みんな大好き、「ビリギャル」の先生。
ビリギャルの先生は、学年一成績の悪いビリのギャルに希望を与え、慶應大学に入学させちゃったという”奇跡の達人”です。私もあんな先生に出会いたかったなあ…なんて声もたくさん聞きました。
そんな「ビリギャル」の坪田信貴先生も、『超現代語訳 幕末物語』のことを大絶賛してくださっています。
坪田先生のメッセージによると、「教科書の機能」と「面白さ」を両立させることは、実はとても難しいことなんだそうです。ところが、この本は、奇跡のバランスで成り立ってるんだとか…!!

ということで、坪田信貴先生からの激賞メッセージを紹介させていただきます。

「面白さ」と「教科書の機能」は、どちらかを犠牲にしないと成り立たないものだが、この本では奇跡的に成り立っている!

「面白い歴史話の本」は世の中にたくさんありますが、「面白さ」を前提条件にすると、「過不足」が出まくり、「教科書」としては使えません。

 その点、本書は、めちゃくちゃ面白いのに、「歴史の教科書」として必要な「栄養素」が余すことなくきっちりつめこまれてパッケージされています。しかも、学校の教科書のように味も素っ気もなく詰め込まれたものでなく、「非常においしく調理されて」います。

「読み物としての面白さ」と「覚えなければならない知識」は二律背反で、どちらかを犠牲にしないと本来は成り立たないものなのだと思いますが、この本は房野さんの“翻訳力”で、奇跡的に成り立っているのです。

 そして何より、「歴史は人類最高レベルの偉人が主人公の金権力女に群がる昼ドラだ!」が僕の持論なのですが、この本はそれを実感させてくれます。

 ――坪田信貴(『ビリギャル』著者、坪田塾塾長)

*  *  *

どんな人にも、その人の才能を見出して、やる気にさせて、成功に導いてくれるのが、坪田信貴先生です。
坪田先生は、本当に必要な勉強を知っています。
本当に成功したいなら、何をすべきかを知っています。

せっかくですので、そんな坪田先生の本もあわせてチェックしてみましょう!

坪田信貴先生の本

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話[文庫特別版] 』(角川文庫)

いわずと知れた、大ベストセラー!映画にもなったので、みなさんよくご存知ですね。
「聖徳太子」を「せいとくたこ」と読むような、成績がビリのギャルが、まさか慶應に現役合格できるなんて…。奇跡でしょ!奇跡でしかないでしょ!と思うかもしれませんが、本書を読むと、奇跡なんかじゃなくて、勉強の仕方なんだな、指導の仕方なんだな、ということがよくわかります。何度読んでも気づきのある、”必然のロングセラー”です。

 

『どんな人でも頭が良くなる 世界に一つだけの勉強法』(PHP研究所)

本書には、ビリギャルを成功に導いた、考え方、取り組み方が整理されています。すぐにも真似できるし、すぐに役立つ内容です。
「勉強が嫌いな人」「自分は頭が悪いと思っている人」「先生から教わった勉強法では成果賀でなかった人」は、目からウロコが、落ちまくるでしょう!

 

ほかにもたくさん著書を出されているので、ぜひチェックしてみください。

そして……
10月10日には新刊も発売になります!
そのタイトルは『才能の正体』
ビリギャルの坪田先生だったら、きっと「才能の正体」について知ってるはずです。
でなければ、たくさんの人に成功体験を与えることはできませんよね!!
才能の秘密が余すことなく書かれている一冊です。こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

房野史典『笑えて、泣けて、するする頭に入る 超現代語訳 幕末物語』

歴史の先生も大絶賛。マンガみたいに読めて、ドラマよりもワクワクな、幕末ドラマ。
「ロックな男・吉田松陰は、プリズンライフをエンジョイして、牢獄を学校にしちゃった」「まさかの西郷どん、二度の自殺未遂」「『幕府はオワコンだからね!』と勝海舟。『惚れたー!』と西郷隆盛。英雄同士が出会い、時代が動く!」「《大政奉還》は、薩長VS土佐の、アクション映画さながらのぎりぎりの攻防戦だった!」など、超現代風なアプローチで、歴史がぐっと親しみやすく……!
ヒーロー多すぎ、悲劇続きすぎ、“想定外”ありすぎの超フクザツな幕末時代が、ここまで面白くなりました!

房野史典『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳・戦国時代』

マンガみたいに読めて、ドラマよりもワクワク。笑いあり涙ありの戦国物語。
「応仁の乱のきっかけになったお家騒動のドロドロ度は、“昼ドラ”レベルだった」「関ヶ原の戦い、実は一日で終わっちゃったって知ってた?」「映画『ホーム・アローン』で活躍する子供みたい! 3倍の兵を持つ家康を打ち負かした、真田の嘘と知恵と心理作戦とは?」など、超現代風な語り口で、複雑な戦国の歴史がみるみる頭に入り、日本史が一気に身近になる!
芥川賞作家・又吉直樹(ピース)さんも大絶賛、東大生もびっくりしたというウワサの一冊。