毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2013.12.20

気になる本をツイートすると毎日抽選でギフト券が当たる「読みたイヤー2013」開幕!

気になる本をツイートすると毎日抽選でギフト券が当たる「読みたイヤー2013」開幕!

本キャンペーンの応募期間は終了いたしました。
たくさんのご応募、ありがとうございました。

2013年に電子化された作品からおすすめの20冊を発表!
その作品に関するツイートをした方の中から、抽選で毎日5名様に500円分のギフト券(コード)をプレゼントします。

応募方法

  1. フォロー!
    幻冬舎plusのTwitterアカウント @gentoshap をフォローする
  2. ツイート!
    下の対象作品から、気になる作品の「ツイート」ボタンを押して「#読みたイヤー」のハッシュタグを含んだツイートを投稿

以上で応募完了!当選者にはダイレクトメッセージ(DM)でご連絡します。

対象作品

会田誠『美しすぎる少女の乳房はなぜ大理石でできていないのか』

立ち読み

天才アーティストの頭の中はどうなっている!? よしもとばななさんが「とにかく信じられないくらい文章がうまい。ほれぼれしちゃう」と評す名文の数々。「北京でCM俳優をやった件」「僕のみみっちい『ユリイカ!』」「北京で憂国」「俺様ファッション全史」「僕の死に方」「ダーガーになれなかった/ならずにすんだ僕」「国際人はそんなに偉いのか」などなど、アーティストの日常から語られるアートの最前線。日本のアートが根源的に抱えている問題、作品と同じ社会通念に対する強烈なアンチテーゼが万華鏡のように語られ、読みはじめたら止まらない面白さ!! ほとんどの頁に著者本人の書き込み、落書きが入っている前代未聞のエッセイ集です。


大栗博司『重力とは何か』

立ち読み

私たちを地球につなぎ止めている重力は、宇宙を支配する力でもある。重力の強さが少しでも違ったら、星も生命も生まれなかった。「弱い」「消せる」「どんなものにも等しく働く」など不思議な性質があり、まだその働きが解明されていない重力。重力の謎は、宇宙そのものの謎と深くつながっている。いま重力研究は、ニュートン、アインシュタインに続き、第三の黄金期を迎えている。時間と空間が伸び縮みする相対論の世界から、ホーキングを経て、宇宙は10次元だと考える超弦理論へ。重力をめぐる冒険の物語。


きたみりゅうじ『人生って、大人になってからがやたら長い』

立ち読み

大人になってからの人生って、実は結構イベントが多い。結婚したり、子どもが生まれたり、家族のために生命保険に入ったり、マイホームを購入したり。一方で、仕事に行き詰まったり、体力の衰えを痛感したり、親の老後に備えてみたり。大変なことばかりだけど、そのぶん、大人だからこそ味わえる充実と感慨がある――。果てしなく長いように思える「大人になってからの人生」の苦労と喜びを、時にユーモラスに、時にセンチメンタルに描くコミックエッセイ。


劇団ひとり『青天の霹靂』

立ち読み

学歴もなければ、金もなく、恋人もいない三十五歳の晴夫。一流マジシャンを目指したはずが、十七年間場末のマジックバーから抜け出すことができない。そんなある日、テレビ番組のオーディションではじめて将来への希望を抱く。だが、警察からの思いもかけない電話で、晴夫の運命が、突如、大きく舵を切る――。人生の奇跡を瑞々しく描く長編小説。


國分功一郎『来るべき民主主義 小平市都道328号線と近代政治哲学の諸問題』

立ち読み

役所が決めたらそれで決定。こんな社会がなぜ「民主主義」なのか? 2013年5月、東京都初の住民直接請求による住民投票が、小平市で行われた。結果は投票率が50%に達しなかったため不成立。半世紀も前に作られた道路計画を見直してほしいという住民の声が、行政に届かない。そこには、近代政治哲学の単純にして重大な欠陥がひそんでいた。日本中から熱い関心が集まった小平市都道328号線問題。「この問題に応えられなければ、自分がやっている学問は嘘だ」と住民運動に飛び込んだ哲学者が、実践と深い思索をとおして描き出す、新しい社会の構想。


坂口恭平『幻年時代』

立ち読み

「幼年時代のたったひとつの神聖な記憶こそ、おそらく最高の教育だろう」といったのはフョードル・ドストエフスキーだ。建てない建築家であり、作家、画家、ミュージシャンとして注目を浴びる坂口恭平が書き下ろす、自らの幼少期、4歳のはじめて幼稚園に向かった400メートルの記憶。縦横無尽に織りなされる時間と意識の交錯は不思議な空間をつくりだす。幼き日の世界への違和感が私たちの中の感受性を激しく揺さぶる。自伝であり、小説であり、なにより言葉によって築かれた精緻な記憶の建築物に瞠目せよ。


清水ミチコ『主婦と演芸』

立ち読み

重箱の隅にこそ、真実が宿る!? 「キング・コング」を観た山口もえちゃんの天然すぎる一言。ワカメとメカブの意外な関係。飼い始めた猫に頭がちょっと馬鹿に。シャンプー時に立つか、座るか。何度会っても「初めまして!」と言う氷川きよし君。訪問販売を断る方法。5000円札を喜ぶ黒柳徹子さん。マルベル堂でプロマイド撮影。……芸能の仕事でも、主婦の日常でも、身近のささやかな発見をきっぱりすっきり痛快に綴る、日記エッセイ。


小路幸也『旅者の歌 始まりの地』

立ち読み

ここシィフルの地では、7の年の誕生日は、野獣に換身しうる「試の日」とされる。 主人公・ニィマールとその兄トゥールと姉ティアラ、婚約者のジェイラの四人は、同じ日に試の日を迎えた。 しかしその長い夜が明けると、きょうだいと婚約者はみな野獣の姿に換身してしまった。それもなぜか、人間の心を残したまま――。 野獣に変身したきょうだいと婚約者。 彼らを救うため、ニィマールはその名前を捨て、リョシャと名乗り、旅立つことを決めた。溢れる涙が止まらない、大長編エンターテンメント!


須藤元気『やりたい事をすべてやる方法』

立ち読み

格闘家、作家、俳優、ミュージシャン、世界学生レスリング日本代表監督。転身し続ける著者が実践している「複数の夢を叶える生き方」とは? 自身の体験に裏打ちされた「後悔しない技術」


貫井徳郎『後悔と真実の色』

立ち読み

“悪”を秘めた女は駆除する――。若い女性を殺し、人差し指を切り取る「指蒐集家」が社会を震撼させていた。捜査一課のエース西條輝司は、捜査に没頭するあまり一線を越え、窮地に立たされる。これは罠なのか?

男たちの嫉妬と裏切りが、殺人鬼を駆り立てる。挑発する犯人と刑事の執念。熾烈な攻防は驚愕の結末へ。第23回山本周五郎賞受賞作。


八谷和彦、猪谷千香、〔マンガ〕あさりよしとお
『ナウシカの飛行具、作ってみた 発想・制作・離陸――メーヴェが飛ぶまでの10年間』

立ち読み

メールソフト「ポストペット」の生みの親であるメディアアーティストがオープンスカイ・プロジェクトを始動させたのは37歳の時。宮崎駿監督が「風の谷のナウシカ」で描くナウシカの愛機“メーヴェ”を、自分の手で作ってみたい……最初は模型、次に実寸サイズの機体を制作し、ゴムで引っ張るグライダーでの飛行訓練を経て、ようやくジェットエンジンで飛翔するまで。――なぜ、どのように、架空の一人乗り機"メーヴェ”は実現したか。10年をかけたプロジェクトの全容。


花房観音『花祀り』

立ち読み

桂木美乃は、京都の老舗和菓子屋『松吉』で京菓子職人の修業をしていた。ある夜、主人の松ヶ崎に連れて行かれた一軒家。座敷では都中の旦那衆が待ちかねていた。「男を知らん女なんぞ、一流にはなれしまへん」。男たちの目に曝され羞恥で硬直する身体に、松ヶ崎の繊細な指が纏わりつく……。『女の庭』で京女の性を描ききり話題となった著者、幻のデビュー作! 第一回団鬼六賞大賞受賞。


姫野カオルコ『昭和の犬』

立ち読み

辛いこともあったけど、平凡だから、幸せなこと。
柏木イク 昭和33年生まれ
『リアル・シンデレラ』以来、待望の長編小説。

昭和33年、滋賀県のある町で生まれた柏木イク。嬰児のころより、いろいろな人に預けられていたイクが、両親とはじめて同居をするようになったのは、風呂も便所も蛇口もない家だった――。理不尽なことで割れたように怒鳴り散らす父親、娘が犬に激しく咬まれたことを見て奇妙に笑う母親。それでもイクは、淡々と、生きてゆく。やがて大学に進学するため上京し、よその家の貸間に住むようになったイクは、たくさんの家族の事情を、目の当たりにしていく。そして平成19年。49歳、親の介護に東京と滋賀を行ったり来たりするなかで、イクが、しみじみと感じたことは。

ひとりの女性の45年余の歳月から拾い上げた写真のように、昭和から平成へ日々が移ろう。
ちょっとうれしいこと、すごくかなしいこと、小さなできごとのそばにそっといる犬と猫。
『リアル・シンデレラ』以来となる、姫野カオルコ待望の長編小説!


藤田晋『起業家』

立ち読み

ベストセラー『渋谷ではたらく社長の告白』から8年。 ネットバブル崩壊、業界の低迷、再びのネットバブル。 絶頂の中、発生したライブドア事件、親友・堀江氏の逮捕、株価暴落、そして社長の退任を賭けて挑んだ未知の領域――。 その時、起業家は何を考えていたのか? 抱えた苦悩と孤独、そして心に沈めてきた想い。 焦り、嫉妬、不安、苛立ち、怒り、絶望――。 すべての真相を、今ここに! 魂をゆさぶる衝撃の告白。


真梨幸子『みんな邪魔』

立ち読み

少女漫画『青い瞳のジャンヌ』をこよなく愛する“青い六人会”。噂話と妄想を楽しむ中年女性たちだったが、あるメンバーの失踪を機に正体を露にし始める。飛び交う嘘姑息な罠、そして起こった惨殺事件―。辛い現実から目を背け、ヒロインを夢見る彼女たち。その熱狂が加速する時、新たな犠牲者が…。殺人鬼より怖い平凡な女たちの暴走ミステリ。


森沢明夫『虹の岬の喫茶店』

立ち読み

小さな岬の先端にある喫茶店。そこでは美味しいコーヒーとともに、お客さんの人生に寄り添う音楽を選曲してくれる。その店に引き寄せられるように集まる、心に傷を抱えた人々――彼らの人生は、その店との出逢いと女主人の言葉で、大きく変化し始める。疲れた心にやさしさが染み入り、温かな感動で満たされる。癒しの傑作感涙小説。


椰月美智子『その青の、その先の、』

立ち読み

ミュージシャンを目指してバンド活動をしている、誰もが振り返る美少女のクロノ。四人の中で唯一“初体験”を済ませていて、生徒会長に片思い中の睦実。弓道部で活動していて、友だち想いの夏海。そして、落語家を目指す大好きな彼氏が出来て、ファーストキスをしたばかりのまひる。悩みも夢も違うけれど、時に応援し合い、なぐさめ合い、確かに繋がっている四人のクラスメイト。だがある日、まひるを思いがけない試練が襲い……。

光り輝く宝物のような時間は大切にしないと、シャボン玉のように消えてしまう。最高の仲間と過ごした高校生活を鮮やかに描写し、多くの紙誌で絶賛を受けた、青春小説の新たな金字塔!!


山田詠美『明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち』

立ち読み

誰もが、誰かの、かけがえのない大切な人。失ったものは、家族の一員であると同時に、幸福を留めるための重要なねじだった――。突飛で、愉快で、愚かで、たまらなく温かい家族が語りだす、愛惜のモノローグ。感涙の傑作長篇小説! 「人生よ、私を楽しませてくれてありがとう」 ひとつの家族となるべく、東京郊外の一軒家に移り住んだ二組の親子。二人の兄妹に父側の弟が加わり、さらにその後、次女が生まれる。それは、幸せな人生作りの、完璧な再出発かと思われた。しかし、落雷とともに訪れた長男の死をきっかけに、一家の姿は激変する。母がアルコール依存症になり、家族は散り散りに行き場を失ってしまう。やがて、それぞれは自分に似合った悲しみを選択し、自身と家族の再生を目差すのだが……。 かつて誰も言葉にしてくれなかった「人生のアイディア」がちりばめられた、著者渾身の新たなる代表作。


吉田友和『LCCで行く! アジア新自由旅行 3万5000円で7カ国巡ってきました』

立ち読み

自由に旅程を組み立てて、一カ所でなくあちこち回りたい――そんな我が儘を叶えるLCC。旅の可能性を広げる画期的な移動手段なら大歓迎。格安だろうが、気軽だろうが、旅は旅なのである。片道から組み立てられる旅の魅力を体感するため、LCC元年である2012年初頭、旅人は雪国から旅立った。羨まし過ぎて、読めばあなたも行きたくなる!


よしもとばなな『すばらしい日々』

立ち読み

手が震え文字が血でにじんだり、かすれたりしてひとつも読めない血まみれの手帳。父・吉本隆明の血糖値の記録。それはどんな教えよりもはっきりと、最後まであきらめない父親の姿勢を教えてくれた――。産まれること、生きること、子を育てること、死ぬこと、看取ること。人間として避けては通れない時を、著者は娘として、親として、一人の女性として真摯に過ごしてきた。どんな苦しみの中にもある輝きと希望を紡ぐ珠玉のエッセイ。


応募要項

本キャンペーンの応募期間は終了いたしました。
たくさんのご応募、ありがとうございました。

応募受付期間
2013年12月20日(金)AM10:00 ~ 2014年1月1日(水)AM10:00
賞品
期間中、毎日抽選で5名様に500円分のギフト券(コード)をプレゼント
応募方法
ご自身のTwitterアカウントで、以下の2つを行うと応募完了となります。
  1. 幻冬舎plusのTwitterアカウント( @gentoshap )をフォローする
  2. 「 #読みたイヤー 」のハッシュタグを入れて読みたい本についてツイートする
抽選
毎日、前日のAM10:00~当日のAM10:00までにツイートしたアカウントを1口として、抽選の上当選者を決定します。
当選発表
当選の発表は当選者へのダイレクトメッセージ(DM)をもってかえさせていただきます。賞品のご案内もダイレクトメッセージで行います。
注意事項
  • 同じユーザーが複数のアカウントを使って応募することはできません。
  • 異なる日であれば1つのアカウントから何回でも応募できます。ただし1日に同じアカウントから複数回ツイートしても、1口として換算されます。

 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ヒリヒリ感に共鳴女子続出!痛くて沁みる異色マンガ。
  • 久住昌之と土山しげるが初タッグで描く、孤独な「食」との戦い。
  • 情熱大陸で話題!プロ登山家・竹内洋岳の言葉の数々
  • 民主主義は、戦争と独裁者がお好き。
  • ――カラダ──がまるごと愛しくなる、共感必至のエッセイ集
  • 幻冬舎上半期ベストセラー
  • 中谷美紀の大人気エッセイ 一挙電子化!
  • 幻冬舎plus+
  • ママもノンママも、すべての女性を応援!!
  • 石原慎太郎が田中角栄に成り代わって書いた衝撃!
読んだら誰かと語り合いたくなる衝撃のミステリー!
ヒリヒリ感に共鳴女子続出!痛くて沁みる異色マンガ。
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!