metamorworks/iStock

本企画は、以前ご案内していた「【緊急開催!】サイバー犯罪のリアル」の企画内容を変更したものです。

ロンドン・パリ・ミラノなど欧州各地で人気を博してきたセミナーが、ついに日本上陸!

今年1月には、仮想通貨取引所コインチェックで、仮想通貨「NEM」580億円相当が不正送金される事件が発生。日本中のビジネスパーソンを「他人事じゃない」と震撼させました。

小さな不注意から取り返しのつかない損害を招かないためには、どうすればいいのでしょうか?

足立照嘉さんは、講演にコンサルティングにと世界各地で引っ張りだこの、サイバーセキュリティの専門家。最近になって日本でも重大なサイバー犯罪が頻発しているのに、日本はサイバー犯罪の理解が不足し、対応もまずいことだらけと危機感を抱き、急きょ、セミナー開催が決定しました。

著書『サイバー犯罪入門――国もマネーも乗っ取られる衝撃の現実』の中では書けなかった本当にアブない話から、最新の話題、そして、本当に必要な対策まで、サイバー犯罪のリアルを語り尽します。

ITやシステム、セキュリティ担当者はもちろん、日常的にメールやインターネットを使っている全ビジネスパーソン必聴、ここでしか聞けないセミナーです。

(主な内容)
■ 現状:トレンド
日本では巨額の仮想通貨が不正流出し、米海軍の機密情報は意外なところから漏えい。2018年の私たちが直面しているサイバー犯罪のトレンドとは?
事例:ケーススタディ
航空業界が狙われた、“ある衝撃的な事件”。航空会社から流出した個人情報は何に使われたのか、犯人の真の目的とは? また、空港のシステムがマルウェアに感染したとき、その混乱に紛れて行われた恐ろしいこととは?
今後:レギュレーション
GoogleやFacebookなどの米系IT企業が個人の権利を侵害しているとして、欧州で相次ぎ数千億円単位での申立が発生しています。サイバー空間をめぐり、世界でいま何が起こっているのか?  利便性とレギュレーション(規制)のバランスとは?  あなたは、そしてあなたの会社は、どう身を守ればよいのか?

セミナー概要

<日時>
9月4日(火)19時~20時30分(18時30分開場)

<会場>
●名称 3×3Lab Future 

●住所
〒100-0004
東京都千代田区大手町1-1-2 大手門タワー・JXビル1階

 東京メトロ東西線・千代田線・半蔵門線・丸ノ内線・都営三田線
「大手町駅」(C10出口)より徒歩約2分

※施設の入り口について
当施設の入口はC10出口を上がり、大手町パークビル側に入口があります。
C10出口近くのオフィス入口(西村あさひ法律事務所様、JXグループ様受付)とは異なりますのでご注意ください。

※会場には駐車場・ 駐輪場がありません。公共交通機関をご利用ください。

 

<参加費>
3,000円+消費税

講師プロフィール

足立照嘉
欧州および北米を拠点に活躍し、2018年現在で30カ国以上でサイバーセキュリティ事業を展開。主に航空宇宙産業のサイバーセキュリティに取り組んでおり、日本を代表する企業経営層からの信頼も厚い。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定