第2章 おじさんの体と心

iStock/mamahoohooba

 おじさんもね、昔は、ぴちぴちの肌をしてたんですよ。

 髪の量や質も豊かで、禿げや後退などは決してなく、ウエストだってきちんとくびれていたし。

 ファッション雑誌とか毎号買って読んでね、そこに載ってるような服やら靴やら着てね、流行りの店とか通って、ディスコ(死語)で踊ってたりしたんですよ。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

矢吹透『美しい暮らし』

味覚の記憶は、いつも大切な人たちと結びつく――。
冬の午後に訪ねてきた後輩のために作る冬のほうれんそうの一品。
苦味に春を感じる、ふきのとうのピッツア。
少年の心細い気持ちを救った香港のキュウリのサンドイッチ。
海の家のようなレストランで出会った白いサングリア。
仕事と恋の思い出が詰まったベーカリーの閉店……。
人生の喜びも哀しみもたっぷり味わわせてくれる、繊細で胸にしみいる文章とレシピ。