資料作成、プレゼン、依頼……仕事をしていると、誰しも「伝え方」に悩むことってありますよね。そんなときに意識したいのが、「数字」で相手に伝えること。たったこれだけで、仕事の成果がグンと上がるそうです。『マンガでわかる デキる人は「数字」で伝える』には、その具体的なコツが満載。マンガだからサクッと読めて、すぐに実践できますよ。今回は特別に、本書の一部を抜粋してお届けします。

◇◇◇

 

◇ ◇ ◇

 現在、幻冬舎では期間限定で幻冬舎最大規模の電子書籍フェア「電本フェス」が開催中。(9月27日まで)最大70%OFFで幻冬舎の電子書籍ほぼ全品がお楽しみいただけるこの機会に、ぜひ気になったタイトルを読んでみて下さい!

◆落合陽一『日本再興戦略』1,330円→399​円(税抜)
◆田端信太郎『ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣』1,425円→855​円(税抜)
◆恩田陸『蜜蜂と遠雷』1,440円→864円(税抜)
◆奥田昌子『内臓脂肪を最速で落とす 日本人最大の体質的弱点とその克服法』741円→222円(税抜)
◆長谷部誠『心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣』618円→370​円(税抜)
◆小林弘幸『死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい』800円→480円(税抜)

 

→全ての値下げ対象作品を見る

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

深沢真太郎『マンガでわかる デキる人は「数字」で伝える』

計算、グラフ、論理的な話し方……マンガで学べば怖くない! 社を挙げての新規プロジェクトに抜擢された、営業部エース晴美。経営幹部の説得、資料づくり、プレゼンと、これまで気合と笑顔で乗り切ってきた晴美に立ちはだかる壁の数々。そんな晴美の前に現れたのが「数会話コンサルタント」秋葉。「数字はコトバなんだよ」という秋葉に導かれ、晴美が一世一代のチャレンジに挑む!