職場にいるちょっと変わった人たちが元気をくれる小説『日替わりオフィス』(田丸雅智・著)の発売を記念して、400字限定の小説コンテストをショートショートガーデンで開催! 「あなたの働きたい会社」をテーマに166作の応募があり、大賞は「四役所」、優秀賞は「ブラックワゴン社」が選ばれました。この2作品をパフェ猫シリーズで人気の漫画家・Jamさんが4コマ漫画にしました! 田丸さんの働きたい会社を描いた「無重力オフィス」とともに、自然を味わえる素敵な職場をお楽しみください。
 

大賞『四役所』(中谷直樹・著)

優秀賞『ブラックワゴン社』(rantan・著)
 

『無重力オフィス』(田丸雅智・著)
 

良い仕事を行うためには、拘束からの解放こそが必要だ。そんな方針のもと、社はオフィス改革に乗りだした。電子化促進にフリーアドレス制の導入。その動きは加速していき、ついには重力からの解放までもが実現した。すなわち、オフィスが無重力になったのだ。

慣れるまでは苦労したが、その効果は抜群だった。かく言うおれも、宙に浮かんで仕事をするので自然と肩の力が抜け、斬新な企画を次々生みだせるようになった。天井まで余すことなく空間を使え、ノビノビできたのも大きかった。筋力維持の運動が健康を促し、頭も冴えた。

だが、仕事がうまくいくにつれ、悩みが生じた。妻の小言が次第に気になるようになってきたのだ。

床の靴下を片づけろ。洗濯物をきちんと畳め。食器に洗い残しがある……。
目に見えないプレッシャーは、まるで重力のようである。
最近のおれは帰宅すると、こんなことをよく思う。
――ああ、早く会社に行って解き放たれたい。

 

@Jam ゲームグラフィックデザイナー、イラストレーター、漫画家。日常で起こる人間関係の悩みを描いたマンガ「パフェねこシリーズ」がTwitterで累計50万以上リツイートされ話題に。@jam_filter 

書籍関連情報

『日替わりオフィス』
地味なのに男性社員人気が高すぎる総務の江崎さん。居眠り常習犯でも、出す企画はすべてヒットする同僚のモニワくん。恋人がいなくても擬似恋愛でキレイになる後輩。「なんだか最近、あの人変わった?」と噂される彼らの秘密は、職場でのあり得ない行動に隠されていた。人を元気にする面白おかしい仕事ぶりが18篇収録したショートショート集

この記事をシェア
この連載の記事
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定