ロシアワールドカップまで、ちょうどあと一週間となりました。この買い物ワールドカップの連載が始まったのは2000年。つまりボクがこの仕事を始めてから、今回が5回目のワールドカップとなります。しかし残念ながら、今までのワールドカップの中で一番盛り上がっていない感は否めません。

理由は色々とありますが、監督の交代や事前の結果などがあり、皆さん期待しているような状況で無い事は明らかです。自分なりの指標で言うと、大会前のテレビの出演回数、ラジオの出演回数、取材の回数が過去の5回の大会に比べて、かなり少ない状況です。本番、6月14日からのオファーについても圧倒的に過去の大会よりも数が少なく、今のところあまりオファーが入っていません。これがボクの力不足によるオファーの少なさであれば全く問題ありませんが、この数がサッカー日本代表に対する興味なのであれば、それは大きな問題です。もしかしたらサッカーが注目されていないという訳ではなく、東京オリンピックパラリンピックに向けて注目されるスポーツの種目が増える中で、サッカーへの注目が下がっていると言う事かもしれません。しかし、こんな中でもサポーターの方々、ファンの方々はサッカー日本代表を応援して下さっています。

ただ、それは選手たちへの愛情であって、日本代表チームへの愛情と言う意味では明らかに薄れてきていると言わざるを得ません。もちろんボクも三戦全敗の可能性が高いと日テレ『news every.』で話しました。しかし、この現状を受け止め、スタッフがうまくチームを向上させるような導き方、もしくは選手間に良い結びつきを作れれば、まだまだ改善する余地はあります。何とか2010年南アフリカのワールドカップの時のように逆境を覆し、素晴らしい結果を本大会で収めることを心から願っています。

 

10年以上ぶりに「ゆりかもめ」に乗りました。普段、電車にあまり乗らない訳ではなく、むしろ電車に乗りまくってます。ただ単にお台場で久しぶりに仕事、サッカー教室があったので乗りました。相変わらず気持ち良い風景です。
 

場面はいきなり変わってVR用の動画撮影。最近、こういった仕事が増えてきました。360度、全てにカメラついてます。
 

次の日は暑かったんですが、外での撮影。シュートフォームはまあまあ(笑)。
 

この日はツール・ド・東北の記者会見。今年も9/15 16と東北を走らせて頂きます!!
 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

中西哲生『ベンゲル・ノート』

スポーツキャスターとして活躍する中西哲生は、名古屋グランパス選手時代に、ベンゲル監督のトレーニングメニュー、ミーティングでの発言などを一冊のノートにメモしていた。本書は、そのノートをもとに、世界的名将ベンゲルの理論、戦術のすべてを明らかにする。

中西哲生『不安定な人生を選ぶこと 買い物ワールドカップ2000~2002』

「成長したいなら、貯金なんかするな!」無謀な買い物ぶりで世間を騒がせる人気スポーツジャーナリストによる過激な自己投資のすすめ。「Webマガジン幻冬舎」の人気No.1連載、単行本化!