安心安全で高品質なものを食べたい、使いたい、販売したい———。消費者だけでなく、そうした高い志をもった生産者も増えてきている中、その先駆けともいえる2人の夢の対談が、天狼書店池袋駅前店で実現することになりました。

 農家の木村秋則氏は、リンゴの自然栽培に日本で初めて成功し、「奇跡のリンゴ」で全国的に有名になった人物。そして池内計司氏は、愛媛・今治の「風で織るタオル」と呼ばれるタオルメーカー「IKEUCHI TAORU」の代表で、環境負荷がなく、赤ちゃんが口にしても安全なタオルを作り続けています。

 対談のテーマは「夢を諦めずに挑戦すること」。しかしお二人が成功に至るまでの苦労は、並大抵のものではありませんでした。夢を叶えるためには、志だけでなく、事業として成立することも重要です。

 志を実現させるために必要なことを、資金面という現実的な話も踏まえてお話していただきます。モデレーターは、新書『金融排除』でまさにこのお二人と金融とのかかわりと銀行の問題点を取材した橋本卓典氏です。

 リアルな夢の実現方法を、お二人の熱い語りでぜひお聞きください。詳細は、天狼院書店のHPのこちらのイベント情報をご確認ください。

 

 【イベント概要】
「夢を諦めずに挑戦すること」

「奇跡のリンゴ」木村秋則 × 「IKEUCHI ORGANIC」池内計司

日時:2018年6月9日(土)10:00〜12:00
場所:天狼院書店 池袋駅前店

 

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定