毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2012.03.01

両親との関係に悩んでいます…

松村 潔

両親との関係に悩んでいます…
■占ってほしいこと
 私と親の関係について占って下さい。私は現在、統合失調症です。通院し、服薬し、カウンセリングを受けています。父は前は、コミュニケーショ ンをして来ず、怒りを溜めに溜めて言葉の暴力の八つ当たりで、躾と称して切れて来ていました。母は、「しつこくすると怒るよ!」とよく言って来ます。
 今日 話し合ったら、別に私の人格について言っているのではなく、云うに困って出る言葉だと、母の気持ちを知りました。「しつこい」。この言葉でイジられる時も 多々有り、それは全人格を否定されているようで辛い、と今日母にハッキリと告げることができました。母は、私のしつこさは、病気だと思っているようです。 自分が頑張るとき(太陽)しつこくなることを、両親にどうしたら理解してもらえるでしょうか? 
 親と良い関係を築きたいです。因みに、私は文章を書くのが大好きです。
 両親とも静岡県生まれ。母1959年8月8日生まれ。父1953年9月9日生まれ。

--

ニックネーム:プリズミック
生年月日:1982年11月13日
生まれた時間:午後2時27分
生まれた場所:静岡県富士市


■回答

 プリズミックさんのホロスコープは、8ハウスにさそり座の太陽、水星、金星、木星がありますね。これはさそり座の過剰で、しかも8ハウスそのものがさそり座的な性質ですから、誰かに張り付くと離れない。しかもこの四つの天体のグループは他にアスペクトがないので、そこだけで孤立してしまうんです。張り付いた結果、何か別なことが生まれるよりも、張り付いたままになることが多い、という意味です。で、こういうのが好きな人はたくさんいますよ。そもそも月、冥王星、土星がてんびん座で、これもてんびん座に似た7ハウスですから、人とのかかわりに深入りするわけです。月はお母さんとみた場合、母との関係には、土星・冥王星の重いプレッシャーもかかります。

 でもアセンダントはおひつじ座で、これは何か新しい体験を求めます。その支配星は山羊座の10度にある火星で、見知らぬ、よその共同体との接触で、つまり、プリズミックさんの10ハウスの火星を重視すると、知らない人に接触するのがいいんです。で、そうすると、8ハウスは生かされると思います。つまりもともと8ハウスというのは親との関係ではなく、知らない人、よその家系の人等に張り付くことに使われることが多く、既知の、すでに存在する仲間との接触に使われるわけではないのです。新しい自分を創るための死と再生ですから、家族との関係では、新しい自分のための人格の死と再生にはならないですよね。
 見知らぬ、かなり遠い立場の人に接触する。そしてくっつくと離れない。そういうのがいいです。ちなみに、親との関係を改善するというのは、どうなんでしょうか。わたしはそもそも親と子というのは、あまり仲良くしないでいいと思います。ホロスコープを見ると、たいてい親と子というのは険悪です。もし仲良く和気藹々と、という家族がいると、それは発展力がありません。だいたいそうとうに悪い相性というのが、親と子の普通のありかたと見ています。ある年齢が来ると離れていく。離れていきたいと思わせるものが、もともとある。そういうものだと思います。

 で、たとえば、お父さんやお母さんに獅子座的な要素が強いと、たとえばお父さんのように、金星、冥王星と火星など三つくらいあると、獅子座にとってさそり座的な強さは天敵ですから、それはキレます。獅子座とさそり座は90度ですが、さそり座のほうが後にありますから、獅子座はさそり座に押さえ込まれます。おなじ90度でも、みずがめ座ならば、さそり座の後にあるので、みずがめ座はさそり座を思い切り傷つけます。さそり座は接着剤、みずがめ座は溶剤みたいなものです。くっついたものを離すのがみずがめ座の本性です。でも獅子座はさそり座に対しては、それが発揮できないのです。まだ前にありますから。
 出かけようと思ったのに、外に出してくれない。これが獅子座がさそり座に抱く感情です。ゴルフに行こうとする父ちゃんに、娘が玄関先で、わたしを置いてどこに行くの?と迫ってくるようなイメージです。ひとりで静かに寝ようとすると、上からじっと覗かれています。
 しかもお母さんも、獅子座に水星、太陽、天王星ですよね。太陽と天王星の合は、獅子座的な行動には協調性がなく、孤立的に振舞いたいということです。こんなふたりの親に対して、娘は、強烈なさそり座圧力を発揮しますから、たぶん、お父さんとお母さんからすると、そうとうにプレッシャーです。なので、話し合って理解しあえるということを期待しないようにしましょう。親と子というのは、こんなものなのです。そのほうがわたしは健全だと思っています。

 プリズミックさんが言われている「しつこい」というのは、このふたりの親からするとそう見えるのです。しかし他の人からすると、逆に、好みだという人もたくさんいると思います。
 先ほど説明したように、火星のことを考えると、普通だとあまり接近しないような異質な環境の人に接近し、そして普通だとすぐに縁が切れてしまうところを、プリズミックさんはしつこく張り付き、ずっと安定した関係が作られていく。そういうスタイルについて考えましょう。
 社会的な立場のMCも山羊座で、その支配星は7ハウスの土星、てんびん座の29度なので、これも、大きなギャップのあるものに橋をかけるという意味で、関わる相手はそうとうに距離感があるということのほうが良いです。異なる文明とか、そんな感じです。そういう時には、プリズミックさんのしつこさは、最大のメリットに変わります。より幅の広い、大きなものに向かっての一体化、統合化だからです。近場の親をいらつかせるよりは、そういう方向に目を転じてもらいたいと思います。
 いまサターンリターン期ですから、人生の方向について、明確な方針を打ち出す時期に来ています。今年いっぱいくらいかけて、だいたい今後の方針が決まります。

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!