「まめねこ」「ねことじいちゃん」などの大人気猫コミックを送り出してきたねこまき(ミューズワーク)さんの最新刊『ケンちゃんと猫。ときどきアヒル』が発売1週間で重版となる大反響です。昭和50年代はじめのいなか町を舞台に、カリメロへアーの5歳児ケンと猫のモモ、アヒルのきいろの日常をゆるゆると描いたあったかコミック。今回は「きいろの散歩」をご紹介します。

※「きいろの散歩」は紙の書籍ではモノクロ掲載です。

『ケンちゃんと猫。ときどきアヒル』大好評発売中!

この記事をシェア
この連載の記事
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

ねこまき(ミューズワーク) 『ケンちゃんと猫。ときどきアヒル

ケンちゃんと猫とアヒルと家族、なにげなくて愛おしい昭和の夏のおはなし
ベストセラー「ねことじいちゃん」「まめねこ」の著者、最新刊!

昭和50年代、とあるいなか町。5歳のケンちゃんには好きなものがたくさんある。きょうだいみたいな猫のモモ、近所を走るいろんな電車、母さんの目玉焼きのせ焼きそば、父さんが作ってくれた缶下駄、そしてアヒルのきいろ……。懐かしい風景に心満たされる、ほのぼのコミック。