毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2009.04.15

2009年4月上旬 だらしな脱出できるかな日記

藤田 香織

2009年4月上旬 だらしな脱出できるかな日記

4月3日(金)

 本日はママリン(義妹による母の呼称)の誕生日のため、ダラを乗せて実家へ。車で川越街道をビューンと走りながら、ちょうど一年前のことをあれこれ思い出して、何度も大きく息を吐いてしまった。
 一作年、宮古島でひとり合宿免許取得に励んだものの、戻ってきてから受けねばならぬ学科本試験に腰が上がらぬまま、「このまま期限切れになるやもしれん……」と、半ば諦めかけていたところに、年が明けてママリンの病気が発覚→入院→手術が決定し、これはいよいよ免許を取らなくちゃ! と入院当日に慌てて試験を受けに行き(しかも県内なのに前泊して)、滑り込みで合格。去年の今ごろは、免許取り立てで物凄く緊張しながら、あれこれ頭はいっぱいな状態で、この道を何度も何度も車を飛ばした。でも、ダラもパソコンも楽々運べるし、実家に残ったパパリン(義妹による父の呼称)の食事をだらマンで作って持って行けるし、夜中でも早朝でも移動できるしで、免許を取って良かったと実感することはとても多かった。この数年は、母のみならず、父も弟も入退院することがあり、車&免許がなかったら体力と堪え性のない自分は、きっと大変さ倍増だったと思う。
 夜、ケーキを食べながら、パパリンが「去年、入院する前に、ママリン(と父は呼ばないが)が喪服はここにしまってあるから、って言ったんだよ。だから、本当は物凄く悪い状態だけど、俺にはナイショにしてるんだ思ってた」と言い出し、そんなことは全く知らなかったのでものすごーく驚いた。が、ママリンは「いやーねぇ! それは私が入院している間に、もしものことがあったらと思っただけで、私のお葬式用にってつもりじゃなかったのよ!」とカラカラ笑った。本当のところ、ママリンがどんなつもりだったのか分からないけれど、いずれにしても、無事一年が過ぎて誕生日を迎えることができて、本当に良かったとしみじみ。
 この日記も、仕事なんだから何があろうと続けるべきだと思う一方で、「日記」ゆえに両親や弟の入院中は頭がぐるぐるになってしまって、面白いことが何も浮かばず何度も中断してしまったのだけど、その「家族が逝ってしまうかもしれない恐怖」みたいなものも、巧く言えないけどこの一年でゆっくり覚悟が出来たような気がする。そんなわけで、これからは「面白くない日々」も淡々と書いていこうと思います。って、なんか最初っから重い話になってしまって申し訳ない!

誕生日のお祝いに持参した花籠。「凄い綺麗ねぇ! 奮発してくれたんじゃない」と喜ばれ「いやいや、近所のスーパーで¥4000だったよ」とは言えなかった……。
こちら、先週自分の誕生日&1日違いの甥っ子の誕生日用に購入したバースデーケーキ。自分の誕生日も兼ねてるのに、自分でケーキを買わされる現実を憂いてはいけません。
相変わらず仲良く眠る猫兄妹。妹猫の体型はずっと変わらないのに、兄猫ばかりどんどん成長中。きっともう体重は倍ぐらい違うはず!
最近のヒット料理、ペンネのクリーム明太子ソース。ソースは生クリーム、明太子、卵黄、マヨ&バター&ニンニク少量、塩胡椒。手軽で美味しい!

<最近の読書>

「背徳のパンダ」(後藤田ゆ花著 講談社¥1500)……実際に著者が経験した勤務先のBL出版社の倒産をベースにしたデビュー作『愛でしか作ってません』に比べて、少し書き慣れてきた印象。今回は30歳を過ぎてもビジュアル系を貫くシンガー&その周囲の物語で、バンド系青春小説。最初のうちは隠語も多いし、正直ちょっとノリきれないとも感もあったけど、そのうちジワジワと面白くなってきた。こういう、普遍的とは言い難い特定ジャンルの話は、ヲタのみならずヤジウマ読者をどこまで取り込めるかが勝負。多少「その気」がある人なら、十分楽しめると思われます。

「それでも花は咲いていく」(前田健著 幻冬舎¥1300)……あややの物まねでお馴染み、マエケンこと前田健の処女小説集。「芸能人が書いた小説本」は、もはや珍しくもなんともないけど、本書はいわゆる「タレント本」として売れることを当て込んで作られたものとは違う、書くことに対する覚悟のようなものが根底に感じられた。ロリコンやニンフォマニア(女子色情症)、二次元コンプレックス、老け専、マザコン、ホモセクシャルなど様々な性的マイノリティの人々を主人公に据えた短編集。文章的にはまだまだ拙い部分も多いけど「この人は小説を書くことに向いてる」気配強し。個人的には「ヒヤシンス」がツボ。これからもぜひ書き続けて欲しいです。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
朝礼ざんまい詳細・購入ページへ(Amazon)
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!