アメリカは11月の中間選挙を前にトランプ大統領の脱税疑惑が報じられたり、「トランプの忠実な代弁者」とされてきたヘイリー国連大使が辞任を表明するなど揺れているが、トランプ支持者は相当に強固な岩盤と化しており、崩れることはないのではないかというのが専門家の見立てらしい。トランプ支持層には、「オルタナ右翼」と呼ばれる排外主義的な極右思想の集団や、陰謀論に傾倒して「信じたいものだけを信じる」集団などが形成されている。日本で言う「ネトウヨ」がさらに症状を悪化させたような状態だ。そして、自己都合で過激な極右思想に対抗して活動しているのもまた、何事も自己都合に解釈する極左の集団である。

 

オルタナ右翼「えっ、テイラーは僕らの女神じゃなかったの!?」

 10月7日夜、アメリカで若者からの絶大な支持を誇る歌手テイラー・スウィフトさんが、1億1200万人のフォロワーを持つ自身のインスタグラムで、突如、11月の中間選挙では地元テネシー州の与党・共和党の候補を支持しないことを表明、投票を呼びかけた。テイラーさんは、これまで自身の政治的信念を一切表明してこなかったため、この呼びかけは驚きを持って瞬く間に広まり、投稿後24時間で6万5000人が有権者登録の手続きを行ったという。トランプ大統領は、記者につつかれ「彼女の音楽を前より25%好きじゃなくなった」と発言している。

 

「共和党不支持」を表明したテイラー・スウィフトさんのインスタグラム。

 

 この事態に発狂しているのは、極右思想でトランプ崇拝状態となっているオルタナ右翼である。ワシントンポストによると、テイラー・スウィフトさんはオルタナ右翼からなぜか「隠れトランプ信者に違いない」「僕らの女神だ」「ネオナチ(白人至上主義)のアイドル!」などと信じ込まれてきたため、今回の表明によって“like a hammer”まるでハンマーで打ちのめされたような衝撃を受けているという。本人が政治的信念を一切表明してこなかったのに、なぜ「僕らの女神だ」などと信じ込まれてきたのか?

親トランプの急先鋒「ブライトバート・ニュース・ネットワーク」でも、『オルタナ右翼のポップアイコン』(2016/5/11)として紹介されていた。

 

 テイラーさんは、もともと人気に比例して「歌詞がバカっぽい」「カントリー出身だから保守系なんだろう」などと難癖をつけられ嫌われてきた経緯があったようだが、「ネオナチのアイドル」と化した最も大きなきっかけは、数々の差別・排外主義を扇動した末に、現在アメリカのネット企業から締め出され、ロシアのサーバーに移転したネオナチサイト『Daily Stormer』が2016年に報じた妄想記事のようだ。

 この年のアメリカ大統領選挙でトランプ大統領が誕生することになるが、記事は「テイラー・スウィフトは『アーリア人の女神』と称えられている」とし、テイラーさんがまるでナチスであるかのように紹介。記者は「テイラー・スウィフトは隠れネオナチだ。ドナルド・トランプが大統領になり、自分がネオナチであることをカミングアウトする時を待っている」「彼女はトランプの息子のいいなずけとなり、アメリカ王室を築くであろう」などと発言した。もちろんテイラーさん本人はなにも発言していないのだから、まったく根拠のない荒唐無稽な誇大妄想なのだが、テイラーさんをアイドル化した極右思想のコミュニティがSNS上に形成されるなど「妄想」は波及していった。

 そしてこの妄想が、現在まで脈々とトランプ信者のなかで温められ、信じつづけられた結果、今回、初の本人による「共和党を支持しない」発言によって、オルタナ右翼の棲息するネット掲示板には「うおおおお! なぜだあああ!」「俺たちの女神が極左に寝返っていた!」「俺は動物のように暴れ、本を投げ、新聞を投げ、そしてノートパソコンを投げ飛ばした!」などの悲鳴が溢れかえっているのであった。信じたいものだけを信じることは、なんとむごたらしいことか……。

匿名掲示板「4chan」で絶叫する人たち。「It was one of the worst days of my life.」――それは私の人生最悪の日だった、らしい。

 

極左も勝手にテイラー・スウィフトを「ナチス」呼ばわり

 しかし、信じたいものだけを信じていたのは、極右だけではない。テイラーさんは、10代~20代の女子には絶大な支持を受けているが、一部のフェミニストからは猛烈に嫌われており、そのセレブぶりを「バカそう」「女のイメージを退行させている」「自己顕示欲が不愉快」「自己満足の偽フェミニスト」などと非難され、しまいには「トランプ大統領を批判していない」「反トランプデモに参加していない」などの理由で「ナチスのバービー」などと揶揄されてきた。

 さらに、2017年11月に発表された曲『Look What You Made Me Do』については、その歌詞の内容が「白人至上主義を標榜する極右勢力にとって、自分たちの主張の正しさを再確認し、トランプの台頭を表現したものになっている」などと解釈する極左のブロガーが現れた。このブロガーは、ミュージックビデオのなかで、ボンテージファッションに身を包み、舞台上で扇動するように歌うテイラーさんを、ヒトラーの演説姿にそっくりだと指摘。「尋常ではなく、不穏なものだ」とまで言及した。

Taylor Swift “Look What You Made Me Do”のミュージックビデオのワンシーン

 

 この演出を見て、歌っている本人の政治思想にまで勝手な妄想を被せてしまうのは過剰反応すぎるのではないかと思うが、はじまった攻撃は止まらない。歌のなかの「I don't like your kingdom keys, they once belonged to me(あなたの王国の鍵が嫌い、彼らは私のものだったのに)」という歌詞については、バージニア州シャーロッツビルで起きたデモのなかで、白人至上主義団体KKKが街を練り歩きながら唱えていた「Jews will not replace us(ユダヤ人に追い出されはしない)」というフレーズを彷彿とさせるとまで指摘がなされた。

シャーロッツビルでの白人至上主義集団による異様なデモの様子(VICEより)

 

 それはいくらなんでも無理があるだろう。ちなみにこの『Look What You Made Me Do』という歌は、テイラーさん本人にこれまで降りかかった数々のスキャンダルへの皮肉を歌詞やミュージックビデオ内の衣装などで表現したものであり、KKKのフレーズだと曲解された部分は、ファンの間では有名な「テイラー・スウィフトのバックダンサー3名を、ケイティ・ペリーが奪った件」(誤解もあり、すでに和解済み)が暗示されているというのがごく一般的な解釈だ。

 なんにしろ、はじめて政治思想について口を開いた本人は、共和党支持者でも、トランプ信者でも、ネオナチの女神でもなかったのである。右も左も、憎悪のための憎悪を募らせて暴走してゆくと、本当に単純な部分が見えなくなる――「待ってよ、本人、なにも言ってないじゃん!」。笑い話のようで、笑えない……他山の石としたい。

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定