AI時代にリーダーシップは必要なのか?

竹中平蔵氏が政治・ビジネス・歴史・スポーツなど様々なジャンルから、名リーダーを一名ずつ選び、そのリーダーシップの秘訣を解説する人気セミナー。
次回2019年1月9日のテーマは、スティーブ・ジョブズです。

「AI時代にはスティーブ・ジョブズ的感性が求められるようになる」と語る、気鋭の経済学者、井上智洋氏をゲストにむかえ、第四次産業革命によってリーダーシップのありかたは旧来の日本的価値観からどう変化していくのかについて語り尽くします。

詳細はこちらをご覧下さい アカデミーヒルズスクール

 

【講座概要】

日時:2019年01月09日 (水) 19:00~20:30 
   ※受付開始は18:30頃を予定しております。
会場:アカデミーヒルズ(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)
受講料:税込み5,000円

【プロフィール】

竹中平蔵氏 (たけなか・へいぞう) 

アカデミーヒルズ理事長/東洋大学教授/慶應義塾大学名誉教授

1951年和歌山県生まれ。一橋大学経済学部卒業。博士(経済学)。
ハーバード大学客員准教授、慶應義塾大学総合政策学部教授などを経て、2001年小泉内閣で経済財政政策担当大臣を皮切りに、金融担当大臣、郵政民営化担当大臣兼務、総務大臣を歴任。2006年よりアカデミーヒルズ理事長、現在東洋大学教授、慶應義塾大学名誉教授。ほか㈱パソナグループ取締役会長、オリックス㈱社外取締役、SBIホールディングス㈱社外取締役などを兼務。
著書は、『経済古典は役に立つ』(光文社)、『竹中式マトリクス勉強法』(幻冬舎)、『構造改革の真実 竹中平蔵大臣日誌』(日本経済新聞社)、『研究開発と設備投資の経済学』(サントリー学芸賞受賞、東洋経済新報社)など多数。

 

井上 智洋 (いのうえ・ともひろ)

経済学者・駒澤大学経済学部准教授

慶應義塾大学環境情報学部卒業。
2011年 早稲田大学大学院経済学研究科で博士号を取得。
早稲田大学政治経済学部助教、駒澤大学経済学部講師を経て、
2017年~ 駒澤大学経済学部准教授。専門はマクロ経済学。最近は人工知能が経済に与える影響について論じることが多い。
2016年12月 日経ビジネス「次代を創る100人」に選ばれる。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定