毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2011.01.15

現在、アジアを拠点に、開発途上国での人々の健康を支援する仕事をしています…

松村 潔

現在、アジアを拠点に、開発途上国での人々の健康を支援する仕事をしています…
■占ってほしいこと
 仕事と生活に関してアドバイスを下さい。現在、アジアを拠点に、開発途上国での人々の健康を支援する仕事をしています。希望の仕事に努力の結果、採用されやりがいはあります。しかし、実家での問題、父と母の離婚協議が進まない事や、祖母の介護、うつ病気味の姉の事情等があり、自身も日本で暮らして家族を支援する方がいいんじゃないかと悩んでいます。また、この様な生活と家族の問題で、自分が結婚できるかどうかも心配です。よきアドバイスをお願いします。

--

ニックネーム:まさみ
生年月日:1976年6月11日
生まれた時間:午前3時00分
生まれた場所:千葉県市原市


■回答

 海外は占星術で射手座と考えます。まさみさんの世代は夢見の海王星が射手座にあるので、海外は夢を果たす場所になりやすいです。しかもまさみさんは、月というのが射手座にあるので、海外で誰かと関わることは、安定した生活の基礎にもなりやすい面がありました。夢と地盤が、海外にあるということだったのです。
 で、金星と太陽はふたご座にあり、この射手座グループと、180度でした。180度というのは、意識の投射というか、ターゲットです。で、金星はだいたい16歳から25歳まで。太陽は26歳から35歳くらいまでを受け持ちます。この16歳から35歳くらいまでは、海外をターゲットにすると考えてもいいわけです。
 ところが、これからは年齢的に、35歳、36歳以後の火星にウエイトが移動してきます。火星は、まさに家族をあらわす第四ハウスにあるのです。その後46歳以後の木星はおうし座で、これも比較的ドメスティックです。そういう点では、まさみさん本人が言うように、ぼちぼち、そろそろ家族のほうに目を転じたほうがいいのではないかと思います。ちなみに第四ハウスの火星というのは、家族の中で怒ったり、言いたいことを言ったりします。けっして黙ってはいません。しかも表現力のある射手座だし。自分が主役になって、話を持っていくほうがいいです。ちょっと芝居がかっています。もともとがまさみさんは、感性がからっとしていて、あまりじめついていないです。
 結婚は来年を狙いましょう。今時期、もうそろそろ、いままでの仕事をやめたいと思っているはずです。もうちょっと飽きた感じ。タイミング的に退職時期なんです。で、少しずつ暇がほしいと思っている矢先、結婚はちょうどいい頃合いです。そういうことに時間を使うことのできる時期に来ています。

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!