ついにロシアでのワールドカップが終わりました。この一カ月間は改めてサッカーの楽しさ、難しさを感じましたし、また今回のワールドカップは新しいことが色々とありました。データを試合中リアルタイムで見られるようになって、スタンドとベンチでタブレットでのやりとりが可能になり、今後はここにリアルタイムでAIが入り、近い将来AIコーチ、ということも実現するかもしれません。

またビデオアシスタントレフリー(VAR)がサッカーの判定を劇的に変えました。今までであれば流されていたプレーがハンドになって、それによってPKになり、試合の結果さえも変えてしまうこともありました。ただ今後はレフリーの判定基準をより明確に言語化していかないと、本当に細かい判断基準の齟齬で、VARは新たな火種を生むことなってしまう可能性もあります。

戦術も新しいフェイズに入りました。日本が逆転負けしたベルギーのように、チームとしてプランAだけでなくプランB、さらにはプランCを持つチームが代表チームで現れました。また相手のプランAに対応するだけでなく、プランB、プランCへの対応も出来ないとベスト8の壁を突破するのは難しいことが分かりました。もちろんブラジルのような強力なプランAを持てれば、また違う論理にはなりますが、そのブラジルでさえベルギーのプランCに屈したのです。

今後の日本代表に求められるのは、まずプランAで日本らしいプランAの言語化ならびにその構築が必要です。またプランB、Cのバリエーション作り、さらに相手の繰り出してくるプランB、Cに対応する、対プランB、Cを持つことも求められます。もちろんプランDにまで行ければ最高ですが、まずは日本らしいプランAの構築が重要でしょう。

そのヒントは今回のワールドカップの日本代表にもありましたし、再開されたJリーグにもあるはずです。そのJリーグには、史上最高クラスと言える2人のスペインを代表する選手が、ヴィッセル神戸とサガン鳥栖に入団しました。いよいよ今日のJリーグから出場しそうなイニエスタとフェルナンド・トーレス。彼らからも様々なことを学んでいきたいところです。

梅雨明けは早いし、まだ7月なのにこの暑さ。美味しいお蕎麦を頂いて涼を取ってます。冷やしすだち蕎麦のトマトを練り込んだ麺。
 

この暑い中、サッカー場ではなくゴルフ場でロケ。インタビューの待ち時間で、カエルのような格好でカエルを撮る図(笑)。
 

カエル好きにはたまらない可愛さ。こんなに暑くてカエルは大丈夫なのかな?
 

ワールドカップ前から、もうゴルフ自体は何カ月もしてません。せっかく買ったゴルフウェアの出番はなく、と思っていたらゴルフロケがやってきたので着てみました。カエルを撮っている姿を見れば分かりますが(←分かりません)、今シーズンのNIKEゴルフポロは、かなりカタチも絞れて襟も小さめでナイスな感じです。
 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

中西哲生『ベンゲル・ノート』

スポーツキャスターとして活躍する中西哲生は、名古屋グランパス選手時代に、ベンゲル監督のトレーニングメニュー、ミーティングでの発言などを一冊のノートにメモしていた。本書は、そのノートをもとに、世界的名将ベンゲルの理論、戦術のすべてを明らかにする。

中西哲生『不安定な人生を選ぶこと 買い物ワールドカップ2000~2002』

「成長したいなら、貯金なんかするな!」無謀な買い物ぶりで世間を騒がせる人気スポーツジャーナリストによる過激な自己投資のすすめ。「Webマガジン幻冬舎」の人気No.1連載、単行本化!