何かを売るときは、“何”を売るのかを明確にしないといけない。

「ドリルを買う人が欲しいのは、『穴』である」という言葉がある。

新型ドリルを売り出すときは、ドリルの持ち手をイカした人魚のモチーフにデザインするより、楽に穴が開けられるように改良するのがいいのだ。イカした人魚が大好きな人にしか売れない商品はヤバみである。

“猥談バー”という、「猥談が好きな人が集まって猥談をする」というイベントをやってるうちに気付いたのは、猥談バーに何度も来てくれる人は「楽しく猥談できる場」に来ていて、「面白い夜」を求めてる、ということだった。クラウドファンディングで集まった資金でリアル店舗にするにあたっても、猥談バーが好きな人が求めてるものを素直に提供していくべきなのである。でなければイカした人魚になる(イカした人魚ってどんな感じなんだろう)。

というわけで、前回のコラムで書いたように、僕がめっちゃ遅刻して集まったスタッフ会議でも、このことを共有した。その上で、会議ではお酒のメニュー決めをやった。これがなかなか、難しいのである。

バーと違って、これからオープンするのは、猥談バーなのだ。

しっとりした空間ではなく、楽しく猥談できる場。

お酒を提供するのではなく、面白い夜を提供する。

となると…メニューは…?

話していく中で出た結論は、なるべくお酒をシンプルにしよう、というものだった。

確かによく考えると、お酒を選ぶ時間、というのは、猥談できる時間を削るのだ。3000円の飲み放題コースがあれば、気軽にサクサク頼める。飲み放題のお酒もなるべくシンプルに…と考えていくと、ノンアル合わせて9種類。飲み放題という概念が誕生した当初みたいなラインナップになったのである。ポケモンでいうとカメックスとかリザードンくらい安定感がある。

店舗打ち合わせが終わり、このメニューのシンプルさにおおいに満足した。フードもなし。赤子のような処理能力の僕にとって、仕入れも楽なのである。

だが、これだと面白さには欠ける。

お酒の仕入先の人に「猥談バーというバーをやる予定でして…なんか合いそうなお酒ないですかね~?」と聞いてみたら、「デュカスタン」という哺乳瓶型のビンのブランデーをオススメされた。検索してみたら、かなりナイスなお酒だった。
 

 

(いい具合に虚ろな目である。)

というか哺乳瓶っていいな…哺乳瓶でお酒飲むツイートよく見るし、性別関係なく、赤子みたいに哺乳瓶からお酒飲みたいんじゃないかな…キープ哺乳瓶を導入するか…。

ただ、哺乳瓶以外のアイデアが生まれず、このままだと猥談哺乳瓶バーになってしまう。終わりだ。バブみがすぎる。

そんなときに、猥談バーの1回目から来てくれている常連の友達がこんなアドバイスをくれた。

「“初体験”とか“性癖”とか頼んだら猥談がしやすくなるきっかけになる名前のお酒があると最高だなと思った!

『すいませーん、“ドM”ひとつくださいー!』とかいう会話飛び交ってるの想像しただけでニヤニヤだわ!ここだけにしかない猥談とここだけにしかないお酒があると通う理由ができるよね」

え…待って…めちゃいいアイデアかよ……“寝取られスカッシュ”みたいな酒あったら頼みたい…寝取られエピソード話したい…。

その後、猥談バーのスタッフ同士のチャットでも、こんな会話がでた。
 


ワ淫。シンプルだがワードにパンチがあってめちゃよい。メニューを見てるだけでウケピアス。こういう単発のメニューも、猥談を盛り上げるなら、加えていくことになった。

僕はこういう、細かいウケピアスなアイデアを1人で出すのが苦手なタイプだ。それに、自分がお客じゃなく、つくる側の立場になると、どうしても考えが鈍る。

むしろ、色んな人と話してたり、一緒に考えたりすると、楽しいことが浮かんでくる。最近は自分の苦手な部分が分かってきたので、赤子だと思ってもらって、色んな人に助けてもらっている。最高な人しかいないかよ!

ドリルをつくるときに、1人でつくる必要はないのだ。

ドリルをつくるときは、穴をあけたい人と一緒につくるのがいいのである。

というわけで…このコラムを読んでいる人の、エロいお知恵も借りるつもりだ。
猥談バーに置いてあったらウケピアスなお酒の名前、教えてね!では!!


【公募】~猥談バーに置いてあったらウケピアスなお酒の名前~

エロくて猥談が盛り上がりそうな名前だったら採用~~~~!
名前にあわせてお酒を決めちゃいます。採用された人には、猥談バー来てくれたらそのお酒【3杯】奢るから、猥談ネーム(ペンネーム)もお願いします!

応募先は【質問箱】https://peing.net/ja/boogie_go

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定