海王星があってMCに90度ということから考えて、あまりお勤めには適してないです。このあたりの条件をふまえつつ、何がいいのか考えてほしいですが、自力で考えようとする前に、冥王星という強烈な天体が、他者を意味する第7ハウスに入って、刺激しているので、人の強引な意志によって動かされることが多いでしょう。そもそもが援助の木星が第7ハウスにあり、受けの金星が本人の第1ハウスにあるので、自力で目標を達成というタイプではないんですよ。
 もし不幸があるとしたら、そのすべての原因は、生まれてから7歳までの、家庭状況、家族との関係の中に発端があると考えます。エネルギィを奪われていて、基本的なパワーがないので、それを後天的に補充するのが良いです。なんか気功みたいな、単純でいいので、力をため込むような体操をすると良いのではと思います。身体能力とか、体力とか、フィジカルな要素を補強する体操は効果ないです。そこの問題ではなく、気の力ですね。それがスカスカなので、体力を充満させるのでなく、気を充満させる体操がいいと思います。で、習慣化する。これは後天的になんとかできる問題だと思うので、検討してみると良いと思います。

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
朝礼ざんまい詳細・購入ページへ(Amazon)
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!