整理収納アドバイザー、村上直子さんがお家の整理を通じてライフスタイルも変えていく…かもしれないこの連載。教師のAさん、会社員のKさんご夫婦と、こんど小学校に入学する長男のI君、まだ1歳のE君の4人家族のお宅を整理していきます。

整理前:家全体が子どもの遊び場に

 各部屋の役割が決められていないため、家全体におもちゃが点在しています。勉強する際にも集中力が切れる原因となりますし、家全体が子どもの遊び場になってしまうため大人の作業スペースがありません。

 まずは部屋の役割分担を決め、動線を整理し、それに合わせて大きな家具を移動させていきましょう。

間取り

和室
洋室


 和室、洋室ともにおもちゃが多く、子どもの遊びスペースになっています。和室は寝室、洋室は知育本がある読書のスペースでもありますが、おもちゃがあるため集中できません。

 そのおもちゃも収納スペースに収まりきらず、ボックスの上などにとりあえず置かれているような状態。パズルのパーツや小さいおもちゃも床に散らばっていますが、まだ1歳のE君が口に入れてしまわないか心配です。

 ただ幸いなことに、まだスペースに余裕があるため、うまく高さを使って収納すればきちんとモノが収まります。それぞれのモノの定位置を作って、子どもが自分で片づけられるようなシステムを作っていきましょう。
 

ダイニング


 ダイニングの壁側には大きなラックがありますが、モノが増えていくたびにどんどんそこに置いていった結果、本や工作、文房具やパソコン、CDや書類などさまざまなモノがあふれて雑然としています。

 和室、洋室におもちゃが点在するばかりでなく、ダイニングのTVもゲームをするときやDVDを見るときに使うため、家全体が子どもの遊びのスペースになってしまっています。

 小学校に入ると宿題もありますし、Aさんが仕事に復帰したときのことを考えても、集中できる作業スペースをきちんと確保しておくことが大切です。

部屋ごとに役割を作って生活にメリハリを

間取り

和室


 和室の主な役割は、寝室と読書のスペース。和室にあったおもちゃを洋室に移動し、逆に洋室にあった電子ピアノはこちらの和室に移動しました。また寝るときの読み聞かせがすぐできるように、子ども用の本だなをこちらに移動。

 おもちゃの場所と分けることで、静かな環境で寝たり、本を読むことができるようになることが狙いです。

 

洋室


 洋室の役割は娯楽のスペース。ダイニングにあったTVをこちらに移動し、おもちゃも洋室に集めることにしました。これによって子どもが遊んだり、TVやDVDを見たりするのが主に洋室になるようにしました。

 娯楽スペースをまとめることで、家族の誰かが他の部屋で別の作業をする、というメリハリがつけやすくなります。

 

ダイニング


 家全体を見渡せるダイニングは食事と、子どもを見守りながら作業のできる、大人の仕事スペースに。小学校に上がるI君の勉強スペースにもなります。

 このように部屋ごとの役割を意識すると、生活のシーンに合ったモノの配置が考えやすくなります。そして生活のシーンに合わせてモノの定位置を作っていくことで、取り出しやすく、しまいやすい収納を作ることができます。

 さらに暮らしにメリハリが生まれ、時間の使い方の整理にもつながります。

*   *   *

次回からは各部屋をどう整理していったかを見ていきます。体を反らせないと電子レンジが使えないキッチンは、どう整理されたのでしょうか?

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

【お知らせ】

本連載では、取材させていただけるお宅を募集しています!
詳細・応募要項はこちら→ プロと一緒にお部屋の片付けしませんか?整理収納モニター募集