毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2008.12.15

私はこの先どのような方向に目を向けていけばいいのかアドバイスをいただけないでしょうか?…

松村 潔

私はこの先どのような方向に目を向けていけばいいのかアドバイスをいただけないでしょうか?…
 
■占ってほしいこと
 生まれてからこれまでもち続けていた「自分は存在してもいいのか?」という不安が今年の夏に解消して根本的な考え方が楽観的に変わり、精神的にこれまでになく安定した日々を過ごせるようになりました。ところが、これまでの人生で関心を持って学んできたことは全てその不安を解消するという事と関連していたので、それらの事に全く関心を無くしてしまい、自分がこれからどこに目を向けていけばいいのか見当がつかなくなってしまいました。現状はこれまでの疲れが出て体調が良くないのでとりあえず先の事は棚上げにしているのですが、私はこの先どのような方向に目を向けていけばいいのかアドバイスをいただけないでしょうか?

--

ニックネーム:ぴよ子
生年月日:1970年03月27日
生まれた時間:午前10時45分
生まれた場所:京都府京都市


■回答

「自分は存在してもいいのか?」などという、存在感に関しての根本的な疑問は、牡羊座に関係した内容だと思います。占星術の12サインは、春分点から始まる牡羊座が種植え、成長が蟹座、刈り取りが天秤座、乾燥保管が山羊座というようなサイクルで動いていて、また新しく春分点から種植えがはじまるという循環構造です。
 つまり牡羊座の種植えという、春分点近くでは、いきなり縁もゆかりもないような場所に、自分が入り込んでゆき、そこで長く生き、成長しなくてはならないという意識が働くのですが、この場合、地上的に存在したいという強い欲求がなければ、環境からはじかれる恐怖がやってきます。
 で、ホロスコープの図形的な構造で考えると、下の4ハウスというのが大地で、上の10ハウスというのが、天に向かった場所です。植物でいえば、4ハウスに根っこがあり、10ハウスに、葉っぱとか花などが伸びていると考えると良いのですね。4ハウスは大地、地盤、ルーツ、集団意識などをあらわします。個が生まれる土壌であり、個ではないのです。4ハウスはしばしば家族と言われますが、家族というのは個を生み出す母体で、かならずしも、目前の家族だけでなく、民族性とか国家とか、地球というふうに大きな範囲で考えてもいいわけです。
 ぴよ子さんは、この存在の地盤という場所に、冥王星と天王星があります。で、太陽はその人の成長する本質的な面そのものを意味しますから、太陽に直接アスペクトを持っている天王星がより重要視されます。天王星の意味は、分離、距離を作る、独立、分岐、サブ、増設、普遍化などです。4ハウス全体がルーツだとすると、ぴよ子さんは、所属する集団意識、ロバート・モンロー式に言うと、自分が参加していたI/thereクラスターから、なんらかの理由で切り離された存在だと言うことになります。これは4ハウスに天王星があるからということだけではそうは言えないのですが、個としての存在の本質である太陽と関わっているから、そう思います。
 この切り離しにはなんらかの混乱があって、天王星は天秤座の7度で、7度には明暗の対比があります。天秤座の7度は、願望実現と、反動というものが衝突します。そもそも天秤座はもう書いたように、作物を成長したので刈り取る場所ですが、この刈り取りと、そこから来る反動というのが発生するのです。したがって、そこには、自分のやったことに対する、否定、迷い、揺れなどが発生します。自分のルーツから、離れてよかったの? それとも間違っていたのか? という揺れ現象が発生します。天王星は分離ということで、畑から、ひとつだけ苗を引っこ抜いて、違うところの土壌に植えてみようと思ったのですが、それが果たして正しいのかどうか、何か揺れているわけです。
 違う土に植えられた4ハウスのベースの上に、10ハウスの太陽に向かって、茎がまっすぐに伸びています。で、太陽は、牡羊座の6度で、これは新しい環境の中に、飛び込むという意味です。牡羊座は種植えと言いましたが、つまり太陽ー天王星の180度は分離して、違う土地に新しく植えるという試みなのです。牡羊座の6度は、環境の中に飛びこむ意味で、存在を実感するには、自分の環境の中に、体まるごとどっぷりと浸る必要があります。
 わたしはたくさんの牡羊座の6度の太陽の人を見てきましたが、ほとんどの人は、根本的に孤立感を抱き、弱気になると、すぐに環境からはじかれるという体験をするので、そう感じないためには、没入する必要があります。牡羊座には、太陽、水星、金星の三つがありますから、牡羊座が過剰に強く、これは休みなく、活動し続けないと、生きる実感そのものも失われてしまいます。

 で、これだけでなく、もうひとつ複雑な事情があります。ホロスコープでは、過去は2ハウス。未来は11ハウスです。人は過去からやってきて、未来に向かっていきます。2ハウスと11ハウスの間にはられた糸の上を綱渡りするように生きています。
 で、11ハウスの未来ヴィジョンを考えた時に、そこに火星・土星が置かれています。火星は牡羊座の支配星なので、つまり、ぴよ子さんの過剰な牡羊座活動は、この未来の場所に向かって走っていくということになるのですが、火星のそばに土星があると、それは時には、「停止信号」と受け取られることがあります。火星は動く、土星は止まれという意味だからです。なので、未来は停止しているというイメージが、時々襲ってきます。それはかならずしも正しくないのですが、少なくとも、甘やかされているヴィジョンとはとうてい言えません。未来は、楽しく、豊かで、幸福で、というイメージを持ちにくく、何か厳しいイメージです。
 異なる環境の中で、新しく植えられただけでも心細いのに、さらに、未来イメージはひとりで厳しい状況を想定しているということを考えると、結局本人がいうように、「自分は存在してもいいのか?」という話になりますね。
 それで、ぴよ子さんは、そもそも月は一体化の蠍座にあり、拡大の木星も蠍座にあるので、人なつこく、くっつく性格です。この幼少期に形成されてきた自分に対して、大人になってから成長する牡羊座の自分は、それを良くないことと考える傾向があります。べたべたしてはならない。依存してはならないと。このあたりも、ちょっと混乱する原因を作ります。

 で、未来に向けてずっと存在してもいいと思うためには、とりあえず、満足な未来ヴィジョンが提供されるといいという話になります。人間は死んだら、その後は存在しないという思想の人は、自分の存在そのものに、未来に否定というものが入るので、遠い未来であれ、存在しなくなるということは、もうすでに、今の存在も否定されているということを意識することになると思います。そういう人は、凶暴で暴力的になると思います。根底に恐怖があるからです。でも未来ヴィジョンが、今後も自分は何らかの形で続くだろうと思うと、時空の中での存在にリラックス感がやってきます。いまリラックスして生きるために、未来も続くというヴィジョンが必要なんです。
 で、11ハウスの火星なんですが、今年は、山羊座に木星、乙女座の土星があるために、この11ハウスの火星に、火星ー木星ー土星というグランドトライン、つまり正三角形ができています。三角形図形は、生産性などを意味します。木星、土星のセットは、教育的でまじめで、というようなアスペクトです。これは今年の7月くらいにできました。ぴよ子さんは、2007年の年末くらいに、これまでの経歴、仕事などから降りるようなサイクルになっているので、これまでの仕事などを続ける意欲は失っている時期ですが、それは今後の新しいサイクルをスタートさせるための準備期間に入るという意味です。
 進行の天体で、太陽と月が新月になるのは、2009年の10月で、それまではまだ新しいことをするような準備ができていないと思うので、しばらくは、空中を漂っていてもいいと思います。で、この9年の秋の新月は、牡牛座の14.7度あたりで発生し、それは生まれつきの火星の牡牛座14.20度に近いので、そうとうにいけます。つまり、もともと未来のために、火星は元気に戦闘的に活動するという意味なのですが、それにスイッチが入るのです。この新しく打ち出されたテーマを完了するには30年かかります。
「これまでの人生で関心を持って学んできたことは全てその不安を解消するという事と関連していたので、それらの事に全く関心を無くしてしまい、自分がこれからどこに目を向けていけばいいのか見当がつかなくなってしまいました。」ということですが、2009年10月までは、知覚の集合点の結合が起きません。なので、無理にあがいてもしようがないです。ぶらぶらしましょう。この期間がゆるゆるしているほど、次の結合はうまくいくでしょう。結合力がばらばらになっている間は、価値観も発生しませんが、来年の10月に、それは焦点を結びはじめます。そして、たぶんぴよ子さんは、ついでに金持ちになろうとします。金銭的、物質的豊かさは、存在証明としてかなりわかりやすい面があります。
 たぶん何か教えるような仕事をすると思います。しかも新しいことを。まだ誰もあまりなじんでいないようなことを、です。ですが、もう書いたように、今から急がず、9年秋まで待つと良いです。「自分がこれからどこに目を向けていけばいいのか」というのは、この間にゆっくりと見つかると思います。

 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!