今年の夏、どうだった?

海とか山とか夏フェスに行った話など聞いてない、黙れ。
夏ガチャの首尾を聞いているのだ。

前も言ったが、夏というのは、「Fate/Grand Order」(FGO)のみならず、どこのソシャゲもやれ水着だのやれ浴衣だののガチャをやるものであり、オタクが一番一喜一憂する時期の一つなのである。

余談だが「一番○○の内の一つ」という表現に、昔から矛盾を感じていた「一番」と言っている時点で「オンリーワン」であるべきであり、そんな同率一位がたくさんいる時点で大したことないのでは、と。
しかし、こうやって文章を書く仕事をするようになって理解した。「これは便利すぎる」と。インターネッツを見てわかるように、今は「断言すると怒られる」ご時世なのだ、
よって「一番だ」と断言したいが、怒られも回避したいという時に「内の一つ」をつけることにより、他にも一位はいるんすけどね、という逃げ道を残せるのである。
そんな姑息野郎にこの表現は非常にありがたいのだ。

よって夏は、オタクが一番一喜一憂する時期の一つなのである。
夏コミがある時点で昔からそうなのだが、ソシャゲが生まれたことにより、もはや、そこらのリア充よりもよほど、夏に泣いたり笑ったり、砂浜に「サヨナラ」と書いたりしている。

お前らの夏はどうだっただろうか、そして貴様らはその喜びと哀しみをどう表現しているだろうか。

帰るまでが遠足、と同じように、ガチャというのは「結果をスクショしてSNSに載せるまでがガチャ」なのである。
良い結果の時はもちろん、時には爆死の時も載せて、その良い意味でも悪い意味でも持て余す感情をシェアするのだ、FGOはユーザーが多いので特にその文化が顕著な気がする。

ガチャの感動は甲子園とタイ1位であることで有名だが、そのドラマの性質は全く違う、もちろん野球だって、運、不運はつきものだが、基本的には実力と努力が上回った方が勝つ仕様だ。
しかし、ガチャは全く違う、努力が報われる世界ではない。ここで言う努力というのは「金を出す」ということだ。
いくら努力しても出ない時はでない、その反面、全く努力していない(無課金)奴が無料ガチャで出したりもする。所謂「呼札で出ました」問題だ。

問題も何も、そういうルールなのだが、努力中の人間にとってこれほど心かき乱される存在はいない。
逆に自分が呼札で高レアキャラを出した時は、得意絶頂である、コロンビアポーズですぐさまスクショをSNSに上げる「呼札で出ました」と。

こういったことに対し「出せなかった人に対し配慮に欠けると思います」という苦言が入ることがあるという、さすが地獄のインターネットだ。
これはガチャだけではなく、チケットが取れたことを喜ぶのは取れなかった人に配慮が足りない、生きてるのは死んでる人に配慮がない、など「配慮を求める人」というのはどこにでも現れる、という。

しかし、この世には絶対不幸な人がいるのだから、それら全てに配慮していたら、我々は「年中喪服」という国王が亡くなったタイ国民みたいにみたいになってしまう。
もちろん、配慮も自粛も必要な時はある、しかし不幸すべてに配慮していたら、逆に幸せな人間が一人もいなくなる。
それに自分の不幸を盾に人の幸せの足を引っ張ろうとする人間は永遠に幸せになれないだろう。

確かに誰が見ているかわからないのがインターネットだし、ツイッターも鍵でもかけていない限りは丸見えだ。
しかし、自分のタイムライン上の発言というのは、見えてはいるが、自分の部屋には違いない、つまり全面ガラス張りのド変態ハウスなのだが、それでも自分の家だ。
そこでの発言まで徹底配慮しろというのは、先日話題になった「部屋着でもバンドTは痛いから着るな」と言っているようなものだ。

よって、自分のタイムライン上では、いくらでも喜びや幸せは表明して良いと思う。
しかし、世の中には、わざわざ「10万出したのに推しが出ない」と嘆いている人に「呼札で出ました!」とリプライする人がいるのだ。
この人は、道徳の時間、ずっと下痢でトイレにいたのだな、と思わざるを得ないが、正直それが「悪意100%」なら、仕方ないとも思う、なにせ何と出会うかわからないのが、地獄のインターネットだ、そういうのが楽しいというセンスの人に遭遇してしまったというなら「仕方ない」のである。

だが問題は「悪気なし」むしろ「良かれと思って」やっている人だ。
ただのサイコパスではないか、俺の担当か、と思うかもしれないが、世の中には「爆死芸」というのもなくはない。
そのガチャ運のなさ、爆死の美しさが、芸の一つになっているのだ、そういう人にとって「呼札で出ました」は、おいしい煽りだったりする場合もないことはない。

正直、私にもそういう面はある、ガチャでコラムを書き、本まで出しているのだから当然だ。

よって、金があまりかからない刀剣乱舞の時は「○○出ました!」というリプはある意味歓迎していたし、5万で出せなかった坂田金時に「呼札で出ました」リプがあった時も、まだ笑っていた。

だが、土方歳三、てめえはダメだ。

万が一土方ガチャ最中に「呼札で出ました」が来たら、それが、どれだけ長年応援してくれていた読者であろうとも、即ブロスパム通報してやるつもりだった。

その気迫が通じていたのか、タダの1人も「呼札で来ました」はおろか「出ました」報告すら一人もいなかった。
地獄のインターネットにも、心はあるのだ、と非常に感動した。

このように、今まで笑っていた人でもキャラによっては超ド級の地雷になっていたりするのだ、逆に悪意がないなら「呼札で出ました」はリプすべきじゃない。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

<カレー沢薫さんの新刊はこちら!>

カレー沢薫『カレー沢薫の廃人日記 ~オタク沼地獄~』

「人生で大事なことは、みんなガチャから教わった」
連載中から人気沸騰!
ガチャ課金沼にはまりこんだカレー沢薫がその有様を綴った一大叙事詩!

カレー沢薫さんの最新エッセイ集。テーマはずばり「沼」! 本書は「愛の巻」「金の巻」の2章立てになっているのですが、主に前章は「刀剣乱舞のへし切長谷部はとにかくやばい」ということ、そして後章は「どうやったらFGOで土方さんが出せるのか」ということしか語ってません。それだけなのになぜこんなに深くてこんなに笑えるのか。特に読みどころは、ツイッターでもリアルタイムで話題になっていた人生を掛けた土方さんを出すための闘いっぷりです。とくとご覧ください!