体調管理が難しい蒸し暑い季節にぴったりの新刊『おいしい&ヘルシー!はじめてのスパイスブック』では、心も身体も元気になるスパイス生活について紹介しています。

インドや周辺諸国の人々にとってスパイスが健康に役立つということは常識で、その日の気候や体調に応じてスパイスを使い分けています。日常には「グッド・フォー・ヘルス」が溢れているんです。

本書より、スパイスの知られざる魅力と手軽な取り入れ方を抜粋してお伝えします。

オリジナルのカレー粉を作ってみよう!

世の中には数え切れないほど色々なカレーがあるが、最低3種のスパイスがあればカレーは作れてしまうのだ。種類をたくさん入れればいいというわけではない、というのもスパイスの面白いところ。というわけでさっそくレッツカレー! スパイス生活を始めよう。

(1)次の3種のスパイスを1パックずつ買ってくる。
(2)3種のスパイスをボウルなどに入れ、木べらなどで混ぜ合わせる。
以上、これだけで出来上がり! 超簡単!

比率は以下の通り、覚えやすい。
・ターメリック:1
・クミン:1
・コリアンダー:1~3

(*多いほどに味に深みととろみが出る。さっぱりは1に近く、ディープにするなら3に近くする)

基本は、この3種で十分美味しいカレーになるが、ちょっとアレンジしたいときによく使うスパイスとその比率または上限はこちら。

・レッドペパー:0. 1~1(激辛注意)
・クローブ:0. 1~0. 3
・パプリカ:0. 2~1
・フェヌグリーク:0. 2~0. 5
・シナモン:0. 2~0. 5
・グリーンカルダモン:0. 3~1
・胡椒:0. 2~1(なかなかに辛い)

〈作り方〉
パウダーを混ぜ合わせるだけ。ホールを挽いてから使う場合はできるだけふるいにかける。

〈保管方法〉
ステンレスやガラス製などの密閉容器に入れて常温または冷蔵保存。木製やプラスティック製の容器に入れて常温保存しても腐ることはないが、1ヶ月以内くらいの間に使いきったほうがいい。

〈注意〉
できるだけ直射日光に晒さないこと。

オリジナルのカレー粉で! オクラとトマトのドライカレー

カレー粉+パウダー1種 ちょっと辛みをつけるとすっきりうまい!

★材料(2人分)★
スパイス
カレー粉……小さじ1. 5~2
レッドペパー……小さじ1/5くらいまで好みで
オクラ……20本(流水で洗いヘタを取って3等分に切る)
トマト……トマト缶カットタイプ200g(フレッシュでも可)
ガーリック……1/2片(粗みじん切り)
塩……ひとつまみ
サラダ油……大さじ1

★作り方★
(1)鍋を火にかけてサラダ油、ガーリック、水気を切ったオクラを入れて炒める。
(2)塩とスパイスのすべてを入れ、2、3分炒める。
(3)トマトを加え、蓋をして蒸すようなイメージで炒める。
(4)オクラに完全に火が通り、しんなりとしかけたところで器に盛りつけ出来上がり。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

カワムラケンジ『おいしい&ヘルシー! はじめてのスパイスブック』

スパイス生活を始めると、心も身体も元気になる!
ちょい足しにも、本格料理にも! いま大注目のスパイス料理を、簡単・すぐ・おいしく!