毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2010.08.01

2010年7月下旬 だらしな脱出できるかな日記

藤田 香織

2010年7月下旬 だらしな脱出できるかな日記

7月17日(土)

 本日から3連休であることを、昨日の午後10時過ぎに知る。
が、知ったところで今更どこかに出かけられるわけでもないので、連休である現実は頭の中から追い払い、いつもと変わらぬ週末であると自分に言い聞かせて地味に働く。
そんな午後3時、マンションの廊下に面している仕事場で原稿を書いていたら何やらジージーとイヤ気な音が聞こえてきた。
これは! そうこれは! あの夏の宿敵「蝉サマー」ではアルマイカ!?
 しかし我だらマンは7階である。仕事部屋の窓の外にヤツラの住処である木があるわけではない! なのに近い! なんかもう凄い近い! 気になる気になる気になるー!
何が気になるってもう、その蝉サマーが何かのはずみで我が家に侵入してきた場合を想像すると、恐ろしすぎるわけですよ!
ジージー鳴きながらバタバタと飛び回る蝉サマー! それを見てウゴウゴ「獲物発見!」と興奮し、部屋中走り回る猫ズ! その猫ズを追うダラ! やがて力尽きてどこかに蝉サマーがとまった瞬間、敏捷な猫ズ妹がジャンプ一発叩き落し、負傷し瀕死の蝉爆弾となった蝉サマーが床をジージー這いずり回り、それを猫ズ兄が小突き回し、やがてバラバラになった本体一部を「見てー!見て見て!捕ったの捕ったの誉めてホメテー!」と得意気に私のところへ持ってくる……。コエー! その本体を巧く奪い取り、散らかった部屋と蝉サマーの残骸を片付ける場面を想像するだけでコエー! 昆虫嫌いな身としては、もう絶対に避けたい状況なわけです!!
なので、そんな可能性は早々に潰しておかねばならぬと、勇気を出して部屋を出てみたところ――。いましたいました。蝉サマーは、仕事場の窓の柵にしっかとしがみついておられたのです。 このままにはしておけぬ! 絶対に負けられない戦いがここにアル!!考えること30秒、台所にスーパーの買い物袋を取りに行き、現場に戻った私は、そっと蝉サマーの背後に近付き、エイッ!! と被せ、無事捕獲に成功! 袋の口をむんずと掴んで、バタバタ飛び回る蝉サマーをできるだけ体から離して持ったままエレベーターに乗り込み、一階に到着するやいなや、中庭に袋ごと放り投げ、無事蝉サマーが逃げ出したのを確認し、袋を回収して部屋に戻り、ドアを閉めたのでありました。
この間、約7分。凄い死闘だった。自分比ではこの夏一番の闘い!! 精魂尽き果てて、続きの原稿がなかなか書けない私を誰が責められましょう! 私は責めないよ!
蝉サマーとの闘い。これから本番でございます。蝉キライな皆様、十分お気を付け下さい。もうこんなこと、2度とイヤだよ……。

昨日、久々に友人Y1と日帰り温泉に行ったので、これまた久々に体重計に乗ってみた。若干、痩せたような気もしていたのに、それでもしかし、この体重……。ちなみに身長159センチ。水着かー。水着なー。問題ありすぎだろ!
で、風呂あがりに食べたイチゴミルク。この夏のカキ氷ブームは続いていて、現在自宅用のシロップは「レモン」を使用中。レモン果汁、ほぼ皆無だけど!
そして夏の定番、枝豆ブームも継続中。マメマメマメマメ、チマチマチマチマ。やっぱりやめられん!

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 0万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る
  • 胸に迫る、慟哭必至の医療ミステリ。
  • 読む者すべての胸を打ち、揺さぶる衝撃のミステリ!
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。
これは日本の悲劇でもある。
最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
電子オリジナル書籍レーベル“幻冬舎plus+”
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!