毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2012.02.01

マヤのカレンダーでは、今年までとなっています。この1年は、どんな年に…

松村 潔

マヤのカレンダーでは、今年までとなっています。この1年は、どんな年に…
■占ってほしいこと
 マヤのカレンダーでは、今年までとなってますが、実際のところ、どうなんでしょう? 地球にとってどんな1年になるのでしょうか? また、私自身はどのような1年で過ごせば良いのでしょうか?

--

ニックネーム:こっこちゃん
生年月日:1957年12月16日
生まれた時間:午後4時30分
生まれた場所:福岡県太宰府市


■回答

 マヤのカレンダーで今年までと言っても、わたしたちはマヤのカレンダーに従って生きていないです。地球上には複数の派閥があり、マヤはそのひとつ。でも、現代のほとんどは、その派閥ではなくて、違うものでしょう。たとえばプラトンがエジプトの神官から聞いたというプラトン年、月などでは、新規切り替えの時期ですが、終わりではないです。また神智学などでは、いまは第五文明期で、まだ第五文明期は、1500年くらい残っていて、さらに第六、第七と続きます。ノストラダムスは地球最後の人類というのをヴィジョンで見ていますが、それはいまから数千年後です。有名なノストラダムスの1999年というのは、ヨーロッパにとって強力な再生力となるような人物が、その年に生まれるらしく、中国人からすると恐怖の大王という意味らしいですが、景気が後退しているのは、景気という経済中心主義の世界観がうまく行かなくなってるというだけの話で、サイクルが切り替わるのならば、そういう変化もあるでしょう。いずれにしても終わるという気配はひとつもないです。そももそマヤはすでに滅びてしまったので、そういう先に滅びた人たちから何か言われたくないというものでしょう。

 こっこちゃん本人の状況ですが、去年の終わりの誕生日から一年は、太陽回帰図というので考えます。働く六ハウスに太陽がありますから、仕事がメインです。仕事をしていない人でも、労働するとか、せっせと掃除するとか、何か奉仕するとか、まめに働くことになるのです。
 土星は家の場所にあるので、不動産とか土地とか、家などに縛られやすいです。そして、対人関係では、愛想よく人と付き合いますが、この家に拘束されるというブレーキがかかります。つまり、誰かともっと長い時間つきあいたくても、家に帰らなくてはならないので、ここで打ち止め、みたいな感じです。
 しかし、そういうふうに縛りがあっても、近場をうろうろしたり動いたりすることは増えます。わりにリラックスすることが多く、あまり苦痛な一年ではないです。慣れていることをするのは良いけど、新しい関わりにはちょっとストレスということでしょうか。
 仕事に関しては、発展の時期でもあり、とくに物欲に関係した、というか、実際的な方向では、伸びやすいです。失言は少し多いです。
 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人は運命を共にし、男を一人殺すことにした
  • 激動の戦後政治を牽引した田中角栄の、生き様
  • 全五巻構想、大河小説第一弾!!
心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!