どうも皆さん、漫画喫茶タカスギへようこそ。

今年も既に半分が過ぎ、下半期に入りましたね。1月から6月まではあっという間に過ぎていきますが、7月から12月は何故かゆっくり過ぎていく気がします。なので下半期もまだまだ頑張っていかなければ!と思っております。

自分はたまに電車の中で漫画を読んだりしています。

この時間がもったいないなぁ暇だなぁと感じて読むときもありますし、単純に買った漫画を帰るまで我慢できなくて読んじゃうこともあります。
そんな方、他にもいらっしゃるんじゃないでしょうか?

そこで今回はこのお悩みにお答えしたいと思います。

「私は毎朝電車で通学をしています。乗車中、暇だし眠いので大体は寝ているのですが、たまに寝過ごしそうになります。なので、電車内で軽く読めてクスッと笑えるような漫画を教えてください!」です。


通学、通勤、遠くに出かける時などは携帯を見ていたり音楽を聴いていたりする方が多いと思います。自分は先ほども書きましたが、漫画を読んでいたりもするんですが、一番多いのは、ぼーっとしていることだと思います。

電車に乗ってただ移動しているという時間。
そんな時間を、漫画の世界に飛び立たって、その世界で過ごすって素敵で幸せなことだなと思います。

通勤、通学をそんな幸せな時間にしたいあなたにオススメの一冊をご紹介致します。


今回は「通学」ということだったので学園ものにさせて頂きました。
ですが、仕事で疲れた後の電車の中で読んでいても癒されるんじゃないかと思います。
自分はこのたくさんのキャラクターのピュアさ加減に癒されています。

『徒然チルドレン』

若林稔弥/講談社

大勢のキャラクターが登場して、それぞれ好きな気持ちを言えたりいえなかったりすれ違ったり上手くいったり…。キャラクターがたくさんいる分たくさんの感情と出会いがあります。

電車の中で漫画を読むと続きが気になってしまって引きずってしまうこともあると思います。
ですが、『徒然チルドレン』は4コマ漫画なので、少し空いた時間やちょうど良いタイミングで読んで入り込むことのできる作品ですよ。

学校に行く前にこの作品を読んで気分を盛り上げて行ってください。
そして仕事帰りの方はこれを読んで一緒にピュアなキャラクターたちに癒されましょう。


それではまたお悩み相談お待ちしております。

漫画喫茶・タカスギ
店主 高杉真宙

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

幻冬舎plusでは、みなさまのお悩みを募集しています。
日常のささいなことから、将来の夢まで、ぜひ高杉真宙さんに相談してみませんか? 今のあなたにぴったりの一冊を探してもらいましょう。