毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2009.10.01

イタリア語通訳者になるべく、勉強中なのですが…

松村 潔

イタリア語通訳者になるべく、勉強中なのですが…
■占ってほしいこと
 イタリア語通訳者になるべく、勉強中なのですが、以前見ていただいた西洋占星術の占い師に、イタリアに行くと、仕事ばっかりしてあまり家にいても楽しくなくて寄り付きたがらないから、日本に居た方がいいと言われました。しかし、考えてみると日本に居るときの私がどちらかというとそんな感じです。さらに、その占い師の方は、それでもイタリアは私の仕事の部屋に入っているなーとつぶやきながらそのトピックを終わりにしてしまったので、あやふやなままとなってしまいました。結果が良くても悪くても、これを仕事にしていくことは、心に決めていますが、土地との相性を見ていただけますでしょうか? また、通訳者として芽が出る時期を教えいただけますか?よろしくお願いします。

--

ニックネーム:カークラ
生年月日:1970年2月20日
生まれた時間:午後12時15分
生まれた場所:大阪府大阪市北区


■回答

 日本では、午後12時は正午をあらわす場合もあり、また夜中の0時という場合もあり、とても紛らわしいです。英米では午後12時は正午を示すので、時々日本と海外では反対になるのです。ここでは英米式に、正午から15分経過として計算してみます。太陽はその人の自主性をあらわす天体なので、昼になると外で仕事に出て、夜になると、家に閉じこもっていくという、正反対の性質が出てきます。
 ここで、仮に場所をローマに変えてみます。人生の主軸となる太陽は、お金儲けの第二ハウスに入ります。といっても、第二ハウスというのは、比較的のんびりしていて、自分の資質に忠実に生きるという意味でもありますから、あまりせかせかした活動にはなりません。
 社会参加をあらわすてっぺんのMCは、蠍座で、そこに拡大の木星があります。木星は増えるという意味です。ですから、仕事が増えるということになります。そして、それは第二ハウスのお金儲けの太陽と調和的な120度のアスペクトですから、のんびりはしているが、いつのまにか仕事が増えるということになります。で、太陽と木星が120度の人たちというのは、基本的に、大組織、国営的なものとか、大型の企業などに結びつきが増えます。その意味では、堂々とした、安定した仕事状況になりやすいという意味です。
「仕事ばっかりしてあまり家にいても楽しくなくて寄り付きたがらない」というのは、たぶん、家の場所である第四ハウスに、制限の土星があるからです。でも、この土星は拘束という意味で、家に縛られるのですね。土星と木星は180度なので、これは教えるとか教育的なアスペクトです。つまり、社会的な顔として、仕事のしかたとして、家に居て、何か教えるというケースが出てきます。水星は水瓶座で自由な活動をしようとする。でも、この土星、木星は牡牛座、蠍座なので、社会的な立場として、むしろじっと特定の場所に縛られる傾向がある。で、その手前の第三ハウスというのは、知性のハウスです。そこに、行動的なおひつじ座の火星があり、それはまたカークラさんの好きなことをしたいという獅子座の月と120度。場所はじっとしているが、そのぶん知性は気ままで自由に活発に働く。また近場をうろつくことに対しては衝動的で、行動が早い。
 なんにしても、木星土星の180度という、ある程度の年齢がきてから、晩年に向けて、カークラさんの重要な資質は、イタリアではもっとも目立つ場所に来て、通訳という仕事をしても、それ以外に教育とかに関係しやすいということになります。しかも公的な場所に強いというか縁が出てきやすい。
 日本で比較すると、日本では、太陽木星という大きな場所に縁というアスペクトは、木星が遊びのハウスに入り、さらにうかつで、気ままな海王星が職場の第六ハウスに入るので、その資質は隠れ気味です。それと教育のアスペクト、木星土星は自由な場での11ハウスで発揮されるので、仕事ではない集まりで発揮されることになります。ということは、経歴としては、イタリアのほうが有利な感じですね。
 子午線軸、つまりホロスコープの柱のような場所は、集団社会との関わりをあらわします。仕事はあくまで集団社会への関与のしかたです。日本では、太陽がこの縦軸に入り、イタリアでは、土星木星が縦軸に入る。なので、太陽が示す26歳から35歳くらいまでの間は、日本の活動が良くて、46歳以後、70歳くらいまでのある程度年齢のいく時期には、イタリアのほうが良いということになります。
 で、時期の話ですが、カークラさんの太陽は、いまおひつじ座の11度を進行中で、無謀なチャレンジを進行中です。戦闘的で実験的な行為は、まだ後19年くらい続きます。こういう時には、安定しないでも、飛び込むという姿勢が強いので、時期はいつがいいですか、というよりは、その気になった時に思い切ろうということになります。4年後に非活動的な落ち込みが一年とか二年あるので、その前か、あるいはその後がいいという話にもなります。来年は12年に一度のサイクルで、拡大の木星が太陽の上に乗ります。これも拡張の時期です。いつがいいですかと聞かれても、数ヶ月、数年、どういう範囲で計画中なのかわからないので答えにくいですが、夢を求めて飛び出したくなるのは、海王星が太陽に重なる2011年くらいからもう気配が始まります。
 いきなり行くと、イタリアでまた地味な数年を過ごして適応しなくてはならないと思うので、日本での勢いが終了する2014年をめどにすると良いのでは。イタリアでは2016年くらいから上昇運に入ります。つまりおいしいとこ取りをするなら、日本で2014年まで過ごす。その頃から日本で活動運が落ち始めます。そこからイタリアで準備を始めて、細かく勉強もしたりして、2016年くらいから活動をするというリズムが良いことになります。例の落ち込みの時期、進行の太陽が牡羊座の15.00度に突入するのは、いま計算してみると2014年ということになったので、2014年から二年間をなんらかの形でブランクにしてしまうと良いです。
 頑張りたい人から見ると、この落ち込みはとまどうばかり。しかしこういう時期が誰にでもあると思っていれば、14年と15年をぶらぶらして、力をため込むことができます。そしてイタリアでは16年から上昇運に。日本では、この時期はニート生活に突入という感じなので、16年以後日本にいると、2025年くらいまではおとなしい人になります。

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!