11月12日に渋谷のロフト9で開催されるイベント「抜け道、脇道、寄り道フェス! ~<普通>を気にせず生きるには~」に向けて、出演者のみなさんに、

○今のあなたに至った3つの人生の転機
○落ち込んだときにすがる3つの回復方法

という質問を投げています、というのは前回書いたとおり。

今日から、出演者の方々をご紹介します。

Courtesy Mizuma Art Gallery

まず美術家の会田誠さん。

美少女、戦争画、都市計画など、幅広い作風でありながら、そこに通底してあるのは痛烈な社会への批評性。展覧会での作品が物議を醸しだすこともしばしばです。

会田さんは、幻冬舎plusスタート時から、「濃かれ薄かれ、みんな生えてんだよなぁ……」を連載してくださっていました。

しかし、「データを調べられない一絵描きが勝手にほざく『これからの日本』」シリーズにおける<議題:和食>前編で開店休業に。お詫びのご連絡をいただき、いったん終了となりました。

ただ、その後も単発で原稿をご執筆いただいたり、「濃かれ薄かれ、みんな生えてんだよなぁ……」のなかの「色ざんげが書けなくて」シリーズを電子書籍にさせていただいたりしています(「濃かれ薄かれ~」にはいろんなシリーズがあるのです)。

「色ざんげ~」の第1回はこちらで試し読みできます。

会田さんへご出演をお願いしたのは、2018年2月の「グラウンドノープラン」展で雑草とバラックの作品を拝見したことが大きく影響している気がします。雑草とバラックの美しさに胸を打たれたのです。

「『快適なバラック』こそ究極の理想」とそこで書かれていた、会田さんに、これまで歩んできた人生のお話をお聞きしたいなと思いました。

詳しくは、11月12日に!
(文・竹村優子)

幻冬舎plus presents
「抜け道、脇道、寄り道フェス! ~<普通>を気にせず生きるには~」

会場:Loft9 Shibuya
(東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 1F)

日時:2018年11月12日
OPEN 18:30/START 19:30

前売:2500円/当日:3000円(税込)+1オーダー

チケットを予約する

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定