写真:iStock/nito100

「ところでエゴサーチってしますか?」と問われると、「『絶対にエゴサーチはしない』なんて言っている人は、絶対にエゴサーチしてると思いますよ」とはぐらかした答えを差し出すようにしているのだが、「で、あなたは?」と問われると、「あっ、絶対にエゴサーチはしないですね」と答えておく。

 会社員時代、上司から帰り際に「おまえ、最近、なんか評判悪いよ」と言われたことがあり、日頃、何を言われても引きずるのだが、これはとりわけ引きずらざるを得なかった。なぜって、誰からの評判が悪いのかが一向に分からないままだから。もしかしたらその上司自身かもしれないし、もっと立場が上の役員かもしれないし、入ったばかりの後輩かもしれないし、取引先の人かもしれない。自分と上司が共通で知っている人は限られるので、一体どこに、自分のことを悪く言う人がいるのだろうかと疑心暗鬼になった。

 人間不信になる、というか、人間なんて基本的に人間に対して不信感を残しているものだが、不信の宛先が不明だと、不信が膨張して自分に戻ってきて、飼い馴らさなければならなくなる。その負のスパイラルって、なかなかしんどい。

 原稿を書く仕事をしていると、見ず知らずの人から怒りをぶつけられて大変でしょうと心配されるのだが、上司から帰り際に「おまえ、最近、なんか評判悪いよ」と言われるほうがダメージは大きい。見ず知らずの人から罵られる。でも、そこには、見ず知らずの人がいる。その彼か彼女かに興味はちっとも湧かないけれど、そこに見ず知らずの人がいることだけは分かる。

 もしかしたら近しい人が匿名アカウントで書いている可能性はあるが、誰かが複数のアカウントを使い回していようが、そんな誰かの心の分配に理解を示す心の余裕を、こちらが用意する必要はない。自分の近くにいる誰かが、自分のことを悪く言っているらしいという不安定な状態に比べれば、匿名の怒りなど実に安定している。だって、そこに見えるからだ。

 意思の表明として一番姑息なのって、どこかの誰かが言ってたよ、に頼るやり方で、それは「○○らしい」という伝聞で言い表されることが多い。この「○○らしい」を食らう最たる存在が、芸能人という職種である。日頃、芸能人評やテレビ評を書くことが多いので、その対象となる人物について、どういった評判が出ているのかを検索してみるのだが、そうすると、そこには「最近、なんか評判悪いよ」方面の意見がいくらでも転がっている。

「○○らしい」を具体的に書き起こすと、「テレビ業界の中じゃ、全然数字持ってないってスタッフから煙たがられているらしいよ」であり、「高校時代、彼女と同級生だったってヤツがバイト先にいるんだけど、男関係、超だらしなかったらしいよ」といった類い。凄まじい量の伝聞が飛び交い、伝聞をもとにして、罵られまくっているのである。違和感や憤りの発生源が書き手ですらなく、他の誰かなのである。これはダメージが大きい。「おまえ、最近、なんか評判悪いよ」を四方八方から食らうのだ。

 半年くらい前、骨太なジャーナリストと雑談していたら、エゴサーチをする時には「さん」付けをするようにしていると、渋い顔を保ったまま教えてくれたので思わず笑ってしまった。「だって、『さん』付けすれば、怒りに満ちた文句なんてのは出てこないでしょう」。その場で、その人の名前を「さん」付けで検索してみる。「うわっ、○○さんよ、相変わらず単調な政権批判。死ねよコイツ」などと出てくる。それを見せると、苦笑い。ワイドショーのコメンテーターをやっている人からも、「さん」付けで検索している、と言われたらしく、結構ポピュラーなやり方なのかもしれない。だが、効果はいかほどだろう。

 クソリプ、あるいはエッセイストの犬山紙子さんが名付けたクソバイス(嫌なアドバイス、クソみたいなアドバイスのこと)は日々あちこちで生まれ続けており、自分のTwitter程度であっても、そういった「リプ」や「バイス」が定期的に寄せられる。100人のうち97人くらいが「クソ」と思うものであっても、残りの3人で「よくぞ言った」と結束できれば、快楽を得られる。だからこそ繰り返される。

 ネット空間の「怒り」って、怒りを投じてくる主がひとまず認識されてはいる。実名でもペンネームでも匿名でも、そこに意見を投じている人がいると分かる。エゴサーチしてもろくなことがない、と言われる。芸能人の多くが「私はネットで評判とかチェックしないですね」と言う。でも、「絶対にエゴサーチはしない、なんて言っている人は、絶対にエゴサーチしていると思う」の理論から言えば、彼らは絶対にしている。だから彼らは相当しんどいはずだ。そこには直情的な怒りだけではなく、「最近、なんか評判悪いよね」方面のコメントが必ず蠢いているから。誰それが文句言ってるよりも、誰かがどこかで文句言ってるらしい、って状態が一番しんどいのだ。

 ところで私は、「絶対にエゴサーチはしない」のだが、即物的な怒りって、さほどダメージにはなっていない。10年も前、上司から帰り際に言われた「おまえ、最近、なんか評判悪いよ」のほうがダメージになっている。一体、あれは、誰が言っていたのだろう。まだ気になっている。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定