毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2009.04.15

長男の事を相談します。高校卒業後2年間自宅に引きこもり、その後自動車関係の工場に勤務しました…

松村 潔

長男の事を相談します。高校卒業後2年間自宅に引きこもり、その後自動車関係の工場に勤務しました…
■占ってほしいこと
長男の事を相談します。高校卒業後2年間自宅に引きこもり、その後自動車関係の工場に勤務しました。去年の春に契約を打ち切られて自宅に戻ってきました。勤務している間に、借金を作っていたのが3年前に分かり私が返済しました。そして去年の春に新たな借金を作っているのがわかりました。失業保険の中から返済させていたのですが、給付が終わってもなかなか動かず、今は日雇いのいつ仕事があるかわからないアルバイトをしています。行き始めると粘り強くいくのですが、生活に困っているのにもかかわらずなかなか動きません。結局親がかりの生活です。お金の管理とか身の回りのことができなくて彼の行く末が心配になります。思い切って自宅から出して厳しくとも一人立ちさせたほうがいいのかとも考えます。彼の職業的な方向と金銭と結婚運も合わせてアドバイス頂けたら嬉しいです。宜しくお願いします。私は1960/02/29am6:48東京生まれ、女性です。

--

ニックネーム:りりー
生年月日:1983年12月16日
生まれた時間:午後0時2分
生まれた場所:福岡県福岡市


■回答

 1983年生まれだと、現在は25歳で、年末に26歳になるということですね。占星術では惑星を10使いますが、それぞれの惑星は発達する年齢が違うので、その惑星の働きにふさわしい年齢が来てから、生まれた時の資質がだんだんと開発されてきます。16歳から25歳ぐらいまでは金星の年齢です。これは感受性とか、好みとか、楽しさとか、あらゆる思春期的な要素というのが発達してくる年齢です。息子さんは、金星は蠍座にあって、しかも見栄を張る12度です。どんなに貧しくても人前に出る時にちょっとかっこつけたいというような意味でもあります。この周辺には土星とか、冥王星とか、わりにヘビーな天体が集合していて、この一帯が重いのです。そして8ハウスですから、それは借金を意味します。8ハウスはそれ以外にパラサイトという意味もありますから、この金星の年齢の時期には、十分に依存的だと考えた方がいいでしょう。蠍座も8ハウスも依存性を表すので、二重に強調されています。

 26歳から35歳ぐらいまでは、今度は太陽が強まってきます。この太陽は射手座の24度です。蠍座が依存性を表すとしたら、射手座というのは、自立性を表しています。それに射手座の太陽は、社会的な活動が最も高まる場所にありますから、息子さんは26歳以後から、だんだんと性格が変わってくると考えてもいいでしょう。積極的で戦闘的になって行くと考えてもいいでしょう。金星の時代の重たい天体の重なり具合と、太陽の時代の元気で活発な状態がかなりコントラストが激しく、その点から言えば心配は減っていくと思います。つまり息子さんがパラサイトそのものにあきてしまうという傾向が出てくると思うのです。

 ところでお母さんの姿勢ですが、息子さんのホロスコープから考えると、お母さんの性質というのは適切さがないように思います。ホロスコープの中で母親というのは月で見ることが多いと思うのですが、これは牡牛座にあり、お金を表す第2ハウスにあります。つまり母親がお金を与えるという意味に考えてもいいのです。それからまた月は、冥王星と180度で、ほどほどさというのがありません。なのでお母さんの保護とか援助というのは、常識の限界を超えているのではないかと考えます。このような癖がついてしまうと、例えば結婚した女性に対して過剰な要求をしてもそれは当たり前なのだと考えてしまったりすることにもなりやすいでしょう。月は私生活ですから、牡牛座の月は物欲が高く、それに冥王星と180度は、限界をこえた事態になっても、あまり気にしないという図太さです。そういう点ではある程度突き放した方が良いと思います。「思い切って自宅から出して厳しくとも一人立ちさせたほうがいいのかとも考えます。」ということですが、25歳の男子に向かって、一体どこが厳しいのかとみんなが疑問に感じるでしょう。息子さんは金星の時代には過剰な依存性を発揮しますが、たまたま今年の終わりから自立性の太陽の年齢にさしかかるので、やはり思い切って追い出してしまいましょう。
息子さんのホロスコープから見ると、お母さんのキャラクターは無理なことを言っても対応してくれるお母さんという構造が焼き付いていますから、ほんとはなんとかしたい。お金に関してはすべて対応しないという姿勢のほうがいいとは思うのですが、日本人なんでしょうがないなーと。

 計算上、息子さんの引きこもり期間は、2004年秋から、つまり19歳の後半から、2007年の秋までです。この期間はひきこもりをしていたほうが正解です。そして2007年の秋からは新人生のスタートとして、着地する時期でした。もう書いたようにそろそろ切り替え。お誕生日にどこかに出て行ってもらうのがいいのでは。

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
「数学的コミュニケーション入門」講座
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!