「歴史は繰り返す」っていうけど、いつの時代もやっぱり「ヒーローになるべき人」がヒーローになってるの?

幻冬舎大学でもおなじみ、『超現代語訳 戦国時代』『超現代語訳 幕末物語』他、歴史について書いた本がわかりやすすぎる!面白すぎる!と評判の芸人房野史典さんが、「今どうしても会って話したい方がいる」とのことで、今回、こちらの方をお呼びすることとなりました。

ビジネスシーンの最前線で活躍するトップランナーと、常に仕事でご一緒しているNewsPicks野村高文さん。

房野さんの「超現代語訳」は、戦国や幕末の世を、現代人にもわかるように非常にわかりやすく説明してくれていますが、実際に、「現代のビジネスシーンで活躍しているトップランナーたち」と、「戦国や幕末時代のヒーローたち」には共通点があるのでしょうか?

あるとしたら、
現代の織田信長は、誰っぽいの?
現代の吉田松陰は、誰みたいな感じ?
そもそも現代と当時なんて、社会情勢が全然違うけど、それでもトップランナー同士の共通点ってあるの?

知りたいですよね!

異色の対談が実現しました。

セミナー概要

<日時>
12月7日(金)19時30分~21時00分(19時開場)

<会場>
幻冬舎1号館イベントスペース
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-9-7
(東京メトロ副都心線「北参道」から徒歩1分
 またはJR・都営地下鉄線「代々木」から徒歩7分)
※会場には駐車場・ 駐輪場がありません。公共交通機関をご利用ください。

<参加費>
中・高生 1080円 (税込)/一般 2160円 (税込)
※大学・短大・専門学校生は一般料金になります。
※中・高生の方は当日必ず学生証をご持参の上、受付でご提示ください。

講師プロフィール

野村高文(のむら・たかふみ)
愛知県生まれ。東京大学文学部卒業。PHP研究所Voice編集部を経て、ボストン コンサルティング グループ(BCG)でビジネス開発を経験。編集×ビジネス開発の経験を活かし、NewsPicksでは記事編集の傍ら、2017年4月にスタートしたビジネスコミュニティ「NewsPicksアカデミア」のマネージャーを務める。
 

房野史典(ぼうの・ふみのり)
1980年岡山県生まれ。名古屋学院大学卒業。お笑いコンビ「ブロードキャスト!!」のツッコミ担当。無類の戦国武将&幕末好きで、歴史好き芸人ユニット「六文ジャー」を結成し、歴史活動も盛んに行う。初の著書『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』が話題になり、2018年は『笑えて、泣けて、するする頭に入る 超現代語訳 幕末物語』『時空を超えて面白い! 戦国武将の超絶カッコいい話』など、続々刊行。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定