僕は今でも映像屋なので、映像屋のプロとして「どうしたら映像を少しでも楽しんでもらえるか?」という趣旨でここでの文章を書かせてもらっているのだが、まだ映像屋で第一線と言っても過言ではない場所で仕事をしている時には、逆に音楽に関係する、映像に関係する文章がお金になるなんて考えもしなかった。

 もともと、「文章を書く」という行為に関しては、とてつもないリスペクトの念があり、書くこと自体が仕事の一部になることすら「ヤバい」と感じるくらいなのだが、ここ数年、なんだか行きがかり上、政治にも詳しくなったりしていて、時折、政治に関する文章を書くよう依頼を受けてきたのだが、ことごとくお断りしていた。なぜなら、ウッカリ後世に残ってしまうような言葉を考え出すなんて、自分には無理としか思えないからなのだ。

 じゃ、映像はどうなのかと言えば、映像は文章や音楽に比べ、ちょっとだけ心理的に距離感がある。これが僕だけの感覚なのか、それとも多くの人がそう感じることなのかはわからない。ただ、映像が持っている人との距離感は映像をつくる上でとても大切なことだと思っている。

 でも、天才たちはちょっと違うのかもしれない。距離感もなにもない、とにかく人の視覚情報を支配してやまない、人の記憶にその体験を深く刻み続ける人が時折出現する。その中でも特にすごく大事な瞬間だったのが2003年、アメリカで発売された「ディレクターズ・レーベル」(*1)というDVDなのだが、この謂わば「90年代ミュージック・ビデオ大全」のような作品集に関わった最初の3人のディレクターは、いずれも「天才」という言葉が相応しく、それぞれが別の個性を元に、それぞれモンスター級の作品を生み出し続けた。

「ディレクターズ・レーベル」シリーズ第一弾のBoxセット。バラでも買える。

 この人たちの個々の作品に触れ始めるとこの連載30回分くらいの量になってしまうので、今後も事あるごとに彼らのことは書かざるを得なくなると思うが、まずは3人の名前だけでも皆さんには覚えておいてもらいたい。スパイク・ジョーンズ(*2)、クリス・カニンガム(*3)、ミシェル・ゴンドリー(*4)の3人。前回からのつながりで言えば、この人たちが世に出るのにはやはりマドンナが深くかかわっているし、デビット・フィンチャーとの親交も確認されている。フィンチャーの「ソーシャル・ネットワーク」のファーストシーンの撮影現場にスパイク・ジョーンズが立ち会っていたくらいなので、彼らはそれはそれはリスペクトしあっているのだろうな、ということは窺える。

 ということで、今回はその中でも1曲だけ紹介しておこうと思う。Björkの「It's Oh So Quiet」という作品だ。

 

スパイク・ジョーンズ演出・監督のMV。「It's Oh So Quiet」Björk(1995)。曲自体は、女優で歌手のベティ・ハットンの同名曲(1951)のカバー。

 映像屋の感覚で言えば、この3人の中で平伏(ひれふ)すのはクリス・カニンガム。もうこの人の作品は近付ける隙が見えない。そして一番大好きなのはミシェル・ゴンドリー。彼の作品はフランス的な仕掛けに溢れていて、それなのにいつも最後はどこかホッとさせる。そして一番ハンサムでみんなにわかりやすい作品を生み出すリア充、スパイク・ジョーンズが、誰にでもつくれそうでありながらも、どうにもこうにも映像の撮影から編集まで存分に理解していないと発揮されないセンスを、これみよがしに見せてくることにやられてしまう。

「誰にでもつくれそう」と書いたが、もちろん誰にでもつくれるわけではない。ただ、CG合成に代表されるテクノロジーを使いまくった作品ではなく、超スローと通常のどちらの映像の中でもリップシンク(*5)が合っているという不思議な感覚、今ではiPhoneでも撮影できてしまう技術だけで全編を押し切っている。だからこそハリウッドのミュージカル撮影所のようなセットが現代でも生きてくるという構造になっているのだ。とにかく編集のセンスが半端ない。それを逆算した撮影が半端ない。なんか映像屋の能力の差を見せつけられる思いだ。

 このDVDを買うと付いてくる付録に入っているメイキングを見れば、どんな風に撮影しているのかはわかってしまうのだが、ここでネタばらしさせてもらえば、最後の空を飛んでくるような設定も、実際のクレーンカメラの前についている台に本人が乗るという、極めてアナログな仕掛けになっている。

 とはいえ、今回一番、喰らったのは、ディレクターズ・レーベルの情報が日本語wikiにはないこと。こんな凄い作品集がメジャーじゃないこと。あ、この作品との出会いを書くはずだったのが、いつのまにか字数が満ちてしまった。それではそのエピソードはまたいつか。

 

 * 1 ディレクターズ・レーベル……著名な映像作家・監督別に編集セレクトした映像作品集。シリーズ第二弾も、マーク・ロマネック、ジョナサン・グレイザーなど豪華。

 * 2 スパイク・ジョーンズ(1969~ )……アメリカ生まれ。映画監督。俳優。監督作品は『マルコヴィッチの穴』『かいじゅうたちのいるところ』『her / 世界でひとつの彼女』など。

 * 3 クリス・カニンガム(1970~ )……イギリス生まれ。映像作家。VJ(アーティストの後ろで映像を流し、ショーを演出する)。

 * 4 ミシェル・ゴンドリー(1963~ )……フランス生まれ。映画監督。映像作家。『ヒューマン・ネイチュア』『エターナル・サンシャイン』『グッバイ・サマー』など。

 * 5 リップシンク(lip-sync)……映像の口や体の動きと、別どりした音を同じ時間の流れにし、同期させる=タイミングを合わせること。

 

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定