毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2009.11.15

2009年11月上旬 だらしな脱出できるかな日記

藤田 香織

2009年11月上旬 だらしな脱出できるかな日記

 11月2日(月)

 毎年のことながら、11月は忙しい。実は12月のほうがまだマシだ。
 できることなら、日記で「忙しい」なんて書きたくないのに、ほかに書くことがないなりよ。この2週間くらいはもう、頭が煮え煮えで、少ない脳みそがこぼれそう!
 同業者の皆様もほぼ同じ状況で、本日も弱音&愚痴メールが届いた。
「……で、最近、何か楽しいこととかイイことあった?」
 楽しいこと、楽しいこと、楽しいこと……?
 必死で思い出した。楽しいことじゃないけど、嬉しいことは……あった!! あったじゃないか!
 今日、一番嬉しかったこと。それは<鼻をかんで丸めたティッシュを、約3メートル先のゴミ箱に投げたら、見事に入った>ことである。
「スゴイよ! なかなか入らないんだよ! これ、意外と丸め方とかにもコツがいるんだよ! 硬すぎてもだめ、柔らかすぎても飛ばないから! ゴミ箱から外れたままほっとくと、ダラがくちゃくちゃ噛むから、立ち上がってちゃんと捨てなくちゃいけないしさー。一発で入るとなんかスカッとするんだよねー」
 と無邪気に返信した10分後、再びメールが届いた。
 そこに書いてあったのは<本日、いかにステキな耳垢を発掘したか>というライブ感溢れるレポートだった。
 ……頑張れオレたち! 負けるなオレたち! 泣くなオレたち! うぐぅー。

11月2日(月) 一昨日食べたステーキ丼。っつっても、半額セールで買った肉を、焼肉のタレで焼いただけ。創意工夫度ゼロ。虚しくはないけど、「ザッツ雑!」って感じ。
柿って、ホントいつの間にか「種」がないのが主流になってきた。大好きなんだけど、あんまり食べるチャンスがない。
ちょい前に、最近できた大泉学園「FRANZO」のランチに行ってきたので一部を。旬の木の子のアーリオ・オーリオと、下田産金目鯛のアクアパッツァ。美味しかったけど、ちょっと店が狭すぎて、窮屈さがなー。

<最近の読書>

「ロング・ウェイ」(小手鞠るい著 祥伝社¥1400)……双子の姉・楓の恋人、冬樹と恋に落ちた桜は、二十歳で身ごもりアメリカへと渡った。娘の美亜子が生まれ、カメラマン志望だった冬樹の仕事も軌道にのったが、穏やかな幸福は長くは続かなかった──。略奪、駆け落ち、離婚、再婚。ばらばらになった家族の、長い長い日々と、それぞれの想いを描いた連作。高校生だった楓から桜に乗り換えて、妊娠させた挙句、アメリカに駆け落ちまでしておきながら、わずか7年で恋人を作り「おまえは俺を去勢する気か? 俺がどこで何をしようと、誰を好きになろうと、誰と暮らそうと、俺の勝手じゃ」と言い放つ冬樹が凄い(笑)。なのに憎めない。不思議。

「ねこの肉球うらない」(宮岸洋明著 徳間書店¥952)……またそんな、ムリヤリな! と思って読んだら、意外にも(失礼)結構楽しめ、猫ズをつかまえ肉球チェックしてしまった。おもしろーい! 和歌山県貴志川線・貴志川駅のスーパー駅長として有名なスター猫「たま」や、養老孟司氏、爆笑問題・田中の飼い猫などの「肉球拝見」や、「ねこ風水」 「姓名判断」など、読み物充実! ちなみに我が家の猫ズ兄は姓名判断によると「前田利家」タイプで、飼い主の出世を常に祈ってくれてるんだとか。<それが功を奏して(!?)天下を取る勢いで出世した飼い主も少なくないとか……>ヤダ大変!(笑)。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 相手の力を利用すれば、実力以上の仕事ができる。
  • 専門知識不要、伸び続ける投資法のしくみがわかる
  • 神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
  • 山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
相手の力を利用すれば、実力以上の仕事ができる。
専門知識不要、伸び続ける投資法のしくみがわかる
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!