毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2010.07.01

アメリカで研究職を続け、ポジション獲得の為努力してきましたが…

松村 潔

アメリカで研究職を続け、ポジション獲得の為努力してきましたが…
■占ってほしいこと
 アメリカで研究職を続け、ポジション獲得の為努力してきましたが、未だ目が出ません。そんな折、日本での職のお話を頂き迷っています。アメリカのほうが成功した時のやりがい、キャリア共に恵まれるのは間違いないが、そこに行き着けるかどうかは神のみぞ知るで、日本の方は私さえイエスと言えば決まる代わりに、研究者として大成することは難しくなるようです。この先まだ夢を追いかけるか、安定した暮らしを取るべきか、アドバイスを頂けたらと思います。

--

ニックネーム:ひよこ
生年月日:1968年1月24日
生まれた時間:午前1時46分
生まれた場所:大阪府大阪市


■回答

 ひよこさんの太陽は、みずがめ座の3度 で、組織とか会社に組み込まれずに自由に活動したいという性質があります。といっても、ひとりでするという意味ではなく、ローカルなどこかの場に埋没しな いという意味です。ローカルなどこかの場で役に立つというと、土の元素になり、それはおとめ座、山羊座、おうし座です。このうち、おとめ座の5度に木星があり、木星は拡大発展の天体です。人生のメインテーマであり、創造力の根源である太陽に従うとフリーになり、発展成功の木星に従うと、おとめ座で、どこかの組織などで役割を果たすということになります。
 ただ、木星は孤立していて、その方向で行くと、閉じ込められてしまいそうです。また太陽のほうは、新規なものをあらわすおひつじ座の土星とリンクしていますから、新しいことで、長期的に取り組むテーマがあることになります。太陽のほうはわりに発展的なんですね。
 で、占星術では一番重視されている太陽ですが、ひよこさんの生まれだと、アジア地域では、基本的に社会の表に出るよりも、見えないところで、じっくりと研究したり、仕事したりするという配置です。
 東経115度 前後がボトムで、日本はそれより東ですから、日本だと勉強とか先生とか、研究とかにも関係してきます。これは現場で、技術的なことに取り組むというような 意味です。そして日本では、木星が頂点的な位置にきますから、さきほど、組織とかローカルな場の中で役割を果たすということが強まります。つまりどこか組 織に属する中で、教師的なものをしてみたりするような感じでしょうか。
 太陽は、こんどはアメリカの場合には、北アメリカの東寄りで頂点的な位置にきます。ニューヨークなどが入る経度の縦線を引いてもらうと良いのですが、このあ たりが、ひよこさんの人生が山のてっぺんにくるようなところです。また北アメリカの東に行けば行くほど、研究、大学などとの縁が高まります。いずれにして も、ひよこさんのステータスは、日本よりは高いです。地下的なアジアと、頂点的なアメリカという対比です。もちろん人によって反対になることもあります。
 それで、時期的なことでいえば、ひよこさんは、日本に戻ると、いまから一番おいしい運に入ります。それは一年前からです。それに木星の状況から、日本では職 業的に優遇されます。なにをやっても、ある程度うまくいきます。運があがっているので、六年後とか七年後にピークに達します。全体としては、もう書いたよ うに、それでも、ある程度地味な立場の上において、ということです。その枠の中でピークに達するわけです。
 アメリカに行くと、いまから表に出る前に、まずは、あまり目立たず、こつこつと作業したり、テーマを追いかける状態が、たぶん十年以上は続きます。なので、日の目を見るのに時間はかかります。頂点的な位置といっても、そこにたどり着くには時間がかかるということです。
 つまりは目前の盛り上がりをとりたい場合は日本。十年以上努力し目立たずだけど、あとになってより大きく評価されるのを取りたいのなら、アメリカです。ひよ こさんが聞いてるのと同じことを答えてますね。これがもし日の出生まれだとすると、環境なんかどうでもいい、することは同じ、となってしまうのですが、ひ よこさんの場合、そういう人でもないし。日本とアメリカを両方活用するのが一番いいんですが。盛り上がっている間は日本。そのあとはアメリカというのもあ りますが、しかし中断すると台無しになる場合には、もう少し慎重な計画のほうがいいですね。わたしは、太陽から見て、長期的な計画のほうが良いとは思います。これは個人的な意見です。
 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!