ベストヒットUSAという番組に関わってたことがある。この番組の第1期は1989年に終了してるので、ちょうど僕が高校から大学にかけてやっていた番組で、もちろんその当時には一視聴者として毎週エアチェック (*1) してた側だ。大学を中退してしばらく様々な番組のアシスタントをしたり、実家の土建屋を手伝ったりしてた時に、TVK(テレビ神奈川)の音楽番組全盛期を支えてたプロデューサーと出会い、その人の会社で働くことになった。その会社で1995年から地方局への番組販売という形で復活したのが第2期になる。その時のディレクターに選ばれたのだ。

 番組は復活版も第1期の構成を踏襲した。小林克也という人は細かいことに口出しはしないが、全体のトーンに関してはとてもこだわる人で、2つだけぶつかったことがある。1つは、第1期の時からお馴染みだったオープニング。レコードジャケットがバタバタと倒れてくるあの映像を僕らもコピーした。もちろん実際のレコードジャケットを倒して、それを撮影してた第1期とは違い、僕らの時にはCGでの合成なのだが、それを作って番組が始まった2年目くらいに、「どうしても最初の1枚を取り替えたい」という要望が克也さんから上がって来た。

 その1枚目のジャケットはTLC (*2) の「Crazy Sexy Cool」で克也さんに言わせれば、彼女たちは「まだアーティストとは言えない」という評価だった。ベストヒットUSAは単なるチャート番組ではなくて、いわゆるアメリカのカルチャーを伝える「ジャーナリズム」なんだ、という意識があるとその時にハッキリと話していて、僕はジャーナリズムなら余計に「TLCは90年代を象徴するアーティストだ」という思いがあった。そこから1年くらいその件での話し合いが続いて、話し合いが煮詰まった1年後に僕が番組を辞めた後にオープニングが全取っ替えになった。

TLCの2ndアルバム「Crazy Sexy Cool」のジャケット。「Creep」「Red Light Special」「Waterfalls」と、シングルカットする曲が次々大ヒットした。

 

 「Crazy Sexy Cool 」の1stシングル「Creep」。MVの見応えとしてはHollywoodのユニバーサルスタジオの中に大きな池と書き割りを作り、CG合成もふんだんに使われた「Waterfalls」が有名だが、ここでは敢えて「Creep」を紹介させてもらう。なぜかというと、この作品の中で使われてるクレーンによるアクションは、本来の「移動感を見せる」というよりも、「画面にリズム感を感じさせる」「映像に色気を加える」という意識での使い方になっている。この感覚と手法は、この後に数多生まれるR&B女性アーティストのMVの最低限の基本型として成立してるとも言えるからだ。

 

 この時期に多くのアーティストと出会い、スタッフとの繋がりが出来たのはひとえにこの番組のお陰で、こういうエピソードもいろんな意味で肥やしになってる。

 ちょうどその頃、克也さんの番組をやってるということで、レコード会社の人やプロダクションの人から、「どんなPV(当時はMVはPVとよばれていた)を観ると勉強になるかな?」とよく聞かれていたので、必ず「マイケル・ジャクソンとマドンナのベスト版を全て観てください」と答えていた。やはり、この2人はMTVという新しい放送局、メディアの象徴であり、常に視覚を刺激する新時代を切り拓いていた。当たり前に名前が上がるのに、当時は当たり前すぎてチェックするという感じでもなくなってたから、敢えてそう答えていたものだ。

 マイケル・ジャクソンの「Thriller」もマドンナの「Like A Virgin」も初めて観たのはもちろんベストヒットUSAだったし、この2人の作品はそれからもほとんど当たり前に追いかけた。ただ、克也さんと揉めた二つ目のエピソードは、その2人の番組内での扱いだったのだけど、その話はまた後日。

 

*1 エアチェック……気に入ったラジオやテレビ番組を、カセットテープやビデオテープに録音・録画すること。いま使っている人はほとんどいない音楽用語

*2 TLC……1992年デビューの最強の女性R&Bグループ(メンバーの事故死があり、現在は2人)。2ndアルバム「Crazy Sexy Cool」は全米だけで1000万枚以上のセールス、グラミー賞2部門を獲得(96年)。WARNER MUSICのTLCプロフィールによれば、「世界のアルバム総売上6,500万枚以上。ガールズR&Bグループとして史上最高の売上記録を保持」してるらしい。そういう輝かしさもすごいが、純粋にかっこいい。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定