毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2013.12.12

特集〈狂わずして何が人生〉
「サッカー本はなぜ人を夢中にさせるのか?」
二本柳陵介(編集者)インタビュー

第1回『心を整える。』が心を掴んだ理由

二本柳 陵介

第1回『心を整える。』が心を掴んだ理由<br />

サッカー選手のマネジメント力とストイックさへの圧倒的敬意

──二本柳さんといえば、サッカー本……というくらい、サッカー関連本のヒット作を手がけられていますね。とくにサッカー日本代表のキャプテンであり、ドイツのブンデスリーガでも活躍する長谷部誠選手の『心を整える。勝利をたぐり寄せるための56の習慣』は、現在136万部超の大ヒットを記録しています。

 ありがたいですね。ただ、たしかにサッカー関連本が多いですが、野球や時計の本をつくったりもしています。そもそも、僕は月刊の男性誌『ゲーテ』の所属なので、軸足は雑誌に置いています。

──『心を整える。』を読むと、ビジネス書的な要素……とりわけ自己啓発的なエッセンスがふんだんに盛り込まれていることに驚かされます。

 ええ。僕自身、ビジネス書をよく読むのですが、どうもアタマにすんなり入ってこないんですよね。何かひとつでも気づきがあればいいな、くらいの感覚で読むようにはしているんですが、僕は地アタマがあまりよくないので、なかなか入ってこない(苦笑)。

 一方で、ビジネス書のトレンドをちゃんと追っておくことは、自分の仕事に必要なことなので、読んでいます。たとえば『ゲーテ』なら、本田直之さんの著作がヒットして「レバレッジ」という言葉が流行れば、それをファッション特集のキーワードにしてみるとか。そういうトレンドの“置き換え”や“融合”は大事にしたい視点ですし、流行に敏感であることはいずれにせよ、職業柄大事だなと。『ビジョナリーカンパニー』『7つの習慣』など、ビジネス書界の定番本、名著と謳われる本がいろいろあるなかで、ちゃんと押さえるべきところは押さえておきたいという気持ちもあります。

 とはいうものの、やはりビジネス書を読んでもピンとこないことがあるので、スポーツ選手の視点を通すことで、ストンと落ちてくるのではないか。そう考えて企画をつくったのが『心を整える。』だったんです。

──ということは、最初からビジネス書的であることを明確に意識して、企画を立ち上げたわけですね。

 そのとおりです。僕はサッカー選手に対するリスペクトがとても強いのですが、近年のサッカー選手、とりわけトップレベルでやっている選手は、とにかくストイックでセルフマネジメントが徹底されています。社会人としての自覚を持ち、我慢や節制を怠らず、常にレベルアップを見据えて愚直に努力しながら、キチンと生活している。トップで生き残っていくのは、結局、そういう選手たちなんだと思います。

 そういう姿を見て、もちろん「すごいな。大したもんだな」と感心する一方で、実はビジネスパーソンの世界だって一緒なんじゃなかろうかとも思ったんです。仕事において、「より規模の大きい、やりがいのあるプロジェクトに参画するためにはどうしたらいいのか」ということと、「サッカー日本代表に入るためにはどうしたらいいのか。そのためにどんな努力が必要なのか」といったこと。どちらも、生き方、考え方には通底するものがあるように感じて。それで、サッカーを通じてビジネス書的なものをつくったら面白いんじゃないかと考えました。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

書籍はこちら(Amazon)


電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)


電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 不確かな未来と冒険の物語を、その情熱で捕まえて、前へ進め!!
  • 「もう、冒険者やめたほうがいいんじゃないですか?」
  • ワケあり男女がシェアハウスに!
これは日本の悲劇でもある。
最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
全商品ポイント50%還元中<電本フェス>
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!